投げ竿の中古品は使える?また中古買取は可能か?

投げ竿がビギナー向けの釣具と言われる大きな理由は何といっても、釣具としてのわかりやすさです。シンプルなパーツと単純な構造から成り立っているため、釣りを始めたばかりの人でもすぐに使い方を覚えることができ、他のスタイルにも通じる初歩的な必須テクニックを短期間で習得することができます。

自分だけの釣具で勝負したい、という上級者の場合はパーツが分解可能な投げ竿を選ぶことでオリジナリティを出すことができます。幅広い年代に人気の投げ竿は中古市場でも安定した需要があるため、使い古した投げ竿でもあきらめずにお店に持ち込んでみましょう。

投げ竿の特徴

投げ竿はその名の通り、投げ釣りで必要になる釣具のことです。先のほうに重りをつけ、その力を利用して糸をより遠くまで飛ばすのが基本的な原理となります。穂先と手もとがシンプルにつながっているためあたりが初心者にもわかりやすく、なおかつ比較的少ない力で糸を巻き上げられるため女性や子どもにも使いやすいという長所があります。

飛距離は竿の長さと錘の重量で調整でき、号数の大きいものほど上級者向けとなります。いくつかのパーツに分かれて現場で組み立てるタイプと最初から一本になっている振り出しタイプがあり、よりポピュラーなのは構造がシンプルな振り出しタイプとなります。組み立てタイプのほうはカスタマイズできる要素が増えるため、釣りをきわめたい玄人肌の人に需要があります。

よく聞く磯竿との違いは?

投げ竿とよく対比されるものに磯竿があります。両者は用途も使い方も異なるものですが、決定的な違いは全体の固さです。

固いのは投げ竿のほうで、重量のある錘をつけて遠くに飛ばし大物を狙う必要があることから、穂先にいたるまで固く頑丈につくられています。一方の磯竿は大物を狙うことはあまり考えられていないため穂先もやわらかく、その分全体としてよくしなるようにつくられています。

釣具としてどちらがすぐれているかということではなく要するに用途の問題で、釣りのポイントと目標とする魚によって最適となる竿も違ってくるのです。ただ、投げ竿は穂先が固く取扱いがやや難しいため、まずは磯釣りからはじめて少しずつ釣りの感覚をつかんでいくというのが上達の早道のようです。

投げ竿の中古品は使える?

中古品であっても新品と同様に利用価値があり、シェアを分け合っている点が釣りの特徴と言えます。中古の投げ竿を店頭で選ぶ際にはまず、表面的な使用状態をチェックしましょう。ライトに照らしてキズやほこりがあまりにも目立つようなら、その店舗そのもののメンテナンススキルが低いということですから、購入は控えたほうが無難かもしれません。

組み立て式の投げ竿の場合はつなぎ目の部分の劣化が激しくなり、ひどい場合にはいざという時に組み立てられなくなることがあります。タックルごと購入しようと考えている場合、ごくまれに一部の付属品が欠けた状態で売られていることがあるため、パーツがすべてそろっているかを入念にチェックする習慣をつけましょう。

これで失敗しない!中古の投げ竿の選び方

投げ竿は種類やサイズにバリエーションがあり、新品価格でも1万円~5万円程度と大きなばらつきがあります。中には10万円を超える高級品もあるなど、実用だけでなくコレクション目的で釣り竿を集めている人も少なくありません。

中古品でも状態の良いものであれば数万円単位とそれなりの値段がするものもありますが、廉価版を中心に取り扱う店では数千円から入手できるため、ビギナーのうちは安価なもので釣りのコツを身につけるのもひとつの方法です。竿やルアーにかぎらず、釣具はただ単に高価であれば使いやすいということではなく、安いものでも適切な使い方をしていれば性能を充分に発揮させることができます。中古買取店をいくつかまわって、相性の合う投げ竿にめぐりあいましょう。

投げ竿は中古買取可能か?

投げ竿の中古市場での値打ちを決める要素にはいくつかあります。汎用性が高い、つまり初心者にも使い方がわかりやすくどんなスタイルの釣りにも持っていける釣具は自然と価値が高くなり、買い取り価格も安定することになります。

一方、マニア向けの高度な釣具もまた一定の需要があり、有名ブランドの高級品であれば10万円以上の高値で取引されているものもあります。釣具はコレクションとしての側面ももっているため、デザイン性が高くファッショナブルなタイプはコレクターの間で垂涎の的になっているようです。古くなった投げ竿をお店に持ち込む場合は、細かいキズやほこりがついていないかを事前に確認しておきましょう。表面を軽くクリーンアップするだけでも買取価格が大きく上乗せされる場合があります。

まとめ

構造がシンプルで初心者にも使いやすい投げ竿は実は幅広いバリエーションがあり、上級者にも人気のある釣具です。中古市場でもシーズンを問わず安定した需要があり、よほど使用状態の悪いものでなければ満足のいく価格で引き取ってもらえます。

希少価値の高いブランド品はマニア向けの専門店に持ち込めばさらなる高値がつけられる可能性があるため、釣具をコレクションとして楽しんでいる人はそちらのほうに買取を依頼してみましょう。