冬の投げ釣りで人気のカレイを釣るためのおすすめの釣具とは

季節によって釣れる魚の種類は変わってきます。冬によく釣れる魚として有名な種類のひとつがカレイです。

釣り好きな方でも、これから始めようと思っている方でも、カレイを釣るためのポイントや釣具の種類などを分かりやすく詳しく紹介したいと思います。どんな竿やリールを使えばいいのか、釣る際のポイントはあるのかなどを一緒に見ていきましょう。

カレイの釣り方のポイントとは

まずはカレイ釣りのポイントから説明したいと思います。

カレイは砂の中や泥底に生息しています。産卵の時期が秋から冬に掛かっており、その時期だけ海岸付近へ集まってくるので、船などを出さなくても海岸沿いで気軽に釣ることができるのです。

そんなカレイは投げ釣りという方法が一般的です。専用の竿を使ってなるべく遠くへ飛ばして魚を捕る方法です。カレイは砂や泥に潜っている魚なので、小さな動きに敏感です。投げ打ったエサはあまりユラユラ動かさずに、一箇所に留まってエサに食らいつくのを待つ、というのがカレイ釣りの大きなポイントです。割と根気のいる釣り方ですので、竿を2、3本用意して同時に設置して楽しむという方法を取っている人も多くいます。

海には潮の流れがあります。堤防の先端やカーブ付近は流れが捉えやすいので、その辺りに竿を設置しておくこともポイントのひとつです。

使用する投げ竿の特徴とは

では、どんな竿を準備すればいいのでしょうか。

先程も少し触れましたが、カレイ釣りの基本は投げ釣りです。ですので投げ釣り専用の竿が必要になってきます。魚の種類によって、どのくらい遠くに投げれば上手く釣れるのか、投げる長さが変わってきます。竿の種類も実に様々で、100メートル以上投げられるものもあるくらいです。カレイに関しては、そんなに遠投げしなくとも海岸付近で釣れるため、4メートル前後投げることができる竿であれば十分だと言えます。最もオーソドックスな投用の竿です。

カレイ釣りは一箇所にポイントを絞って、竿を動かさないという釣り方が基本なので、いかにコントロールして目的のポイントに落とせるかが重要になってきます。竿を選ぶ際は、コントロール機能の高いものや投げやすいものなどを念頭に置いておくことをおすすめします。

リールの種類によっても成果が変わる!

竿の次に、リールも合ったものを選ぶことが大切です。リールの種類によっても釣りの成果は変わってくるのです。

長時間、竿や先端を安定させることが重要であるため、リールも安定性が高くなくてはいけません。そのためにはドラグ付きのリールがおすすめです。ドラグとは、釣り糸の長さを調整するためにリールの上部分に付いており、一般的には向かって左側へ回せば糸が緩み、右側へ回せば糸を巻くことができますし、長さを固定しておくこともできます。このドラグが付いていないと、潮の流れや波の動きで糸が勝手に動いてしまうため、エサの位置が安定しなくなるのです。安定が条件である魚の場合には、ドラグ付きのリールは必須です。

ですが、物によっては非常に重いものもあります。店員さんと相談しながら、持ちやすいものを選ぶようにしましょう。

まとめ

カレイ釣りの基本はポイントを定めて投げれば、あとは待つだけというシンプルな方法なので初心者の方でも気軽に楽しめる方法です。根気が必要ですが、釣れた時の喜びは大きいでしょう。

潮の流れに合わせることで食らいつく確率も上がりますので、早朝の干潮時刻を狙って集まる方も多いようです。寒い時期の早朝なので防寒対策をしっかり取りながら楽しみましょう。