釣具 竿の種類と特徴〜釣り初心者ガイド〜

釣りに必要な釣具といえば竿。
初心者にはどれも同じように見えるかもしれませんが、釣る魚、釣りのスタイルによって選ぶべき竿の種類は異なります。

ルアー釣り用の竿やヘチ釣り用の竿というように、釣りの種類によっても使うべき竿は豊富に販売されているので初心者は頭を悩める所でもあります。

初心者が間違えず失敗しないようにするにはどのようにするべきか。
何をどういった時に使うのか、しっかり知識を入れておきましょう。

釣りのスタイルによる竿の種類

そもそも海釣りには思っているよりも種類があり、釣る場所によってスタイルも様々。
防波堤であったり、船釣る釣りであったりと、それによって使う竿も違ってきます。

海釣りに使う竿の種類は「磯竿」「投げ竿」「ルアーロッド」「ヘチ竿」「渓流竿」といった種類があります。
「磯竿」はその名の通り、磯釣りの際に使われる釣具のこと。
「投げ竿」も名前の通り、遠くへ仕掛けを投げるためのもので砂浜からの釣りの際に使用。
「ルアーロッド」はルアーフィッシング用の釣具。
ルアーという疑似餌でシーバス釣りによく使われます。
「ヘチ竿」はヘチ釣り専用であり、専用に作られているので他の釣りに使うことはまずありません。
「渓流竿」は小物を釣る際によく使用します。
他のと違いリールがなく軽いのが特徴です。

糸を垂らして釣る、いわゆるエサ釣りと、バス釣りのように魚のいる場所へ仕掛けを投げるルアー釣りでは形状、機能、長さなどが全然異なっていたりするので初心者は把握しておくことが大事です。

初心者にはなにがオススメ?

釣る場所、釣りたい魚が決まっているなら専用の竿を買うのが一番良いのですが、初心者はやはりルアーフィッシング用のルアーロッドを買うのが良いでしょう。
ルアー釣りはもちろん、使い勝手が良いのでその他の釣りにも使用することができるのが利点。

漠然と釣りを始めたいなと思っている初心者の方はこれを1本買っておくととりあえず海釣りを楽しむことができるでしょう。
ただ、使い勝手がいいというだけですべての魚、場所、釣りスタイルに対応できるような万能なものではないことは念頭に入れておきましょう。
あくまで初心者が使いやすく、初めに釣りを楽しむ取っ掛かりになるための選択と捉えてください。
本格的に釣りを楽しむようになってきたら、狙う魚や場所ごとに買っていくのもよいですし、買った竿を基準に考えて新たなものを買うのもいいでしょう。

知識の浅い内はとりあえず試しに一つの釣具で様々な釣りに挑戦して、経験を積み、知識を付けていくことが大事なのです。

竿の選び方、注意点について

いくらルアーロッドが初心者にオススメといっても、そのルアーロッドの中でどのように選べばよいのかわからないということもあると思います。

まず初心者が気にするべきところは値段。
初めて買う場合や試しに買う場合となるとそうそう高いものには手は出せません。

ただ、そう思って安い釣具を買うと耐久性がなく壊れやすく、すぐに買い変えることになってしまいます。
ブランドものなど高い釣具は確かに耐久性もあり、安心感はありますが初心者が使うにはハードルが高いので、安くなく高くもない、五千円から一万円のものを選ぶのがベストと言えるでしょう。
国内の大手メーカーでも初心者向けに釣具を展開していることもあるので、同じ値段なら下手なメーカーのものを選ぶよりも無難でしょう。

あとは国内の大手メーカーなら壊れた時のサポート体制がしっかりできているので、初心者が自分で釣具を直すという難易度の高いことをしなくて済むのです。
しかし、大手メーカーがすべてサポート体制が整っているわけではないので、それはしっかり確認しましょう。