釣具を高く買い取ってもらうためのコツは?

各店舗の規模によって、釣り道具の買い取りに関する基準は異なります。個人経営の店舗ではオーナーとの交流の度合によっても価格が微妙に上下するため、小規模な店舗ほどこまめに通い詰めることが大切です。

もちろん、釣り道具そのものの使用状態も買い取りにあたっては詳しくチェックされるため、大切な釣具は普段から丁寧に手入れをしてあげましょう。釣り道具の人気ブランドは移り変わりが激しく、同じ釣具でも時期が少しずれれば買取価格が大きく変化することもあるのです。

釣具買取できる方法とは

いらない釣具を売る際、十分なメリットが見込める場合は、ぜひ買い取ってもらうことがおすすめです。
そうしないと、元々ある釣具としての価値が下がってしまい、売った際に得るお金が減ってしまう恐れがあります。

では実際にいらない釣具を買い取ってもらう方法にはどんな種類があるのでしょうか。
一つ目として挙げられるのは、ネットを利用したオークションでしょう。
うまく利用すれば一番利益を得ることができる方法です。
ただし、オークションを利用するならそれなりの経験が必要であることは意識しておきましょう。

二つ目は、中古釣具を取り扱っている店舗で釣具買取してもらう方法です。
この方法は、比較的釣具の売却が初めての方でも行いやすい方法ですので、もしオークションを利用した方法に不安がある方は、こちらを選択するのがおすすめです。
また、他にもフリーマーケットの利用や、釣りを趣味にしている友人に安く売ってしまうなどの手段が考えられます。

 

どういった釣具が高額買取されているのか?

釣り道具の世界にも時代によってトレンドがあります。その時期に人気のあるブランドが高価で取引されるのは当然として、それ以外にも高価買取をねらう際のチェックポイントがいくつかあります。大きなポイントは、汎用性です。つまりは、初心者から上級者まで誰にでも幅広く使える釣り道具であれば、価値が自然と高まり、お店でも安定した相場で買い取りが行われる傾向にあるのです。

また、反対に一部のマニア向けの有名ブランドにもプレミアがつき、これもまた高価買取が期待できます。ネットオークションでは希少価値の高いアンティークのような釣具を集めるコレクターも多数参入しているため、店頭買取だけでなくそちらの方もチェックしてみるのも良いかもしれません。
 

売るタイミングはいつが良い?

釣り道具は売るタイミングも大切です。この場合のタイミングには、「釣具そのものの価値を高めるタイミング」と「釣具全般の需要が高まるタイミング」というふたつの意味があります。

たいていの釣具は年式が古くなるほど価値が下がり、一般の釣具店でも取扱いが少なくなるものですが、ブランドのついたアイテムではむしろ年式をさかのぼるほどアンティークとしての価値が注目され、コレクションとしての需要が高まるケースもあります。

また、気候が安定した5月、10月の行楽シーズンには釣具全般のニーズが上昇し、買取相場も多少上乗せされる傾向にあるようです。ハゼ釣りやアジ釣りなど、ねらう魚によっても時期にばらつきがあるので、その時期に高く売れる釣具を事前に調べておきましょう。

 

釣具を高く売る方法とは?

愛着のある釣り道具を少しでも高く売りたいのであれば、何よりも日頃の手入れが肝心です。あちこちにキズがついていたりほこりが目立ったりするような釣具では、たとえ有名ブランドの希少品であっても必然的に価値が下がってしまいます。そこで、今回は釣具買取額をアップさせる方法をご紹介します。

釣具買取額アップ!購入時の付属品・説明書・外箱は取っておく!

釣具を高額で買取してもらうためには、おさえておきたいポイントがいくつかあります。

その中でも一番知識として知っておきたいことは、付属品の重要性です。物を購入したとき、それが入っていた箱や袋、取り扱い説明書はどうしていますか?開封してすぐに処分してしまうという方も多いのではないでしょうか。釣具買取に関して言えば、購入時の付属品があるかないかで買取査定に大きく差が出ます。いくつもある付属品のうち、1つでも欠けていると査定価格が大幅に下がってしまいます。

釣具には、多くの付属品があります。例えばリールであれば元々入っていた箱、リールを入れる袋、取扱説明書、パーツリスト、もし替えのスプールが付いている場合にはそれも必要になります。ロッドの場合には、竿袋や、箱、保証書などです。説明書を捨てる人は、あまり居ないかと思いますが箱や袋は必要でなければ捨ててしまう方もいらっしゃるかと思います。

しかし、それがないというだけで損をしてしまうことになりますので、釣具を購入した時には、いつか中古で買取に出すことを視野に入れて、全ての付属品を取っておくようにしましょう。

釣具買取額アップにはとにかく見た目も大事!

中古の品物を購入する時、自分以外の誰かが使用した後のものということは分かってはいても、出来れば少しでも綺麗なものを選びたいですよね。あなたがそう思うのと同じように、あなたの売った釣具を購入する人もそう思います。ですから、買取りの際もより綺麗な方がもちろん買取り金額は高くなります。

高い金額での買い取りを希望するのであれば査定に出す前には、可能な限り見た目を綺麗にしましょう。お金をかけて特別な洗剤などを用意しなくても、水で軽く洗い流したり、布で軽くふき取るだけでも大抵の汚れは取れますので随分綺麗になります。ほんの少しの手間で、買取り金額に違いが出てきてしまいます。

その少しの手間を、惜しまずに行うか、面倒と思うかは人によって変わってくるかとは思いますが、せっかく愛用していた釣具を売るのであれば、少しでも高い金額で売れた方が良いですよね。

そのためには、とことん見た目の綺麗さにこだわって、手間を惜しまずに手をかけてあげましょう。

釣具買取額アップには面倒でもメンテナンスもしよう!

高値で釣具買取してもらうためににかかせないこと、それはメンテナンスです。中でもこまめなメンテナンスが必要なパーツであるロッドとリールについてご紹介します。

ロッドはまず、濡れたタオルで、竿全体を拭きます。水分を出来るだけ残さないようにしっかりと絞ることがポイントです。その後、すべりを良くする潤滑剤を塗ったり、コーティング材を塗ったりします。これにより、本体の保護になりますし、汚れも落としやすくなります。

リールは、まず細かい部分に入ってしまっている土やゴミなどを小さなブラシなどを使用して取り除きます。その後、全体的に水をかけて汚れやゴミを完全に洗い流します。水の中に浸してしまうと、中に入っている潤滑剤が流れてしまうのでやめた方がよいです。細かい部分を掃除しようと、分解してしまう人もいますがリールというのは思っているよりも精巧に作られています。万が一間違った方法で分解してしまうと、壊れてしまう恐れもあります。気になる型は、メーカーにメンテナンスに出すことを検討してみる方が良いです。

これらのメンテナンスを日常的に行っているかいないかで、状態は大きく変わってくるので買取価格にも影響が出ます。少し手間に感じるかもしれませんが、行うほうが得策と言えます。

 

まとめ

釣り道具の買い取りにあたっては充分な予備知識が必要です。同じ釣具でも持ち込む時期や使用状態によって価値が大きく変動するため、売却の最適なタイミングを常にチェックしておきましょう。

キズやほこりがつかないように普段から丁寧にメンテナンスをしておくのは基本中の基本です。また、希少価値のある有名メーカーの釣具が必ずしも高価で売れるとは限りません。反対に安くで売られている量産品であっても、状態が良ければ高値で買い取りが行われる場合があるため、おおよその買取相場についてクチコミなどで調べておくのも良いでしょう。