サビキ釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具の買取価格は?

比較的初心者向けとされるサビキ釣りであっても、上級テクニックを身につけるためには、基本からさらに応用することが不可欠となります。サビキ釣りにおいて特に重要なのはコマセのタイミングと仕掛けを動かす力加減です。

コマセのタイミングを少しでも間違えると警戒心の強い魚ではバラシが起きやすく、何時間も釣れないままということが良くあります。ねらう魚の種類によっても竿の材質やアワセの強さなどが変わってくるため、実際に経験を積むなかで自分なりに試行錯誤を繰り返すと釣りの面白味が増すでしょう。

サビキ釣りとは何か?

サビキ釣りとは、複数の針が付けられた仕掛けを動かすことで、魚を釣り上げる方法のことを言います。コマセとよばれるエサと疑似餌を混ぜ合わせて水中に撒き、魚をおびき寄せます。疑似餌とコマセはサビキカゴに入れられ、手もとの微調整によって水中にばらまく角度やスピードが変わります。

ロッドの材質はターゲットに合わせて変える必要があり、アジやイワシなどの口の弱い魚の場合は不必要に傷つけることのないように穂先がソフトなものを、丈夫なアゴをもつ種類を釣る場合には強度に重点を置いたロッドを選ぶのが基本です。コマセは小エビが一般的とされ、他に冷凍のゴカイやミミズなどもエサとして使われます。アワセは必ず行うわけではなく、アジなどの小魚に対してむやみにアワセをつづけるとかえってバラシを誘発してしまう場合があるため、魚の種類を見きわめる必要があります。

サビキ釣りで釣れる魚は?また注意すべき点は?

短時間に効率よく釣果が期待できることこそ、サビキ釣りが初心者向けのスタイルと言われる理由のひとつです。サビキ釣りで釣れる魚の種類には回遊魚が多く、いったんポイントをつかめばそれほどの苦労をせずに何十匹という魚を釣ることができます。

ただし、ポイントを読み誤れば何時間経っても1匹も釣れないことになるため、回遊魚の性質を把握し、季節ごとによく釣れるポイントをチェックしておきましょう。生のエサに素手でさわるのが苦手な場合は、専用の手袋などの補助アイテムを使うことによってより安心して釣りを楽しむことができます。

ロッドを長い時間手に持っているのが疲れるという人は、置き竿とよばれる手法を使い、アタリがきた時にだけ素早く竿を握ることによって体力の消耗を最小限におさえることができます。

サビキ釣りに必要な釣具と買取価格の相場は?

サビキ釣り専用のロッドやリールは、基本的には存在しません。そのため一般的には、磯釣りで使うワンピースタイプのロッドを使用することになります。サビキ釣りはビギナーから熟練者まで幅広く楽しめるスタイルのため、ロッドやリールの中古品としての需要も比較的安定しており、手入れが行き届いた釣具であれば専門店での高価買取が期待できるでしょう。

サビキ釣りに使ったロッドやリールは仕掛けとして生のエサを使用するため、1回の釣りが終わるごとに竿やカゴについたエサをきれいに洗い流しておく必要があります。手入れを怠ると中古品としての価値を著しく下げるばかりでなく、腐敗したエサが強烈な悪臭を放ち、次に使う時に大変なストレスを感じてしまいます。

まとめ

仕掛けがわかりやすく、初心者でもすぐにコツを身につけられるのがサビキ釣りの大きな魅力です。釣れる魚もアジ、イワシ、アジ、サバ、メジナ、チャリコとバリエーション豊富で、幅広い種類の魚の特性をつかめる意味でも魅力があります。

スタイルとしての裾野が広い分釣具の中古需要も安定しており、こまめにメンテナンスされたロッドやリールであれば1万円以上の下取りがつく場合もあります。生のエサを腐敗させないよう、終了後の洗浄は特に念入りに行いましょう。