秋におすすめ!釣れる魚の種類と釣具

魚は海にいるものもいれば川にいるものもいます。秋に釣れる魚と一言で言っても海で釣れる魚と川で釣れる魚も変わっていくのです。では海で釣れる魚にはどんなものがあって、どんな釣竿や仕掛けを使うのがいいのでしょうか。また同じように川で釣れる魚にはどんなものがあって、どんな釣竿や仕掛けを使うのがいいのでしょうか。それぞれ詳しく見ていくことで、今よりももっと釣りが楽しくなるかもしれません。

秋の海釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具

魚たちも冬に向けて餌を食いだめするため、秋は海で釣るのがより一層楽しい時期となります。釣ることが出来る魚の種類はアオリイカ、カワハギ、イイダコ、タチウオ、マハゼ、カサゴ、スミイカなどがあります。まずアオリイカはこの時期一番釣れやすいかと思います。主なやり方としては餌木と呼ばれる昔ながらのルアーを使ったものが人気です。イカの中でも最高級と言われているアオリイカで、刺身はもちろん一夜干しにしてもとても美味しく食べることが出来ます。

次にカワハギです。カワハギは釣りをする場所や地域によって仕掛けなどが変わってきますが、底を狙って釣るということを基本にやります。またカワハギの口はとても固いので、通常のものより鋭い針を使用します。アオリイカやカワハギと違ってイイダコはやり方によっては一年中釣ることが出来ます。イイダコは仕掛けもシンプルなので初心者に向いていると言われています。イイダコの釣り方はテンヤ釣法です。テンヤ釣法の仕掛けも売っています。海のギャングと言われているタチウオも秋に釣れる魚です。タチウオを釣る際には日暮れから明け方にかけて釣るのが一般的です。日中でも釣れないことはないのですが、ルアーの動きについていきにくい夜の方がいいとされているのです。

イイダコの時と同じようにテンヤ釣法で釣ることが出来ます。タチウオ用のテンヤも売られています。またこの時期の海で釣る楽しみ方の一つとして五目釣りがあります。五目釣りとは最初から複数の魚を狙った目的のやり方のことです。釣具屋には専用の仕掛けセットが売られています。一つの魚を狙った釣る方法ももちろん楽しいですが、一度にたくさん釣れる五目釣りは楽しさが倍増されるのではないでしょうか。

秋の川釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具とは

秋といえば山の色の変化を楽しむとは昔から言われていますが、それと同じように魚の体の色の変化も楽しむことが出来ます。そんな変化を楽しみつつする川釣りは格別な楽しみがあるのではないでしょうか。ここでは秋の川釣りで釣れる魚について詳しく見ていきたいと思います。代表的な魚としては、アメマス、ニジマス、ブルックトラウト、カジカ、クチボソ、ヒガイ、ヤマメといったところでしょう。

アメマスは一夜干しやムニエルなどにして食されます。身が柔らかいため多くの世代の人から好まれます。釣る方法としてはルアーやフライフィッシングで狙うことが多いです。ニジマスは塩焼き、ムニエル、フライが定番で刺身で食べることも可能です。ミミズやカワムシ、いくらなどを使って釣るのが一般的です。ハリにかかると激しくジャンプします。この動作の迫力があって好きだという人は多いのです。ブルックトラウトは通常のエサで釣る方法もありますが、ルアーやフライフィッシングで狙うにも人気の高い魚となっています。湧水の多いところにいるという特徴があるので、綺麗な水の場所を探すのも一つのコツかと思います。カジカは郷土料理にも使われていることが多く人々から親しまれている魚です。唐揚げや塩焼きはもちろん、甘露煮でも美味しく食べられます。

カジカを専門に狙う場合は、箱メガネを使って水中の様子を伺いながら魚の前にエサを持ってきたりして釣るサイトフィッシングが人気です。おちょぼ口が特徴のクチボソは、基本的にタナゴを釣る時と同じ方法で釣ることが出来ます。タナゴ釣りを楽しんでいる時にクチボソが釣れたということはよくあります。アタリが大きいのでとても楽しめる魚です。ヒガイはアカムシやミミズ、練りエサなどを使ったウキで釣る方法が一般的です。ヤマメはミャク、テンカラ、ルアー釣り、フライフィッシングで狙います。塩焼きがオススメです。

秋の渓流・磯釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具

気持ちのいい季節の秋は磯釣りをするにも最高です。磯の王者といわれるイシダイなども食いが活発になる時期です。イシダイは姿の美しさや引き、味などどれをとっても最高です。そのため磯の王者と呼ばれるのです。今やよく釣れるようになったイシダイですが、昔はなかなか釣ることが出来ませんでしたので、幻の魚とも呼ばれていたぐらいです。まずイシダイを狙うにあたって一番大切なのはポイントの場所を見つけるということです。イシダイは海底の盛り上がった岩場の周囲などにエサを探しにきます。

そのためその辺りを狙ってエサを投げ入れることが大事なのです。そしてポイントが決まったら竿を選びます。イシダイを釣る竿は強さや硬さによって表示が異なり、「M」「MH」「H」などがあります。対象とするイシダイの大きさによって使い分ける必要があるのです。大きさが30から50センチ、または60センチのものをターゲットとした場合は使用するのはMHあるいはMクラスで十分耐えることが出来ると言われています。また食い込みを重視する場合は選び方が異なります。そのため自分が何を重視するのか考えてから用意するのがいいかと思います。

またイシダイの口は頑丈です。釣るためには確実に口にハリをかける必要があります。ハリがしっかり掛かればこっちのものですので、小さなアタリは見送ったほうがいいかと思います。本アタリが出てから竿を引くべきなのです。せっかくイシダイを狙いに行ったのだから確実にゲットしたいものです。確実にゲットするためには闇雲にエサを落とすのではなく、ポイントとなる場所をしっかりと見つけ、適切な竿、適切な仕掛け、適切なエサが全て揃って初めて狙えるのではないでしょうか。

まとめ

秋は夏の暑さからやっと解放されて何かと行動がしやすい季節です。それは釣りも同じことがいえます。しかし思い立った時に簡単にできるかというとそうでもありません。海で釣るか川で釣るか、または渓流・磯釣りで釣るかによって餌も竿も全く変わってくるのです。それを確認した上で、必要なアイテムを用意し出かけることが重要です。また釣るターゲットによってもアイテムが異なるので、しっかりと確認をする必要があります。