ダイワは冬釣り用のウェアが大人気!

冬釣りでは大型魚が釣れやすく、なおかつ天候の急変が少ないため初心者でも安心して釣りを楽しめますが、強烈な寒さはいかんともしがたく、寒さが苦手だから冬釣りには行かない、と決め込んでいる人も少なくないようです。

幅広い釣りファンの方に冬釣りならではの醍醐味を存分に味わっていただくためにも、今回は大手釣具メーカーのダイワがリリースしている防寒ウェアなどおすすめアイテムを御紹介します。

一流釣具メーカーの隠れた人気アイテムはウェア

初心者のうちはフィッシング専用のアイテムというとルアーやロッド、小物入れなどをイメージするかもしれません。もちろん、ルアーやロッドがなければ釣りを楽しむことができませんからそのイメージは正解なのですが、それらと同じくらいにウェア選びも大切な要素なのです。

とくに真冬、寒さのきびしいエリアで長時間釣りを楽しむ場合には徹底した防寒対策が必須となるため、ビギナーのうちから自分に合った防寒ウェアをそろえておく必要があります。

正直なところ、寒いシーズンに釣りをする際に防寒具やウェアがないと釣りを楽しむことができませんし、知らず知らずの内に体力が消耗されてしまうので自分の力をおもいっきりだすこともできません。

大手釣具メーカーのダイワはルアーやロッドのクオリティはもちろんのこと、防寒ウェアのすぐれた品質でもユーザーから支持されており、「初心者はまずダイワから入れば間違いない!」とまで言われるほど浸透しているのです。

防寒といってもただ単に風を通さないだけでなく、空気の層を利用して内部の空気を効率よく温めることで、保温性をよりいっそう高めるという効果もねらっています。ふたつの作用の相乗効果によって最高の着心地に仕上がっており、たとえば極寒の北海道などで夜通し夜釣りを楽しんだとしても体が底冷えすることがありません。上半身だけでなく、下半身や足もとも同じくダイワの高性能防寒ウェアで保温すれば、まるで全身が自然の暖房器具に包まれたような優しいぬくもりを得ることができ、真冬の寒さを気にせずに趣味の釣りに没頭することができます。これから始める初心者だからこそ、防寒具やウェアにこだわってほしいといえるでしょう。

冬釣りで大活躍の防寒ウェアが豊富に揃っている

ダイワの防寒アイテムはバリエーションが豊富であることでも知られています。「防寒具なのだから寒さをしのげればいい」という発想ではなく、デザイン性にもきちんとこだわり、男性や女性、あるいは子どもにまでかっこいいと思われるようなスタイリッシュな防寒具をつねに生み出しつづけています。

冬場の防寒具選びでより重要なのは足もとの保護です。昔から「頭寒足熱」とよく言われるように、人間は足もとから寒さを感じる性質があり、足先の冷えは体全体の冷えにつながります。

言い換えれば足もとさえきちんと保温できていれば、たとえ寒さがきびしい屋外であってもそれほど極端な寒さを感じることはなく、体温が急激に低下して命がおびやかされることもないのです。

もちろん、本格的な防寒にあたっては足もとの保護だけでは不充分で、腰まわりや肩、首もとなどリンパに近い部分を寒さから守ることにより血液の冷えをふせぎ、屋外での冬釣りにも対応できる防寒対策となるのです。「リールの感覚が鈍る」といって真冬でも手袋をつけずに釣りを楽しむ方がいますが、手の指もまた体の中で冷えに弱い部位のひとつです。極端な寒さをあまりにも我慢していると低体温症のリスクが高まりますので、冬場の釣りでは必ず手袋を装着するようにしましょう。ダイワであれば操作感を損ねない手袋が取りそろえられていますので、ぜひ一度お試しください。

女性にとっては防寒性もさることながら、ファッション性も重要な要素ではないでしょうか。ダイワの防寒具なら性能だけでなくデザイン性にも徹底的にこだわっており、女性から見てもオシャレだと感じられる色合いの防寒具が多数リリースされています。また、カラフルな防寒具はファッション性を追求しているだけでなく、夜釣りなどで万一のトラブルに巻き込まれた場合に遠目からでも発見されやすい、という意味合いが込められています。このあたりも豆知識として覚えておきましょう。

ウィンドブロックジャケットは防風機能で暖かく、大人気

「風を徹底的に遮断する」という防寒の基本に忠実に開発されたのがダイワのウィンドブロックジャケットです。何ともシンプルでわかりやすいネーミングですよね。真冬の寒さを完璧にガードする高密度ニットの採用によって保温性を究極まで高め、なおかつストレッチ素材を使用することにより機動性も両立させた、まさに冬釣りのための定番アイテム。ちょっとした小物を入れるための収納ポケットがもうけられているので、エサや釣糸など、釣りの最中に何度も必要になるアイテムをストレスなく出し入れすることができます。

アウターであると同時にミドラーとしての機能ももち、分厚いアウターとインナーの間にきてもごわごわ感がまったくありません。吸湿性にすぐれているため、長時間におよぶ夜釣りで汗をかいたとしても不快感が残らず、汗によって体が急激に冷えることもありません。見た目にもスリムで、いかにも「防寒具」という感じがなく、防寒ウェアとしてスタイリッシュである点も幅広いユーザーから根強く支持されるポイントであると思われます。

ウェアといえど、機能性だけに偏っていてはよくありませんし、大好きな趣味だからこそ見た目にもこだわりたいとおもうのが常ではないでしょうか。ちなみに女性向けのサイズもありますので、安心していただければとおもいます。

ウィンドブロックジャケットとあわせてそろえておきたいのがレインウェアです。雨の中の釣りは季節を問わずやっかいなものですが、とくに真冬に降りしきる雨は寒さをよりいっそう厳しく感じさせ、ただ立っているだけでも急速に体力が奪われていきます。保温性と防水性をかねそなえたダイワのレインウェアを着用することによって、寒さのきびしい雨の日でも体力を温存しつつ集中することができます。

まとめ

寒さによって体力がうばわれていくという意味で、冬はアングラーにとって過酷な季節と言えるかもしれません。しかしながら、ダイワが開発した高密度のウィンドブロックジャケットなどの防寒ウェアを身につけることによって、体を冷やすことなく魚を釣ることができます。