シマノの冬釣り用防寒ウェアは高く売れる!

「釣りは冬場が本番」と上級者は口をそろえて語ります。水温が低くなる冬場はとくに淡水魚が活性化しやすく、なおかつほとんどの魚が春にむけてエネルギーを蓄えるため、食べる目的としても非常に適していると言われています。

ただ、冬場の屋外の釣りは想像以上に寒さがきびしく、体調不良を引き起こしてしまうリスクもあります。このページでは釣具大手であるシマノのおすすめ防寒具について御紹介いたします。

冬の釣りには防寒ウェアやグッズが欠かせない

真冬の釣りで意外と見落とされがちなのが、寒暖差アレルギーです。冬の時期には気温の低い屋外と暖房の効いた屋内を何度も行き記することになるため、結果として寒暖差アレルギーが引き起こされやすくなると言われています。
自律神経のバランスがくずれることでも悪化する場合があり、自律神経の働きを正常化することで慢性的な症状をやわらげることにつながります。

釣りだけでなく、日頃の生活習慣が症状悪化の原因になっていることを考えれば一種の生活習慣病と言えるのかもしれません。

寒暖差アレルギーで最もやっかいな症状は頭痛だと言われています。頭痛がとくにひどくなると、仕事に集中できなくなったりと生活に支障が出てしまいます。頭痛などのアレルギー症状には薬で対処しつつ、冬場の海釣りの際にはシマノの防寒具できっちり冷えをふせぐなど、体を必要以上に冷やさない工夫が必要です。

体を保温するためには、何よりも、「外気を極力通過させない」ということが重要です。冬場の堤防はいわゆる吹きさらしの状態となり、ダウンジャケットをしっかり着込んでいても外気がジャケット内部に入り込み、体温が見る見るうちに奪われていきます。保温性の低い防寒具を着ていると、冷えた空気をそのまま身にまとうかたちになりますので、4層構造などで空気をしっかりガードできる防寒具を選ぶと良いでしょう。釣りをしていて、万が一指先の感覚がなくなったり、凍傷のような症状が表れた場合にはただちに釣りを中止し、温かい場所で体力を回復させるようにしましょう。

シマノのウェアは過酷な状況にも耐えられる高品質なアイテム

シマノのアイテムはネットオークション、釣り具専門店などで購入することができ、相場は新品で5000円から100000円と幅広いのが特徴です。

一般的に服のサイズ表記は「S・M・L」ですが、シマノをはじめ一流ブランドの防寒具となると丈がきっちり決まっていたりして、洋服選びには意外と時間がかかるものです。女性の場合は体格の個人差が大きく、「このブランドでSサイズでも、あのブランドはMサイズでないと合わない」ということも充分起こりえます。

釣りに適した防寒具を選ぶうえで最も重要なことは、自分の体型を知ることです。自分自身の体型について正しく理解しなければ、本当の意味で着心地の良い防寒具にめぐりあうことはできません。

自分に合った防寒具を選ぶためには、まず、サイズを正確に把握する必要があります。ネットオークションなどで記載されているサイズは、実際のサイズとは多少の誤差がある場合も少なくないため、ネットショッピングの際には注意しましょう。

シマノのような一流ブランドのアイテムのお手入れとなると身構えてしまうかもしれませんが、何も難しいことはありません。そのアイテムに合った方法で毎日メンテナンスを行い、新品同様のクオリティを保ってあげるだけでいいのです。

お店に持ち込む前に表面の汚れを軽く拭き取って印象を良くするだけでも、高価買取を期待することができます。釣具にも流行があります。特にジャケット類の流行のサイクルは速く、2、3年の周期でトレンドが変わる傾向があります。同じブランドのアイテムであっても、時期によって買取価格が異なる場合があります。できるだけ高く売るためには、普段からできるかぎり保存状態をよくし、新品に近い状態を保ちましょう。もちろん、シーズンを問わず効果で売れる有名釣具ブランドもありますが、最も良いタイミングを見きわめることで買取価格が上昇する傾向があります。

一度にまとめて売れば買取価格が上乗せされるキャンペーンなどを実施する店舗もあるため、それらを活用するのも良いでしょう。

インナーウェアや小物なども需要が高い

シマノは男性用釣具にとどまらず、キッズやレディース向け釣りアイテムなど、釣りに必要なアイテムすべてをプロデュースし、幅広いユーザーから高い評価を受けています。

あらゆる分野でその卓越したデザインセンスを発揮しているシマノですが、現在もなおほかのブランドには追随不可能な独自の感覚でシェアをリードしています。シマノブランドの魅力は、アイテム同士を組み合わせた多彩なコーディネートです。例を挙げるとすれば、メインアイテムであるリールと小物入れの色を上手に合わせることでセンスをさらにアピールでき、また、女性であれば小物入れをファンシーにすることにより春先に似合うポップなコーディネートとなります。

買取の基本相場は1万円からと、釣具としても上級のランクに入ります。さらに高級なものでは5万円以上で売れるアイテムもあり、ギフト用としても性別や年代を超えて根強く支持されているようです。防寒具の買取相場としては、人気の4層構造などで購入価格の6割程度となっています。

寒さをしのぐためには、やみくもに服を着込むだけでは効果がありません。断熱性をさらに高めるためには「どこを温めるか」ということがより重要になってくると医学的には言われています。寒いからといって過剰に重ね着してしまうと動きがひどく制約されたり、よけいな熱がこもってしまったりと、かえって体にとって悪影響となってしまいます。

人間は本来、首元と腰を温めると暖かいと感じる性質があり、実際に血行もよくなるため全身の代謝も改善されます。シマノの防寒具と体質改善の相乗効果によって真冬の釣りを健康に乗り切りましょう。

まとめ

釣りの第一歩はアイテム選びからはじまると言っても過言ではありません。とくに冬場の海釣りや堤防釣りは万全のコンディションで臨まなければ命を落とす危険性さえあります。

釣具メーカー大手のシマノであればジャケットからリール、小物入れまで幅広い種類のアイテムがそろっているので、夏のうちから自分に合うアイテムをじっくりと吟味しておくと良いでしょう。