8月の予定で迷っているなら、海釣りはいかが?

8月になると海や水辺は涼しいといったこともあり、堤防や磯など、さまざまな場所に多くのアングラーが訪れるようになります。ここでは、そんな8月の釣りを目一杯楽しむために必要な道具を紹介します。それから、フィッシングを楽しむために注意することも紹介していきます。

ぜひ、8月こそ積極的に堤防や磯などに行って、魚釣りを楽しんでください。

8月に釣れる魚の特徴とは

8月に釣れやすい魚の特徴は、夏頃になると活発に活動をするということです。産卵期を終えたばかりの魚の場合は、体力を回復するため、食欲が旺盛になったりするなどして活発になります。海水ならば、堤防や磯、船に乗って沖に出ての釣りが楽しめます。淡水ならば、沼や湖、川といった場所で釣りを楽しんでいることと思います。その場所によっても、夏場に活発になる魚は違います。ここでは、堤防で釣る場合に、8月頃になると釣れることの多い魚を紹介していきます。

どんな魚の種類が釣れやすくなるのかと言いますと、よく知られている魚としまして、アジ、キス、ハゼ、ヒラメといった、食材としてもお馴染みの有名なものが釣れやすくなります。釣ったものを家に持ち帰れば、天ぷらや唐揚げなどにして美味しく食べることができます。他にも、なかなか釣れないので高級魚となっている、キジハタ、メジナ、マゴチ、サンバソウ(イシダイの幼魚)なども釣れやすくなります。

このような夏場に釣れやすい魚や高級魚を釣ったとしても、料理の仕方が分からない場合は、海付近の海鮮料理店などに持っていくと、捌いて調理してくださるところもあります。数匹釣れた場合は1尾でも良いので、料理してくれる方にも、おすそ分けをする感じにすれば、お互いに喜びを分かち合うこともできるでしょう。海岸沿いにある宿に泊まれば、みなさんが釣ってきた魚達を、宿の料理長が喜んで刺し身やお吸い物などに調理して、夕食などに食べさせてくれるところもあります。小学校も時期的に夏休みですので、小学生のお子様がいるご家庭なら、海に出かけて親子で堤防釣りをして思い出づくりをすると、子どもたちも喜ぶことは間違いありません。潮風も気持ちいいので、夏場は堤防などに出かけて、のんびりと釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

どういう釣具を用意すべきか

夏場の釣りでは、どういう釣具を用意すべきなのかと言いますと、まずは当たり前のようにロッド、リール、仕掛け、エサやルアーといった魚を釣るために必要なものは言うまでもなく揃えていきましょう。もし、磯など足場の悪いところで釣る場合には、フィッシングブーツやフィッシングウェアを着用することを忘れてはいけません。それから、釣りに必要な道具として、釣った魚などを入れるためのクーラーボックス、飲み物やエサを冷やすための氷、仕掛けを作る時に必要なハサミ、仕掛けに使う小物を入れておくための小物入れ、手を拭いたりするためのタオルを2~3枚ほど、真水を入れたりして使うバケツなんかもあると便利です。

他にも持って行くと役立つものとして、マキ餌を入れておくためのバッカンや、座るための椅子があれば便利です。立って釣るよりも魚とのファイトが多少なりとも楽になると思います。そして、エチケットの問題にもなっているように、帰る時にゴミを持ち帰るためのゴミ袋などは必ず持って行くようにしましょう。他にも持っていると便利なのが、針外し、毒を持った魚などを掴むためのメゴチバサミ、水中に落とすと困るものをかけておくためのピンオンリール、などもあると危険な魚が釣れたり、予測不能の事態が起きた場合にも対応できたりします。

また、夜釣りをする場合には、フィッシングブーツやフィッシングウェアの着用は、もちろんのことですが、ヘッドライトやランタンを持っていくと、暗いところでの作業がはかどりますし危険回避にも繋がります。また、電気ウキや普通のウキに付けるケミカルライトなども持っていくと、光に誘われて魚が出てきやすくなりますので持って行くと便利です。買って揃えておくようにしましょう。

夏に海釣りする際の注意点

8月になると堤防や磯にはアングラーの方たちが多く訪れるようになります。ですので、キャスティングをする際には、釣り針などで他人にケガをさせることのないように、周りに人がいないかどうかをしっかりと確認してからにしてください。それから、夏場の日差しは強く海水で太陽光が反射しますので、サングラスをかけるなどして目を守るようにしてください。フィッシング用の偏光グラスもありますので、目が悪くない人も利用したほうが良いと思います。

露出する肌には、日焼け止めも忘れずに塗るようにしてください。また、帽子を被ることで、強い日差しから頭を守ることに繋がり熱中症の予防にもなります。虫除けスプレーも持っていくと蚊などに刺されることもなく、ロッドからの反応に集中できるので用意しておくと良いでしょう。磯などは滑りやすいので、しっかりとした専用のブーツを履き、ジャケットなども着て、海に落ちることのないように注意してフィッシングを楽しみましょう。どんなことでもそうですが、不慮の事故は起こってしまうこともあります。

まずは、しっかりとしたものを着用し、なるべくケガをしないようにすることも大切です。それから、熱中症対策は必須になりますので、こまめに水分補給だけはするように注意してください。また、塩分を補給するために、休憩の際には塩飴などを舐めておくのも良いと思います。最後の注意点なのですが、近年、ゴミを持ち帰らない人が多い傾向にあるため大きな問題にもなっています。残念なことですが釣りが禁止になってしまった海や川、湖や沼なども多くなってきてしまっています。外観を損なわないように、管理者の迷惑にならないように、きちんと自分が出したゴミは持ち帰るようにしてください。

まとめ

8月に堤防や磯に行って釣りをしてみたくなりましたか?魚は生き物なので、上手く釣れない場合もあります。また、夏は熱中症など自身が体調不良になってしまう可能性が高いので、出発前にしっかりと道具を揃えておくだけでなく、体調を整えておくことも重要です。ゴミを残して帰るようなことは決してせず、他人の迷惑にならないように注意を払って、8月に釣れる魚との戦いを楽しんでみてください。