冬の好ターゲットアイナメを釣るために準備しておきたい釣具

アイナメは低温度の海に生息しているので、寒い地域では年中釣りを楽しむことができる魚です。日本でも北の方であれば季節を問いませんが、関東から下あたりの地域であれば冬がおすすめです。

そんなアイナメ釣りをより楽しむために、準備しておきたい釣具アイテムを紹介していきたいと思います。これからアイナメ釣りを楽しみたいと思っている方は必見です。

リールは海水対応のスピニングリールを

アイナメは産卵をするために接岸します。産卵が終われば海の深いところへ戻ってしまいますので、海岸付近で釣るためには産卵時期である冬がおすすめです。

まずは釣具に欠かせないリールから紹介したいと思います。リールにも種類があります。アイナメは海水魚ですので、海水に対応可能なスピニングリールを選ぶようにしましょう。

スピニングリールとは、海に向かって投げ釣りをする際の専用リールです。さらに種類が分かれているので、魚の種類によっても注意して選ばなければいけません。どのくらいの距離を投げるのかで変わってくるのです。アイナメ釣りの場合は何十メートルも投げる必要はありませんので、一般的な魚種と同じく2500番から3000番台のスピニングリールを選ぶといいでしょう。

エサで狙うならロッドは磯竿や投げ竿を使用できる

次は最適なロッドについて説明したいと思います。

まずは仕掛けをエサにした場合ですが、残念ながらアイナメ釣り専用のロッドはあまりありません。一般的には磯竿や投げ釣り用の竿を使っています。他の魚でも使える竿ですので、既に持っていれば買い足す必要はありません。

アイナメ釣りのポイントは、カレイと同じようにまずはポイントを定めて投げ入れてからしばらく待ちます。当たりがなければ竿をゆっくりとあおるように動かし、岸の方へ引き寄せます。カレイよりは少し動きがありますが、こちらも根気比べが必要になる魚です。数本置き竿をすることもおすすめです。ですが、産卵期のアイナメは食欲が旺盛な時期でもあります。ヒットするポイントに投げることができれば、もしかしたら大漁も期待できるかもしれません。エサに適しているのは、エビやカニ、イサメなどを好みます。

仕掛けは遠投かそうでないかで使い分けよう

アイナメ釣りはエサ釣りだけでなく、ルアーフィッシングとして楽しむことも可能です。

アイナメはエビやカニなどの甲殻類を好んで食べます。甲殻類は海底の岩場や障害物などに隠れていることが多く、アイナメもその辺りを探して泳ぐ習性があります。その習性をうまく利用できればルアーを使って釣りをすることができます。

岩場や障害物は岸に近いところに密集しているので、例えば堤防やテトラポットから釣る場合は近いところから狙っていった方が確率は上がるでしょう。近場を狙うのであればルアーフィッシングを、遠投げをしてなるべく岸から離れたところを狙うのであればエサを仕掛けとして、それぞれ使い分けてみるとより一層楽しめるのが、アイナメ釣りの醍醐味と言えるでしょう。

まとめ

まとめてみますと、アイナメ専用の釣具というものはほとんどないので、他の条件が合う魚種のものと併用できそうです。ただ、ターゲットにする場所によって仕掛けをエサにするか、ルアーにするかで成果が大きく変わってきますので、覚えておいた方がお得でしょう。

それぞれに見合った釣具を見つけ、魚の特徴を活かしながら調整することで、釣りはどんどん楽しくなるはずです。そのためにはひとつひとつの釣具選びから怠らないようにしましょう。