上質なチヌ竿中古品の選び方

クロダイを釣る場合でもメジナを釣る場合でも、全て一本の磯竿で代用していませんか?
確かに釣り具にあまりお金を掛けずに魚釣りをするなら、竿は一本でも構わないでしょうが、よりチヌ釣りを楽しみたいのであれば、できれば専用の竿があった方が良いです。

しかし、定価で購入するとなると、結構高くついてしまいます。
中古で安く上質なチヌ竿を手に入れるために、中古品の選び方に何かコツのようなものはあるものなのでしょうか。

チヌ竿の特徴

釣りは釣りでもチヌ(クロダイ)を釣る場合、多くは専用のチヌ竿が使われています。
では、チヌ竿にはどのような特徴があるのでしょうか。
知識として身につけておきましょう。

チヌ竿はその名の通り、通常の万能ロッドとは異なり、クロダイを釣るのに特化した作りになっております。
クロダイという魚の特徴や習性などを意識して、通常よりも柔らかいロッドとなっているのです。

もちろん、普通の万能ロッドでもクロダイを釣ることは可能ですが、普通の万能ロッドでは「ロッドが硬すぎ、ハリスが太すぎる」などの理由で、クロダイを釣るのにはあまり適してはいません。
しかしチヌ竿を使用すれば、細いハリスと柔らかいロッドである特徴を十分に活かし、クロダイを手軽に釣ることができるようになります。

もしクロダイ釣りを楽しみたい、できるだけ多く釣ってみたいのであれば、クロダイを釣るのに適した専用のロッドを使った方が断然良いと思います。
中古で安く手に入れて始めてみてはいかがでしょうか。

よく聞く磯竿との違いは?

クロダイを釣る場合の釣りにおいて、よく使われるロッドの種類にチヌ竿と磯竿があります。
しかしこの両方のロッドの違いをあまり意識していない方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
もちろんどちらのロッドでもクロダイ釣りを楽しむことはできますが、双方の違いを理解した上でロッドを使い分けた方がより楽しむことができます。

では、ロッドの違いについてご説明します。
一番大きな違いは、「調子の違い」です。

調子とは、ロッドのお尻の方からロッドが一番曲がっている場所までの長さと、その一番曲がっている場所からロッドの先端までの長さの比率のことを言います。
チヌ竿ではこの比率が通常6:4調子であり、磯竿では8:2調子もしくは7:3調子となっています。
調子の違いによりクロダイの釣れ具合が全く変わってきますので、もしクロダイをたくさん釣りたいのであれば断然チヌ竿が便利なのです。

チヌ竿の中古品の選び方

基本的に魚釣りに使われるロッドというのは、上質なものを選択しようとすれば結構なお金がかかるものです。
それはチヌ竿の選択においでも同様で、やはり上質なロッドになればなるほど高価格です。
しかし、だからといって安いロッドを選択すると、十分にクロダイ釣りを楽しめなかったり、すぐにロッドが折れたりして使えなくなってしまいます。

そこで重要になってくるのが中古のロッドを購入するという選択です。
中古品であれば、元の値段が高い上質なロッドが、お手頃な価格で手に入ることがあるのでお得です。
チヌ釣りにおいて使用されるチヌ竿も、中古で上質なロッドが出回っています。

ただし、元の値段が高いからといってそのロッドが上質とは限りません。

中古のチヌ竿を選ぶ際にはその選び方にコツがあり、特に上質な中古ロッドを選択したいのであれば、そのロッドの操作性の良しあしを必ずチェックするようにしてください。
操作性をしっかりチェックしないと、いくら中古で安く手に入ったとしても違和感があり、チヌ釣りを楽しめなくなってしまいます。