オークションを使いこなそう!中古釣竿をゲットするまで

できるだけ安く釣竿を手に入れたい方にとって、助けとなるのがネットオークションの存在です。
しかし、安易にオークションに手を出すと意外と高くつき、結果として「中古より普通に定価で買った方が良かったのではないか?」という結果になりかねません。

オークションを利用して釣竿を購入する場合は、注意しなければいけないポイントがいくつか存在します。
これからオークションを利用して中古の釣竿を購入する方は、ぜひ注意のポイントについて確認しておきましょう。

オークションを使いこなそう

釣りをするのに必須となる釣竿は、オークションなどを利用して数多く売買されています。
もちろん取り扱われている商品は良質なものから粗悪な品まで、ピンからキリまであります。

「中古でもいいからできるだけ安く釣竿を手に入れたい」と考える方であれば、ぜひオークションを利用してゲットする方法がおすすめです。

特にあまり人気のない釣竿を購入したい場合、オークションではほとんどが安い値段で出品されていることがあるので、かなり狙い目です。
また、あまり通常の店舗や釣り市場に出回っていないような、レアな釣竿をゲットしたい場合も、オークションの利用がおすすめです。

とくに有名メーカーの型落ち品や既に製造販売が中止されたような品をゲットしたい場合、通常の釣り具店や中古店ではほとんど手に入れることはできません。
しかしオークションであれば、運が良ければそうした品をゲットできる機会に恵まれることがあります。

オークションで安く落札する裏技

欲しい釣竿を中古で安く手に入れるためにオークションを利用する方は増えていますが、ポイントを押さえて利用しなければあまりその恩恵を受けることはできません。
オークションで安く落札するための裏技と呼べる方法を知っていれば、満足のいく買い物ができると思いますので、ぜひ知っておきましょう。

まず裏技として最も重要なのが、欲しい釣竿を見つけた際、すぐに入札しないことです。
これはなぜかというと、入札数を少しでも減らして入札金額を上げさせないようにするためです。
すぐ入札してしまうと、また別の人が入札した場合、再び自分で入札する必要が生じます。
すると無駄に入札金額が上がってしまいますので、もし入札金額を安くして落札したいのなら、終了ギリギリに入札するのがベストです。

また、時期外れの釣竿を狙うのも良いです。
今が旬の魚を釣るのに適した釣竿の場合、入札者が増えるため金額が上がります。
しかし時期外れの釣竿であれば、競争者があまりいないため、良質な中古釣竿を安い値段で落札することができます。

オークションでの注意点

オークションの利用といっても、その仕方を間違えると思わぬ失敗をしてしまうことがあるので注意が必要です。
特に一度もオークションを利用したことがない初心者の方は失敗することが多いので、何に注意すべきかよく確認しておきましょう。

まず、入札する前に気をつけるべきことして、「自分がどれだけ中古釣竿の購入に予算を使えるか、事前に決めておくこと」が挙げられます。
オークションにのめり込むと、ついついお金を使い過ぎてしまうことがあります。
事前にしっかりと予算を決め、お金の無駄使いを避けるようにしましょう。


また、出品されている商品で分からないことがあれば、出品者に問い合わせておきましょう。
特に出品されているものの状態が現在どうなっているかは、出品情報だけでは十分に掴めないことがあります。
事前に出品者に確認を取っておくのが無難です。

そうしておけば、落札していざ中古釣竿が家に届いた時、「思っていたのと違った」などというトラブルを避けることができます。