中古で出回る釣具の正しい選び方

趣味として釣りを楽しみたいけど、あまり釣具の購入にお金を掛けたくない・・・そう思って釣具の中古用品に手を出す方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、中古で売られているものの中にはたまに挙動がおかしなものや不良品も含まれているため、安易に手を出すと思わぬ失敗や損をすることになってしまいます。

では、失敗や損をせずに釣り道具の中古用品を選択する方法はあるものなのでしょうか。

中古の釣具をどこで購入するのがいいのか

趣味として釣りを嗜む方なら、釣具を安く手に入れる手段として一度は、中古品の購入を考えたことがあるのではないでしょうか。

基本的に中古の釣り用品が売られている場所は、大まかに言ってネットと実店舗の2種類です。
ネットで購入するならオークションや通販が考えられ、実店舗であれば中古の釣具の買取を行っているような専門店が挙げられでしょう。

では、ネットと実店舗、どちらで購入するのが適切なのでしょうか。
決め手としては、「現物を見たいか見たくないか」にあると思います。

ネットで購入する場合は、当然ですが現物を実際に見ることはできません。
あくまでネット上にアップされた写真や情報を元に選択することになります。

しかし、実店舗では現物を見ることができます。
現物の使用感を確かめたいのなら実店舗、わざわざ実店舗まで行くのが面倒だと言う方はオークションや通販を利用するのが良いでしょう。

中古になっている理由の見極め方について

中古の釣具、経済的に安く必要なものを手に入れる手段として便利な方法ですが、市場に出回っているものがなぜ売られることになったのか、考えたことがある方はいらっしゃいますか?
中古の釣具になった理由について考えれば、商品の状態に関してある程度把握することができます。

中古品の主な例としては、汚れや傷が目立ち、それによって使いづらくなったため売りに出されたものが挙げられます。
このようなものは大抵安く売られている場合が多いですが、安易な判断で選んでしまうと失敗する場合が多いため、しっかり現物を見て問題ないか見極めた方が良いでしょう。

ただ、中古で売られている釣具の中でも、上手く見極めることによって得をするものがある場合があります。
例えば、未使用品や未開封品などが挙げられるでしょう。
これらが出回っている理由としてはいくつかありますが、「欲しくなって買ったけど結局使わなかった人」が売りに出した場合が多いとされています。

中古の釣具のチェック項目

最後に、これから中古で釣具を購入したいと考えている方が注意すべき点について見ていきましょう。

重要なポイントとしては、「安さに釣られて購入しないこと」です。

なぜかというと、安く売られているものにはそれだけ安く売るに値する理由が多々あるためです。
そのため、これから中古の釣具を買う方は、いくつかのチェック項目を押さえてから購入するのがおすすめです。

そのチェック項目の一つ目として、まずは「現物の使用感を確かめて問題ないか確認する」ということが挙げられます。
今後何度も使用することになる釣具なら、使用感に問題があるものは購入しない方が無難です。
ただし、メンテナンス次第では使えるものもあるので、この辺りは自分のメンテナンステクニックがどの程度か把握してから購入を検討すると良いでしょう。

次に、中古で売られている釣具の外観に問題がないか確認することです。
いくら使い勝手が良かったとしても、外観が悪いと今後使用していく際に気分を害する恐れがあります。
見栄えが気になる方は購入する際、よく現物の外観を確認しておいた方が良いでしょう。