失敗しない中古のへらぶな釣具の選び方とは

ふなは魚の中でも特に警戒心が強く、特殊な生態をもっていると言われています、釣りのターゲットとしても気をつけるべきポイントが多く、それだけに上級者向けと思われがちですが、ポイントさえつかめば比較的簡単に釣れるようになるため、ビギナーの人にも充分楽しめる要素が詰まっています。

釣具の組み合わせも豊富なバリエーションがあり、中古品であれば安価な商品も出まわっているため、それほどコストをかけずに趣味として長く続けられるのも魅力のひとつです。

へらぶな釣りとは?その特徴

へらぶな釣りの難しさは、ふなという魚の特殊な性質に起因するともいわれています。ふなは特に警戒心の強い魚で感覚器官が発達し、数m先のわずかな物音でも瞬時に察知して逃げられるほどの敏感さをもっています。

釣りにおいてはその警戒心と敏感さが「釣りにくさ」に直結し、ターゲットにする場合には細心の注意が必要になります。とりわけ糸を引くタイミングに要領が必要で、ほんの少しでもタイミングがずれた場合にはあっけなく逃げられてしまいます。

タイミングと同じくらいに難しいのはエサ選びです。へらぶな釣りでは通常「バラケ」と「食わせ」とよばれる2種類のエサが使われ、味ややわらかさなどにそれぞれ細かいバリエーションがあります。釣りのポイントやその日の天候に応じてエサの組み合わせを変えることをエサ合わせと言い、へらぶな釣りでは最も重要なプロセスとなります。何度も失敗を繰り返し、自分なりのエサ合わせのコツを見つけるのも楽しみのひとつです。

へらぶな釣りに必要な釣具や道具とは?

へらぶな釣りでは、比較的軽量でサイズの小さい竿が使われます。ふながとても繊細な性質をもつ魚のためで、糸も場合によっては目で見てもわかりにくいものが使われ、それだけに竿の取扱いにも細心の注意が必要になります。

エサは基本的に2種類用意し、最初につけるバラケは水面に浮かべて魚に見せるエサ、クワセは文字通り実際に食わせるエサとなります。竿やエサ、ハリスケースなどの必須用具以外に初心者が忘れがちな釣具といえば、傘や小物入れがあります。傘は万一の雨をしのぐために、小物入れは取り付けに失敗した糸を一時的にしまっておくためなどに役立ちます。へらぶな釣りは長丁場になりやすいため、座布団やクッションがあるとなお便利です。

中古のへらぶな釣具の選定方法

中古のへらぶな釣具の選定方法は、通常の釣具の選定方法とあまり変わりはありません。傷がないかや必要な部品があるかなど。メンテナンスがしっかりと施されているものを選ぶのが良いです。特に、竿の口栓がないと、クチ割れや込みクチの変形などトラブルの原因になりますのでよくチェックしてみてください。安易に、安いからとの理由だけで、釣り具を選んでしまうと、メンテナンスが大変になりますし、すぐに買い替える必要性も出てくる場合もあります。

まとめ

ふなは警戒心が特に強いため上級者向けの魚だと思われがちですが、小型~中型のものであれば釣るのにそれほど力もいらないため、ビギナーでもすぐに釣りの楽しみを覚えられます。大物を狙ったり一度に何十匹ものふなを釣り上げるためにはやはりテクニックが必要で、いくらでも深く研究できるところに上級者が夢中になる要素があります。

釣具の選定から「エサ合わせ」まで、テクニックをきわめられる要素がぎっしり詰まっているのがへらぶな釣りのおすすめポイントです。