騙されない!!悪質な釣具専門店の見分け方

今現在、日本全国にはとても多くの数の釣具店が存在しています。

その多くのお店では、良心的な商売をしていると思いますが、中には粗悪な品を高額で売っているような悪質なお店もあるので、注意をする必要があります。

そうした悪質なお店に騙されないようにするには、どうすればよいでしょうか。

気持ち良く釣具を買い、気持ち良く釣りライフを送るために、良いお店と悪いお店をしっかり区別し、見極められるようになるポイントをいくつか紹介していきます。

悪質なお店の悪質な行為

釣具の専門店は、昔から続いているお店も多くあります。
中には、昔からの悪い慣習が根付いてしまっていることも考えられます。

例えば、店員や店長がやたらフレンドリーに話しかけてきて、こちらの釣り歴などを探ろうとしているときには注意が必要です。
釣具の初心者や専門的知識のない人だ、という風に相手が思った場合、粗悪な商品をすすめてきたり、通常価格よりも高額に請求する、いわゆるぼったくりの被害にあってしまう可能性が高まります。


現在では、昔以上に口コミの情報がインターネットなどでも気軽に調べられるようになったので、これらの被害は少なくなってきていますが、念のため、初めて行く釣具屋の場合は事前に調べていくことも、騙されないためには必要なことです。
自分で、ある程度の知識をつけることも、そのような被害にあわないようにするためには重要です。

また、もし悪質な行為にあってしまった場合、すぐに消費者センターなどに相談することを、おすすめします。


良いお店か見極めるためには

悪質な釣具専門店に騙されないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

悪質なお店を見極めるポイントは、「店の外装や内装をしっかりと見ること」です。

良いお店は常に清潔にしているものです。
お店が綺麗かどうかの状況に加え、商品にほこりなどがかかっていないか、汚れていないか、箱やチラシが日光によって色が褪せていないか、なども見極めるポイントです。

釣具の専門店に一番求めること、それはより良い商品の提供です。
その商品を蔑ろにするお店は、あまり良いお店とは言えないでしょう。

また、店員の態度なども重要です。
例え良い商品を置いていても、店員の態度が横柄であったり、愛想が無かったりと悪ければ良いお店とは言えません。
しっかりよい対応をするお店を選びましょう。

初心者や釣りに対して知識がまだ足りていない人に対して、優しい対応をしてくれる店員さんであれば、釣りをさらに楽しむことができるでしょう。

自身の楽しい釣りライフのためにも、釣具の専門店選びは慎重にすることが大切です。

お店だけではなくネットの悪質サイトにも注意

店舗のある釣具専門店だけでなく、インターネットの釣具サイトにも悪質なものは少なからず存在しています。

その多くが実際にある釣具専門店のサイトを真似た類似サイトで、一瞬ぱっと見た感じではわからないものばかりですが、騙されないためにも、サイトを隅々までよく見てください。
大抵の悪質な類似サイトは、日本語があやふやな表現になっていたり、誤字脱字が多くなっていたりしているので、注文する前には文章をよく読みましょう。

また、文章におかしいところはなくても、少しでも違和感やおかしいと思ったら注文をやめましょう。
クーリングオフについての記載の有無も、判断材料のひとつになります。

サイトが暗号化されていないサイトにも注意が必要です。
個人情報のやりとりを行っているのにも関わらず、保護をまったくしていないサイトは悪質である可能性が高いのでしっかりよく見て判断しましょう。

楽しい釣りを満喫するためには、常日頃からしっかりとそれらを見極めることが大切です。