鮎竿の中古販売の相場は?

釣りをしたことがある人なら、「一度は鮎釣りをしてみたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。
鮎釣りには他の釣りとは全く異なる魅力があります。
ただ、専用の竿には様々な種類があり、どれも高額の商品が多いため誤って購入するとかなりの痛手を負うことになってしまいます。

また、中古で販売されているものであっても、値段はピンからキリまであるため、その相場をしっかり把握しておかないと思わぬ出費を伴うことになります。
痛手を負わずに鮎竿を購入するためにも、竿の種類や中古販売の相場について知りましょう。

鮎竿の種類は?

鮎釣りする際にまず必要になってくるのが鮎釣り専用の竿です。
ただしその種類は様々で、これから購入を考えている方はどんな種類があるのか、知っておかなければなりません。

また、自分の釣りのスタイルによっても必要となるものの種類が異なってきます。
中古で販売されているものを購入する前に、自分がどのようにして鮎を釣りたいのか、事前にはっきりさせておきましょう。

例えば泳がせ中心で釣りを楽しみたい方は、竿の先っぽの方がよく曲がる先調子のものを選択するのが良いでしょう。
先調子のものは、自分で囮となる魚のコントロールがしやすいため、非常に感度が良いです。

また、反対に引き中心で鮎を釣りたい方は、胴調子のものを選択するのが良いのではないでしょうか。
こちらの種類のものは、竿の手前の方が良く曲がるようにできているため、囮のコントロールは難しいですがとても引き抜きやすいです。

さらに先調子・胴調子のもの以外にも、このどちらの特徴も兼ね備えた種類の製品も販売されているため、中古で購入するのであれば、自分の釣りのスタイルに合ったものを選択しましょう。

鮎竿メーカーの特徴は?

日本にはたくさんの種類の鮎竿が販売されており、それを提供するメーカーもそれぞれ異なった特徴の商品を製造・販売しています。
中古店に行けば、すぐに見かけることができるでしょう。
しかし、初心者の方は、どのメーカーのものを購入すれば良いのか迷ってしまう場合も多いと思います。

まずは、各メーカーの特徴を知っておきましょう。
購入時の迷いを最小限にすることができます。

例えば日本有数の釣り竿メーカーであるダイワの製品は、自社独自のタイプ分けを行っており、釣り人が欲しいと思うものがピンポイントで入手しやすくなっています。

またシマノの製品も、ダイワと並ぶ日本の釣り竿メーカーとして、素人から玄人までをターゲットにした、コンセプト重視の製品を多数揃えています。
さらに、釣り竿の感度が良く鮎釣り初心者にも人気の商品を提供している、サンテックというメーカーもあります。
他にも日本には、これまで挙げたメーカーの他にも、魅力的な商品を販売しているメーカーが複数あります。

釣具店や中古店で鮎竿を買う時は、それらメーカーの特徴をしっかり把握した上で購入するのが良いでしょう。

鮎竿の中古販売の相場は?

釣り人に人気の鮎釣りに使用する竿ですが、安いものだと3万ほど、高いものだと数10万円に及ぶものまで存在します。
定価で買おうとすると結構な出費になってしまうため、中古で販売されているものを買う方も多くいます。

では、中古販売されている鮎竿は、いったいどれくらいの価格で売られているのでしょうか。

もともとの竿の値段によって異なりますが、だいたい定価の4割から6割程度で販売されているものが多いです。
もちろん人気メーカーの新商品ということになれば、中古でも高い値段で販売されています。
もし、中古で販売されている鮎竿が欲しいのであれば、日頃からどのような値段のものが売りに出されているのか、こまめにチェックしておいた方が良いでしょう。

また、安く販売されているからといって、安易に購入してしまわないようにしましょう。
あくまで自分の目的にあったものを選択してから購入してください。