デプスを釣具買取しよう!この秋売れる釣具とは

バス釣りをするなら、ビッグバスを釣りたいとおもうのは当然のことです。しかしただやみくもに釣りをしたところでビッグバスが釣れることはありません。デプスでは、より大きなバスを釣るために独自開発を行ったプロップベイトやクローラーベイト・サイドワインダーといった製品を輩出しています。その製品の秘密はもちろんのこと、これからの季節釣れる魚の情報や釣具買取店へ出せば高価買取してくれること間違い無しの製品について紹介していきます。

デプスではどんな釣具を売っているの?

デプスはバス釣りを愛する釣り人から愛されているブランドで、様々な人気製品を輩出していきました。メジャーな製品を挙げるとDR-100ZX・サイドワインダー・ブルシューター・NZクローラーが挙げられます。DR-100ZXはバス釣りのカギと言われるリール部分です。この製品は木々や草が生い茂っているカバーに潜んでいるバスを引きずりだすことができるパワーを持っています。サイドワインダーは大きなルアーを操ることができる特殊なロッドで、バス釣りをするために様々な研究を重ね造られたロッドなのです。デプスといえばサイドワンダーと言われているので、釣具買取店で高額取引されることもあります。

そしてもう一つデプスの象徴をいわれているのがブルシューターです。この製品はただのルアーではなく、まるで本物の小魚が動いているかのような動きをしてくれるので、警戒心の強いバスでも食いついてしまうというのです。NZクローラーに関してはルアーであることはブルーシューターと同じですが、大型のステンレス製のウィングで、水押し波動を作ってくれるのでバスをいらだたせたり、食いつきをよくしたりする効果があります。他にも様々な製品を販売しているのですが、どれも目を離すことができませんし、これらの人気製品は釣具買取にて高額取引されていることが多いので、自宅で釣具を使わずに寝かしているという方は、ぜひ持ち込んでみてはいかがでしょうか。

またサイト内で、バス釣りの様子や釣ったバスとの写真を掲載していることもありますので、購入以外にも楽しめるようになっています。またメンバーブログなども公開しているので、これからバス釣りを始めるという方には役立つ情報が載っているのではないでしょうか。

秋に売るべき、おすすめのルアー

バス釣りの奥深さと言えば、やはり季節によって使うルアーが変わることです。魚だって四季を感じているので、常に同じルアーだと感づかれてしまいますし動きがぎこちないとバスに警戒されてしまうこともあるのです。デプスで販売しているルアーは秋のバス釣りにはぴったりの製品が数多く輩出されています。まずバス釣りのおすすめ買取商品としてブルシューターという製品が挙げられます。

一見ブルーギルのフォルムをしているただのルアーに見えるのですが、胸ビレや尾ひれが独特の動きをしてくれるので警戒心の強いバスでも食いついてくれます。また単にヒレの動きだけではなきストレートリトリーブ時には、水押しでアピールしてくれますしジャーキング後にラインスラッグを取ったポーズだと、まるで本当のブルーギルであるかのように動いてくれるのです。それによってバスはしっかりと食いついてくれますし、ビッグバスとの戦いでは貫通力の強いフックが必要です。ブルーシューターはサイズ#1のフックを使用しているので、どんな大きなバスでも問題ありません。しかもベイトフィッシュの腹部に近い保護色のような色をしているので、バスに気付かれることもあります。

一度デプスのブルーシューターを使うと、他のルアーを使ってバス釣りをするのがバカらしくなるといわれているほど、絶大な人気を誇っているため、買取してもらいやすい製品の一つとなっています。秋になると水温が徐々に低くなってきますので、バスの動きも活発になります。夏の間は群れて行動することが多いのですが、秋の場合は散って行動しているのでルアーの動きもダイナミックでなければいけません。そのためデプスのルアーはこの季節に高価買取してもらいやすいといわれています。

秋に売るべき、おすすめのロッド

いくらツアーにこだわっても、釣り上げたときにパワーのないロッドだとバスに負けてしまったり、最悪ロッド自体を奪われてしまうこともあるのです。バス釣りを失敗してたくない方に人気なのがサイドワインダーです。このロッドはデプスを象徴する製品の一つであり、バス釣りを好む方にとってはもっていて当然の製品ともいわれています。

まずこのサイドワインダーは、デプスの社長が考える釣れるためのロッド理論を詰め込み、設計しています。バス釣りは通常の釣りで使うような小さなルアーだと見向きもされません。そこで利用されているのがジャイアントベイトと呼ばれる大きなツアーです。しかし通常のロッドに取り付けると動きがぎこちなくなってしまい、バスに警戒されてしまいます。サイドワインダーはジャイアントベイトをしっかりと操ることができ、遠距離でも力が伝わりやすいように設計されていますので、バスの上顎をしっかりととらえることができます。またしなりが大きく、ビッグバスを釣る際にも負担がかかりません。これらの特徴によって釣り人に愛されているのです。秋は夏に比べるとバスの居場所が絞りにくく、一箇所に固まることはありません。そのために様々なアプローチをかけながら巻物方式で釣っていくのがベターです。

大きなバスを釣るのであれば季節によって対策を変えるのは当然ですし、それをサポートするためにバス釣り専用の釣具です。この時期のバスは荒食いが多いので、ポイントを見つけることができれば面白いように釣れるといわれていますので、デプスの製品が高値で取引されるのは納得だといえるでしょう。

まとめ

季節によってルアーやロッドを変えるのは釣り人としては当然のことです。とはいってもバス釣りは通常の釣りとは異なり、大きなルアーや力のあるロッドが必要になります。そこで人気製品であるデプスのブルーシューターとサイドワインダーが、この時期の目玉買取製品となるのです。デプスの社長がバス釣りに特化した製品を作りたいと考え、様々な視点から理論を組み上げて作った製品で、秋のバスがしっかりと食いつきます。この時期に売却することで、価格が上乗せできる可能性があるのです。