ルアー釣具を高く売り安く買うマル秘テクニック

ルアーは、魚の餌になる小魚や昆虫に似せた擬似餌のことで、魚の視覚、嗅覚などに訴えかけて直接的に魚を誘います。そんなルアーは、非常に種類が豊富で釣りたい魚や釣りのスタイルによって多くのものを持っていると楽しみの幅が広がります。

不要なものは売り、新しく欲しいものを購入出来たらより様々なルアーを手にすることができます。売る際には出来るだけ高く、買う際には出来るだけ安く買うためには、どのようなテクニックがあるのでしょうか?

釣具を売買する際の手段の種類と特徴とは?

釣り好きの人なら、必要が無くなった釣具を売って、新しい釣具を購入したり、釣りに行くためにかかる費用にしたいと思われることがあるかと思います。そして、新しい釣具を購入する時にも出来るだけ状態の良いものを出来るだけ低価格で購入したいと考えるでしょう。では、釣具を売買するには、どのような手段があるのでしょうか。

まず、購入時にしか使用出来ませんが通常の釣具店での購入です。商品の品揃えや購入時、購入後のサポートが非常に充実していますが、一方で値段は他と比べると高くなります。次に、中古釣具専門店です。購入の際は自分の欲しかったものがかなり安い値段で購入できますし、取り扱い終了の品物なども見つけることができます。売る際には、すぐに現金に換えてもらえるというメリットはありますが、買取金額が非常に低いという点もあります。

次に、オークションでの売買があります。メリットは自分が思った以上に高い値段で売れることがあるという点です。デメリットとしては手間がかかるということがあります。出品から、交渉、発送まで全て自分で行わなければならないので時間と手間はどうしてもかかってしまいます。購入の際には、人気の商品に関しては競争相手が多く、安く買うことが難しいという点があります。

その他にもフリマサイトでの売買や、友達や知人同士での売買など手段は色々ありますが、どれもメリットとデメリットがあります。自分はその手段が合っているのか、見極めることも必要になります。

ルアー釣具を高く売るマル秘テクニックと注意点

ルアーはどんどん新しいものが欲しくなるものでもあるので、不要なものは売ってお金にしたいと考える方が多いです。しかし、元々そんなに高いものではありませんし、小さなものなので買い取り店に持っていってもほとんどお金にならないというケースが多いです。

手間を惜しまないのであれば、まとめてオークションに出品した方が少しは高く購入してくれる方がいらっしゃるかもしれません。もし、それでも買取店に出すという方は、一つのお店だけで決めるのではなくいくつかに査定金額を出してもらってから、比較して売るようにしましょう。そして、少しでも高く売るために自分でできることとしてはお手入れをしっかりと行うということです。

釣りに行って使用した後には、必ずぬるま湯で海水を落とします。この時に、付いていた汚れやゴミも一緒に洗い流します。洗った後は、きちんと干すようにしましょう。これを怠ると、錆の原因となります。錆ついてしまったルアーは、買い取りが非常に難しくなります。

メンテナンスが重要なのは他の釣具も同様ですが、ルアーのお手入れはそんなに難しいものではありませんので必ず行うようにしましょう。

ルアー釣具を安く買うマル秘テクニックと注意点

中古釣具店や、オークションなどで中古のルアーを購入することで新品に比べると手頃な価格で購入することができるので、状態の良いものを購入することが出来ればとてもお買い得です。しかし、値段だけに惹かれて購入すると、逆に損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

まずは錆の有無の確認は必須です。針の部分だけであれば交換することも可能ですが、本体部分にまで錆が及んでいる場合にはメンテナンスもきちんとされていないものなので購入はおすすめできません。また、本体にひびが入っている場合もあります。木製の場合、水が浸み込んでしまい使い物にならなくなってしまいます。

中古ルアーの場合は、パッケージが無いものが多いことにも注意が必要です。商品自体にメーカー名が記載されていない場合には、よく似た別物という危険性もあります。ルアーを中古で出来るだけ安く買いたいという方は、塗装の剥がれは気にせず購入することをおすすめします。

塗装は通常の使用でも徐々に剥がれてしまいます。しかし、多少の剥がれであっても、低い価格で設定されている場合がありますので、そういったものはお得に購入することが出来ます。