釣具の値段の差は、新品・中古でどれくらいある?

釣具は使っているうちに壊れることもある道具。魚との攻防で酷使することも多いため、ルアーなどは消耗品と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし決して安くはない釣具、値段を押さえるには中古の方が良いように思えますが、中古では質の面で心配にもなります。そもそも新品と中古の値段にはどのぐらいの差があるのでしょうか?中には新品で中古と変わらない金額で購入できるものもあるのでしょうか?

新品の釣具はいくらで売られている?

そもそも釣具の値段はピンからキリまで。ロッドやルアーでもメーカーや種類、ブランドによって金額は様々です。壊れることもある釣りの道具ですが、あまりに安いものを購入しても耐久性の面で頻繁に替えることになり、かえってお金が掛かってしまうことも大いにあり得ます。長く使用できるより良い製品を手に入れるためにも、新品釣具の相場金額を把握しておくことはとても重要なこととなります。

ルアーの一つの金額はメーカーや種類以外に重さや長さ、精密さで変わってきます。ミノーやペンシルは千円から2千円程で、ブレードやバイブは800円から1500円、メタルシングは500円から千円が相場とされています。より精密なハードルアーでは5千円以上するものもあり、こちらはよりリアルな魚の造形がなされているため、格段にヒット率が上がります。ロッドはスピニングロッドなどは5千円程度で手に入れることができるものもあり、大物を釣るようなロッドは3万円から7万円程、または10万円以上掛かるものもあります。安いロッドは自由度が高いのに対し、高いロッドは狙うその魚専用となっているため、使用できるその他の道具も限られてしまいます。それ故に金額が跳ね上がってしまいます。

リールも同じように、兼用できるものは7千円程度から1万円程で手に入れることができ、専門的要素が強いものや電動などの高度なものは5万円以上するものから10万近くするものも多くあります。ブランドなども関わってくるとさらに値段は変わってきます。兼用で使用でき、お手頃価格で、尚且つ長く使用できるものが一般的には望ましいと言えるでしょう。高度な釣りを行うなら、釣具に掛かる値段は必然的に高くなっていくのです。

中古の釣具はいくらで売られている?

新品と中古の釣具にはどのぐらいの金額の差があるのでしょうか。新品のルアーは千円から2千円程が基本とされているのに対し、中古で売られているルアーは300円から千円程で売られていたりします。ハードルアーは中古でも8千円で売られているものもあります。リールは新品の定価が1万円の場合、中古では3千円で売られていたりもします。5千円程で売られているものもあれば、種類やブランドによっては中古でも7万円程するものも珍しくはありません。

中古なのに高く感じるかもしれませんが、元々10万円以上する高額なリールで考えると3万円も安くなっているので、かなり安く感じます。ロッドは4千円から3万円までで手に入れることもできます。4万円程するロッドが2万円という二分の一の値段で売られていることもあり、かなりお得と言えるでしょう。定価中古品が安いのは当然ですが、種類やブランドによっては新品との金額の差は大きく違ってきます。兼用で使用できるような一般的な釣具は中古ではかなり安い値段で手に入れることができますが、専門的な要素が強い最高機種の釣具は中古と新品の値段の差があまりなく、中古品でも高い値段であることが多いです。

一般的に定価でも安い釣りの道具はニーズがあり、出回ることも多いため、新品よりかなり安くお手頃価格で販売されているのです。しかし、ある特定の魚を釣る専門的な釣り道具は需要も一部のマニアの人に限られてしまいます。それ故にあまり新品と中古の値段の差がないこともあります。安いと思っても、定価を調べると中古でもあまり安くなっていないケースもあるため、新品の値段もしっかり確認するようにしておくと、どのぐらいの金額の差があるか分かりやすくなるでしょう。

新品・中古どちらを買った方が良い?

安いからと言って中古が必ずしもお得というわけではありません。中古は当然使用されているものであるので、安くてもリスクは大いに高いと考えておかなければなりません。ルアーフィッシングで使うリールやロッドは魚との攻防で思っている以上に酷使しています。特にリールは見た目が綺麗でも内部の巻き上げの部分が酷使されているため、購入した後に糸の巻き上げに違和感がある場合もあります。そういったリスクが中古にはあるということをしっかり念頭に入れておきましょう。

最高機種のリールは欲しがるマニアも多く、中古の値段も高いまま安定していることがほとんどです。故に定価より少し安い程度であるなら、新品のものを購入した方がお得と言えるでしょう。ロッドは一流メーカーでも中古になるとかなり安くなるケースがあります。ただ穂先など繊細な部分が中古ではあまり良い状態ではないことも多いので、購入する場合はその点をしっかり考えた上で行いましょう。糸が切れて紛失することが多いルアーは中古で揃えるのも良いかと思います。中古品は一度使用しただけでも中古として安く売られます。そのため、物によっては新品同様で安価で手に入れることもできるので、商品の状態をよく見て購入するとかなりお得になるでしょう。新品でも店頭や通販でセールを行っていることもあり、定価から50パーセント以上の割引で釣具を販売していることもあります。

中古の方が必ずしも安いわけでもなく、よく探すと中古よりも安くで新品を手に入れることができる場合も十分あります。また、新品は修理の保証が付いていることもあるため万が一壊れた際にも安心できるのです。このように新品と中古で買うのもどちらもメリットとデメリットがあるので、臨機応変に買うことでお得になると思います。

まとめ

釣具は一概に値段が安いから中古がお得であるとは言い難く、釣具にも様々な種類とメーカー、ブランドが存在しています。それによって値段の差も大きく異なってくるため、新品の定価の値段を把握することが大事です。消耗することの多いものは中古で、長く使いたいものは修理保証のある新品で購入するなど臨機応変に買うことでお得に釣具を揃えることができるでしょう。自身でしっかり考えて購入するようにしましょう。