イカ釣りに必要な釣具と高価買取可能な釣具は?

初心者にとって難易度が低いため、入門編として釣り教室などでもすすめられているのがイカ釣りです。最低限そろえるべき釣具や仕掛けの選択肢が多岐にわたり、ねらう魚次第では上級者でも戸惑う高等テクニックが必須となる、研究のし甲斐があるスタイルとも言われています。

シーズンが変わればよく釣れる種類や大きさにも違いが出てくるため、自分がおもにターゲットにしたい魚をできるだけ具体的にシミュレーションしておき、それぞれの種類に合わせた効果的なテクニックを身につける必要があります。

イカ釣りに必要なテクニックを教えます

イカ釣りはシーズンを問わず安定して楽しめますが、特に春先と秋口にピークをむかえると言われ、中でも秋口は比較的警戒心の弱い子イカがかかりやすく初心者には絶好のシーズンだと言われています。釣りの難易度としては春先に多く見られる親イカのほうが高いとされ、経験を積んでいるだけあって警戒心は子イカの比ではありません。

効率よく釣るうえでのコツは、とにかく待つことです。大物ねらいのようにアタリの瞬間に強くアワセてしまうと、警戒心の強い親イカはすぐに仕掛けを見抜いてしまい、バラシが起きやすくなります。水中にキャスティングしたあとはアタリを感じてもぎりぎりまで待っておき、ターゲットが安心しきったところでゆっくりと引き上げていく、というスタイルが基本となります。

イカ釣りに必要な釣具とは?

イカ釣りはルアーフィッシングの中でも基礎的なスタイルに入るとされており、竿とエサさえあればどんな場所でも楽しめるのが魅力です。標準的に使われているルアーとしてはエギやスピニングリールなどがあり、エサの種類と組み合わせればバリエーションは相当に広がることになります。

また、周辺器具選びも重要です。イカは特に傷みやすい魚とされ、真夏はもちろんのこと気温が上がりはじめる初夏から梅雨時期に欠けてもクーラーボックスの持参が不可欠だと言われています。秋口にかけてのイカ釣りは天候が変わりやすいため、天気予報を念入りにチェックし、天気急変の可能性が少しでもあれば雨具を荷物の中に詰め込むようにしましょう。足場の悪い磯釣りではなるべく転びにくく動きやすい安全靴を選ぶのが基本です。

高価買取が可能な釣具とは?

イカ釣りで使われるルアーや仕掛けは汎用性が高く、ビギナーからベテランまで長いスパンで使用できるため、中古市場での買取相場も比較的安定しています。また、どのシーズンでも同じ査定基準で買い取ってもらえるわけではなく、春先や秋口など、イカ釣りが最盛期をむかえるタイミングをつかんで売りに行くと、商品そのものの価値以上の買取価格をつけてもらえるかもしれません。

海外ブランドの一点ものなど、マニア垂涎の高級品をコレクションとして多数所持している場合は、ネットオークションなどに出品すると運が良ければ店頭での査定基準よりもはるかに高額で引き取られる可能性があります。ただし、ネットでの釣具の取引には危険性がともなうため、初心者のうちは信頼のおける買取専門店に持ち込んだほうが安全です。

まとめ

食卓でもおなじみのイカは、釣りの世界でもポピュラーなターゲットです。春先と秋口にシーズンのピークをむかえ、警戒心がまだ充分に育っていない幼魚の多い秋口のほうがビギナーにとっては難易度が低いと言われています。

大型魚のようにダイナミックなアワセは必要なく、相手の動きを見きわめた繊細なルアーさばきがもとめられます。一般的なスタイルではエギがおもに使われますが、その他のルアーや仕掛けでも代用可能であり、このあたりがビギナーがとっつきやすいスタイルのひとつと言われる理由です。