釣りでは海水温が大事?釣りに適切な温度を知っておこう

魚の特徴、習性を知ることは釣りを楽しむために非常に重要な要素です。魚の動きなどは生息している環境に大きく影響されるものなので、まずは海水温をチェックしなければなりません。様々な環境で変わる温度をしっかり把握することが、より一層釣りを楽しむことに繋がります。水の温度の測り方や釣れやすさが変わる理由、おすすめの水温など説明していきたいと思います。

海水温によって釣れやすさが変わる理由

魚は人間と違い変温動物であるため、気温や水温によって活性が大きく変わってきます。魚の食欲や動きが気温により左右されるため、餌を落とし食いついてもらわなければならない釣りにおいては影響の大きい事柄なのです。魚の変温動物の体温調節にはかなりのエネルギーを使うことになるのですが、気温が下がり食料が少なくなる冬場では、余分なエネルギーを使わないようにするため魚の活性力は鈍ります。変温動物は厳しい冬を過ごし、春を迎えるためにエネルギーを溜め、餌を食べなくても良い体、いわゆる冬眠状態になるのです。

魚は海水温が下がると同時に体温も下がり、代謝機能と消化機能が低下することで餌を必要としない状態になり、そのため釣りにくくなってしまいます。反対に水温が上がれば魚の体温も上がり、その状態では代謝が良くなり、消化機能も活発になります。そうなるとエネルギーを求めて餌を探すようになります。空腹の状態であれば必然的に魚はよく釣れるようになるのです。しかし、海水温が上昇することが必ずしも良いとは限りません。海の温度は上がると塩分濃度が濃くなるため、酸素が薄くなってしまいます。大気中と比べ、海水の酸素はもともと少ないため、温度が少し上昇しただけでも酸欠になってしまいます。酸欠状態では動きも鈍くなり、餌やルアーに食いついてくることも極端に減ってしまうのです。

このように、海水温が少し変わっただけで魚に与える影響はとても大きいものなのです。魚との駆け引きが大事な釣りにおいて、魚の活動を左右する温度をよく知ることは非常に重要であると言えるでしょう。しっかり頭に入れておくことで釣れやすさが大きく変わり、釣りの楽しみも変化していくことでしょう。

魚釣りにおすすめの海水温とは

釣りに最適な魚の活動は餌に食らいついてきてくれること。基本的に冬のように水温の低い季節より、魚の活動に最適な温度になる春夏秋が釣りを行うのにおすすめとされています。しかし海水温は季節だけでなく、天候や様々な条件でその日ごとに少しずつ変化していきます。水の温度が1度変わることは、気温で言えば5度変わることと同じことであるため、ちょっとした変化も魚の活動に関わっていきます。活動に最適な温度は魚ごとに少し異なり、温度変化に敏感な魚を的確に釣り上げるためにはこの適正温度を知っておくことが重要になってきます。

基本的に魚の食いつきのいい水温は20から22度であり、23度以上でも食いつきは良いですが、寄生虫の危険性が高まるので注意が必要です。魚は泳ぐ層が違うため、外気の温度が強く影響する浅い層に生息するアジやさばなどは大きく影響されてしまい、まったく釣れなくなることもあります。

例えばアジの適水温は16度から20度。アジは元々熱帯の魚であり、暑さには強い一方で寒さに弱く、活性が極端に下がります。暑さに強いと言っても、夏の過酷な暑さでは海の温度も30度を超えてしまうことがあり、そういった状況ではさすがのアジでも酸素不足で活性が鈍ります。メバルは8度から22度というかなり広範囲の温度が適正とされています。その中でもっとも適している温度は12度から15度。浅い場所の魚ではなく、水の深い所に生息している魚は外の気温の影響が少ないため、温度が安定しているため、冬でも釣りを楽しむことができます。その日ではなく、1日のその場所の温度変化に気を付けながら釣りを行うことで魚のヒット率は格段に上がるので、他の魚の適性温度をしっかり把握していきましょう。

行きたいスポットの海水温を調べる方法

適正な温度で釣るためには、その釣るスポットの海水温を調べなければいけません。どのように調べれば良いのか。実は海上保安庁や様々な研究機関などが海水の温度を公開しているサービスをネットで行っており、そういったサービスを利用し、調べてからスポットに赴くのが良いでしょう。こういったサービスは無料で利用できるので、気軽に利用できます。

その時に調べ、適正な温度であっても、その一瞬一瞬で温度は変化するため、リアルタイムで温度を調べられるサービスを利用しましょう。スポットに付いた時には若干温度が変わっていて、魚が釣れないということもあります。そのため、そのスポットで釣りを行おうと思っている3日前からその場所の温度を調べるようにしましょう。その3日前から安定した温度であるスポットを選ぶことで大きな釣果を得られることでしょう。魚の生息は水深で違うため、水深別の温度を一時間ごとに確認できるサービスの利用を行いましょう。

また、温度を測る道具が釣具製品で販売されているため、それを使用し、自分自身で温度を調べてみましょう。温度を測ることができる道具、放射温度計はボタン一つで一瞬で測ることができるため、測りながら適正な温度の場所へと移動するようにしましょう。狙う魚を元々決めておいても良いですが、調べた温度によって狙う魚の種類を変えてみても良いと思います。少しの温度変化で釣れる魚も大きく変わるので、そういった臨機応変も楽しみの一つにしてみても良いと思います。釣果が左右される海の温度はとても重要。様々な条件下で変化する温度と、それによって変わる魚の行動を考えることも釣りの醍醐味と言えるでしょう。しっかり調べて釣りを存分に楽しみましょう。

まとめ

少しの温度変化でも海に住む魚にとっては大きな影響をもたらします。魚の動きを考えて行う釣りにとってはこの影響はしっかり把握しておかなければなりません。水温の変化に敏感な魚はその活性がたった1度であっても左右されます。魚の種類によってもその振れ幅は異なるため、ターゲットとする魚の釣れやすい適温を把握しておく必要があります。現地の水温を様々なサイトのシステムで調べ、魚の釣りやすい条件下で楽しみましょう。