気軽に楽しめるコンパクトな釣竿で、釣りを楽しむ

釣竿には、さまざまな種類がありますが、ここでは「コンパクトロッド」や「パックロッド」などと呼ばれているものについての紹介をしています。とにかく空いた時間で釣りを楽しみたいと考えている、釣り好きな方は1本持っておいても良いものだと思います。

コンパクト釣竿を使うメリットとデメリット

コンパクトロッドやパックロッドなどの釣竿を使うことによって出てくるメリットとデメリットを紹介します。まず、その名前の通りでコンパクトに縮めたり、節の部分を外したりして、短くすることができるロッドになります。本当に短いものとなりますと、リュックなどに入れて、持ち運びを容易にすることができるほどです。

そういったことから、ちょっとした空き時間があって近くに釣りができるポイントがありそう。さえあれば、いつでも釣りを楽しむことができるといった、釣り好きにとっては大変嬉しいメリットがあります。海水用や淡水用のロッドがありまして、自分の住んでいる場所、または、仕事をしていたりする場所の近くに釣りができるポイントがある場合は、そのポイントに合わせたものを1本持っておくと良いと思います。仕事などでイライラしたりストレスを感じた際には、帰り際にでも軽く釣竿を振って気持ちをスッキリとさせても良いかもしれません。中には、エサ釣りでもルアー釣りでも使える釣竿も販売されています。生きエサの場合は簡単には持ち歩けないと思われますが、ルアーや練りエサの場合なら持ち歩けると思うので、いつでも楽しめることでしょう。

さらに、毎日のように釣り場に行けば誰かしらいると思います。そういった人達と仲良くなれるといったメリットもあります。デメリットとしましては、釣竿自体の強度が弱く、大物が掛かってしまった場合にはポッキリと折られてしまうこともあるというところです。値段もお手頃ではあるのですが、あまりにも安いものを買ってしまうと、結局は有償修理に出すことになってしまいますので、安物買いの銭失いといったことになり兼ねません。自分の釣りたい魚に合った強度を持っている、しっかりとしたコンパクトロッドを購入するようにしましょう。

釣れる魚の種類はどれくらい?

コンパクトロッドやパックロッドなどの、小さく縮めたりして持ち運べる釣竿で釣れる魚の種類は、極端な大物以外なら何でも釣ることができるところです。しかし、釣竿によっては狙える魚も違ってきますので、自分が釣りたい魚にあったものを購入してください。それでは、見出しにもありますように、コンパクトロッドなどを使って釣れる魚を紹介します。

海水魚の場合ですと、メバル、ガシラなどの根魚、シーバス、チヌ、キビレなどの海辺や磯などで釣れる魚を釣ることができます。また、エギング釣りにも使えるものもありますので、海に近い場所に住んでいる方、海釣りを楽しみたい方の場合は、海釣り用のものを購入してみてください。シマノのホリデーパックはエサ釣り用のロッドなのですが、海釣りの場合、どれを買えば良いか迷っている方には、おすすめできるパックロッドです。9000円ほどで購入できますので参考にしてみてください。

次に淡水魚の場合は、バスやブルーギル、ヤマメやイワナなどの川魚全般といった感じで釣ることができるものが販売されています。アブガルシアのHornetStingerPLUSは13000円前後で購入できて、多くのライトゲーム好きに愛用されているロッドになります。ルアー釣りが好きな方は参考にしてみてください。もちろん、海水魚でも淡水魚でも狙えるものも販売されています。ダイワの月下美人MXシリーズはルアー釣り専用のロッドとなっていますが、海水魚でも淡水魚でも釣ることができます。19000円前後で購入できますので参考にしてみてください。コンパクトロッドは購入して1本だけでも持っておくと、仕事帰りなどに釣りを楽しめます。今よりも釣りの幅が広がるので調べてみると良いでしょう。

どういう人が持つべきか

ちょっとした時間があった場合でも釣りを楽しみたいといった方には、コンパクトロッドやパックロッドといった釣竿は、1本だけでも持っていて欲しい程おすすめの釣竿です。1本しっかりとしたものを持っていれば、旅先や出張先に持って行って、空いている時間にでも釣りを楽しむことができます。縮めたり、節の部分から外したりすることができますので、スーツケースやリュックなどに入れて持ち運ぶことができます。また、専用のロッドケースが付いているものもありますので、ロッドケースに入れて持ち運んでも良いと思います。

それから、仕事帰りにも釣りをしたくなったりする方には、仕事の帰りがてら湖や川、海辺や防波堤などに行って暗くなるまで釣りを楽しんでみても良いと思います。夏場は夜の7時を過ぎても、まだ明るい感じなので、仕事の帰りだとしても釣りを楽しむ時間にすれば、毎日の就業時間が楽しくなるのは間違いないでしょう。人によっては、コンパクトロッドを持って、徒歩や自転車、バイクや自動車などで日本一周をしながら、各地の釣り場で釣りを楽しんでいるといった方もいるようです。現在では、ブログやSNSもあり多くの人が楽しみながら、情報の配信や確認をしています。インターネットコンテンツのネタとして、全国を駆け巡りながら、釣りしているところを紹介しても面白いと思います。実際に、そういったことをやって楽しんでいるアングラーの中には、出版社の目に止まり、書籍として出版されたといった方もいたりします。

現在、仕事なども順調で生活に余裕のある方は、「日本一周釣りの旅」といったような行動に、チャレンジしてみるのも一生の思い出ともなりますし、釣り好きだけではなく、誰にでも話すことができるようになれますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

コンパクトロッドやパックロッドといった、小さく縮めて持ち運びができる便利な釣竿は1本でも良いので持っておくと、釣りの楽しみ方が広がるものです。自分の釣りたい魚に合わせて、折れにくいものを購入してみてください。リールに関してもコンパクトなものが売られていますので、そういったものを選ぶようにしましょう。

釣果をブログやSNSなどで紹介をすると、全国から釣り仲間も増えるので、現在よりも釣りをすることが楽しめるようになるでしょう。