【帽子】夏の釣り服装をご紹介【靴】

夏場のフィッシング、紫外線対策は十分にしていますか?日焼け止めを塗るのも大切ですが、炎天下で長時間過ごしていると汗をかくので、日焼け止めを何度も塗り直さなければならず、顔の紫外線対策には帽子が不可欠です。フィッシングの際、ルアーや針が頭に当たることがありますが、そんな時も帽子をかぶっていれば事故を防ぐことができます。その他に突然の雨風も帽子があれば視界をキープすることができます。このページでは夏のフィッシングにはかかせない色々な釣りグッズをご紹介します。

帽子はどうすれば良い?

まずおすすめなのは、ハット型の帽子です。夏の強い日差しから守ることができ紫外線対策をするにはピッタリです。専用のフィッシングキャップは、紫外線から守るだけでなくメッシュ素材のものや防水素材のものなど、フィッシングで役立つ機能が豊富で様々な種類のハットが登場しています。
その他、キャップ型の帽子も顔に当たる紫外線を防止することができますし、頭にフィットする形のものを選べば風で吹き飛ぶことも無く安心して使うことができます。しかしキャップ型の帽子は、首の後ろに当たる紫外線まではカットできないのでネックシェード(日除け布)を付けることをオススメします。
また、帽子をかぶることで熱中症の対策にもなります。安心してフィッシングを楽しむため、夏場は帽子が必須と言えるでしょう。

靴はどうすれば良い?

夏の水場では「暑いから」「どうせ濡れるし」といった理由で裸足やビーチサンダルで釣りをしている人をよく見かけますが、とても危険なため、夏場のフィッシングにおいても必ず靴を履くようにしましょう。釣り場にはあちこちに針や仕掛けが落ちています。踏んでしまうと針で怪我をしてしまう原因になりますし、ブヨやヌカカという吸血昆虫が足を狙ってくることがあります。噛まれると数日は強烈な痒みに襲われることになりますので裸足やビーチサンダルでのフィッシングは危険です。しっかりと足の甲までガードできるシューズ選びをしましょう。

フィッシング専用としてよく選ばれる靴は、マリンシューズと呼ばれる水陸両用のシューズです。川や足場の悪い場所での釣りはどうしても靴が濡れてしまうことがありますがマリンシューズは通水性があるので濡れても問題ありません。また速乾性が高く、滑り止めの付いている商品を選べば、滑って転倒する危険性も低くなりますのでおすすめです。

その他で必要なもの

夏の釣りで必要なグッズとしてサングラスは欠かせません。特に偏光サングラスを選ぶのがおすすめです。夏場は特に太陽から強い光線が出ていてその太陽光線が海に反射して光ります。これを雑光と呼びますが、偏光サングラスなら特殊なフィルターが雑光を取り除いてくれるので水面を観察しやすくしてくれます。

水中を見ることで魚の動きがわかるだけでなく岩場や海藻などの場所が分かればその近くに隠れている魚を狙うなど、釣りをより楽しくさせてくれます。偏光サングラスは夏場の釣りだけでなく車の運転の際やランニング、ゴルフなどにも使えますので一つ買っておくと良いと思います。

まとめ

紫外線が強く降り注ぐ夏の釣りにはウェアだけでなく小物選びも大切です。顔に当たる紫外線から守ってくれる帽子は様々なメーカーから色々な形状のものが出ていますが選びかたのポイントをしっかり抑えて用途に合った帽子を選びましょう。

また、海釣りでも川釣りでも靴は安全性の観点からとても大切です。足場の悪い水辺でも滑りにくいタイプのシューズや通水性の高いものなど、自分に合ったシューズを探してみるのも良いですね。正しい小物選びで夏のフィッシングを楽しみましょう。