トラウトロッドの選び方と高く買取れるメーカーは

トラウトはニジマスのことを指すことが多く、トラウトは、獲物を口にくわえるような感じの捕食をします。しかも、食べ物じゃないと気づいた瞬間に口から離してしまい、口にルアーを入れている時間が非常に短いです。しかも、ラインを切られないようにする必要のある難しい釣りになります。

ここでは、そんな難しいトラウトフィッシングを楽しいものにすることができるように、ロッドの種類や選び方、そして買取価格が高くなることの多い人気のトラウトロッドを紹介します。

トラウトロッドの種類は?

トラウトロッドの種類は「スピニングロッド」と「ベイトキャスティングロッド(ベイトロッド)」の2種類があります。どのように違うのかと説明をしますと、握る部分のグリップの形状が違うものとなっています。

まず、スピニングロッドはスピニングリールをセットして使うタイプのグリップ形状になっています。次に、ベイトキャスティングロッドは、ベイトリールやスピンキャストリールをセットして使うタイプのグリップ形状になっています。

初心者向けとして良いのは、スピニングロッドのほうなのですが、上級者にもスピニングロッドを利用している人が多いのも事実です。使うリールのタイプや釣り方によっても、トラウトを釣る際のロッドは変わります。

トラウトロッドの選び方

先ほど紹介したロッドの種類の他にも、トラウトロッドの選び方があります。使うリールの種類によってもトラウトロッドは変えたほうが良いです。トラウトフィッシングでは、主にスプーンと呼ぶルアー、クランクやミノーといったルアーなどを使います。

そして、ルアーによってもロッドを使い分けなければなりません。スプーンを使う場合にはフッキング(魚に針を引っ掛けること)をしなければ、トラウトはルアーを吐き出してしまいます。フッキングがしやすいように、エクストラウルトラライトやスーパーエクストラライトといった、柔らかいロッドを選ぶようにすると良いです。

クランクやミノーを使う場合には、アクションを起こす必要があるので、逆にウルトラライトといった硬めのロッドを選ぶようにしたほうが良いです。また、スーパーエクストラライトを選んでも良いです。自分の使いやすいロッドで釣ってみてください。このようにルアーによっても使うべきトラウトロッドの硬さが違いますので、違う硬さの2本のロッドを持っていくと、楽しみも増えることでしょう。

高く買取が期待できるメーカーは?

高く買取が期待できるトラウトロッドとなると、やはり、基本的には高価で人気の高いものということになります。そこで、高く買取が期待できるメーカーは、ダイワ、シマノ、アイビーライン、メジャークラフト、ヤマガブランクスといった5社のロッドになります。それらのメーカーから、人気になっている代表的な5つのロッドを紹介しましょう。
1.ダイワ「プレッソLTD_AGS61XUL-SMT」
2.シマノ「カーディフ・エリアリミテッドS60XUL-FF」
3.アイビーライン「Synchronizer(シンクロナイザー)Altima(アルティマ)6’00’’」
4.メジャークラフト「ファインテール・バンシー・エリアFBA-602SUL」
5.ヤマガブランクス「ブルーカレント・ジグスペシャル72/TZ_NANO」
これらの5つのロッドは人気もあり、高く買取が期待できるものとなっております。購入する時にも高価なロッドばかりですが、高価なロッドは軽いものが多くて、ヒットした場合にも魚はバレにくいといった特徴を持つものが多いです。トラウトフィッシングを続けているのなら、一度は高価なトラウトロッドを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、トラウトフィッシングで使用するロッドについての説明と、代表的なロッドを紹介してきました。トラウトフィッシングは奥が深く、使用するルアーによっても釣り方が変わってきます。ルアーに合ったトラウトロッドを使って、トラウトフィッシングを楽しいものにしてください。