バス用釣具を揃えて、バス釣りを楽しもう

ひと口にバス釣りといっても、日本の在来種であるバスと外来種のブラックバスでは釣りにおける基本テクニックなどに違いがあります。最低限そろえるべき釣具もへらぶな釣りなどとは異なりますので、釣り上級者の人でも新たにバス釣りにチャレンジする場合にはゼロから調べ直すのだそうです。

また、河川の生態系を守るという観点から、バス釣りに関してはポイントごとに細かいルールが定められています。魚という共有資源を汚さないためにも、ルールとマナーを理解して楽しく安全にバス釣りを覚えましょう。

バス釣りとは

バス釣りとは文字通りブラックバスを釣る釣りのことですが、ただ釣るだけがバス釣りではありません。
ルアーフィッシングの醍醐味とも言える、ゲーム性に特化しているのがバス釣りの一番の特徴。
バスの居場所を探し、動きを読み、適したルアーを選び、そのルアーで釣る楽しみは多くの方を魅了しています。

バスは肉食魚であり、小魚や動くすべてのものに反応し、喰らいついてくるのが習性。
この習性がバス釣りを面白くしている大部分を占めていると言っても過言ではないでしょう。

バスとの駆け引き、数ある豊富なルアーから選ぶ楽しさと釣りのテクニックとアクションのバリエーションの豊富さは釣りの中で随一。
バスは今現在様々な場所に分布しているので初心者でも手軽に始めることが可能です。

最初から大物を釣るのはもちろん難しいですが、一度バスを釣るとその魅力を理解することになるでしょう。釣具を揃え、知識を身に付けることでバス釣りを楽しみましょう。

バス釣りに必要な釣具とは

バス釣りを始めるためにはまず、タックルとよばれる道具をそろえる必要があります。タックルとはロッド、リール、糸、ルアーの総称で、初心者はこれら一式を選ぶところから始めます。たいていの釣具専門店では初心者向けに安価なタックルがセットになって売られているため、まずは廉価版でバス釣りの基本をつかみある程度キャリアを積んだらひとつひとつの釣具について自分好みのアイテムを選ぶようにしましょう。

ロッドは硬さだけを見てもウルトラライトからエクストラヘビーまで豊富なバリエーションがあり、さらにバスへのアタックスタイルによってトップウォータープラグやスピナーベイト、クランクベイトなどかぎりなく細分化が進んでいます。

なお、魚を素手で触るのがどうしても苦手という人にはフィッシンググローブが便利です。また、魚の歯によって思わぬケガを負ったり、素手の温度でバスを火傷させてしまったりすることを防ぐうえでもフィッシンググローブは役に立ちます。

バス用釣具はいくらくらいで購入できるのか

バス釣りのタックル一式を有名メーカーのシリーズでそろえると数十万円単位の出費になってしまいます。釣りをよほどきわめたい人やコレクション目的でタックルを集めている場合は別として、一般的には有名メーカーのブランドにこだわらず廉価版から始めるケースが多いようです。ただし、廉価版であってもタックル一式や付属品を過不足なくそろえようと思うと数万円レベルの出費になってしまうため、バス釣りを本格的に始める前にそれぞれの相場を調べ、きちんと予算を立てておきましょう。

釣具の世界でも通販のほうが同じ商品を安く手に入れられるという鉄則を利用し、できるだけ通販サイトから購入するのもひとつの節約方法です。上級者になるほど自分のスタイルに合わせたアイテムを組み合わせられるようになるので、道具を選ぶ楽しみも醍醐味のひとつだと言われています。

バス釣りに出掛ける際に必要なもの・注意点

ブラックバス釣りにおいては国の法律による特殊な規制がかけられているため、知らぬ間に罰則対象にならないようにあらかじめ法律や条例について把握しておく必要があります。さまざまな規制がかかっているのはブラックバスが日本国内において法の定める特定外来生物に指定されているためで、この規則に違反すると数百万円単位の罰金か最悪の場合禁固刑に処せられる可能性があります。

具体的に言えば、生きたままのブラックバスを釣ってからそのまま自宅に持ち帰ると法律違反になり、罰則の対象になります。すでに死んでいる場合については法律違反にならないため、釣った後に持ち帰る場合には必ず完全にしめた状態にしてから運ぶようにしましょう。

まとめ

バス釣りでは釣具のひとつひとつがさらに細分化されているため、初心者にとっては道具選びに苦労する半面、上級者になれば自分好みの釣具を自由に組み合わせる楽しみが出てきます。

バス釣りに最低限必要な道具一式であるタックルは、ほとんどの釣具専門店で安い価格で用意されているため、ビギナーのうちは廉価版で使い方のコツをつかみ、徐々に上級者向けの高級品にチャレンジしてみると良いでしょう。

また、ブラックバスは国の定める特定外来生物のため取扱いにあたっては細かいルールと罰則があり、初心者のうちからそれらをきちんと把握しておくことが大切です。