堤防でのルアー釣りでは何が釣れる?

手軽に始められるスタイルとして、堤防釣りを覚えるビギナーが増えています。投げからウキまで幅広い遊び方ができるのが魅力のひとつで、より高度なテクニックが試せる環境として上級者にも安定した人気があります。

ウキやルアーを使った釣りも、堤防で行う場合は堤防特有の注意点があるため、ビギナーの方は始める前に先輩からアドバイスを受けておきましょう。必要なアイテムをゼロからそろえる場合は、釣具専門店のスタッフに上達するポイントを聞いてみるのも良いかもしれません。

堤防では何が釣れる?

堤防釣りはルアーフィッシングとウキ釣りの良い面をあわせもった贅沢な釣りのスタイルです。そのため釣れる魚も幅広く、初心者にも比較的釣りやすい小魚から上級者でも腰を据えたテクニックが必要な大物まで、多様な種類をねらうことができます。季節によってもターゲットは異なり、四季折々の空気を肌で感じられるのも魅力のひとつです。

春はメバルやクロダイなどの時期で、夏はアジやキス、秋はサヨリにスズキ、冬はアオリイカと同じポイントでもターゲットが変わっていきます。ウキフカセ釣りやサビキ釣りなど、フィッシングの基本とも言えるテクニックを身につけられるのも醍醐味で、堤防釣りをマスターすればほかのスタイルもすぐに覚えられると言われています。

ルアー釣りの仕掛け方

堤防釣りであっても、そのルアー選びは他のスタイルとそれほど変わりません。プロ志向の本格的な投げ釣りでは頑丈で重量のあるタックルが必要なため体力勝負となりますが、メバルやメジナなどポピュラーな小物をねらうのであれば、初心者向けの安価なタックルでも充分な釣果を期待することができます。

仕掛けの工夫はもちろんのこと、より重要となるのは魚がヒットした際のテクニックです。ターゲットによってコツがまったく違うため、その都度新しいテクニックを身につける必要があります。基本的に警戒心の強い魚はすぐには釣り上げす、魚が完全に安心するまでしばらく泳がせる方法が有効とされています。堤防はほかのポイントよりも泳ぎに長けた魚が集まりやすい傾向にあり、釣る側にもそれ相応の覚悟と忍耐力、そして熟練度が求められます。

初心者におすすめのポイント

堤防釣りにかぎらず、釣る側としてはなるべく魚の集まりやすいポイントをおさえておきたいところです。海流や海水温は季節によって違うため、同じポイントでも当然ねらえる魚は変わってきますが、共通して言えることは「明るい場所にいれば釣れやすい」ということです。

たとえば夜間でも常夜灯がついているポイントは明かりに引き寄せられて小魚が密集しやすく、うまくタイミングが合えば短時間で何十匹もヒットする入れ食い状態に発展することもあります。また、魚の回遊コースにあたるポイントでも小魚がかかりやすく、魚群をいかに素早く察知するかがアングラーとしての腕の見せどころとなります。しかしながら、せっかくまとまった魚群に遭遇しても肝心なテクニックが未熟であれば充分な釣果は期待できないため、基本テクニックはとことん磨いておきましょう。

まとめ

磯や渓流などで釣る場合と違って、堤防での釣りはポイントがある程度人工的に管理されていて足場も比較的安全なため、ビギナーや女性、子どもにも安全に楽しめるメリットがあります。初心者向きでありながら、泳ぎに長けた魚が集まる傾向が強く、テクニックを極めた熟練者やもうひとつ上のテクニックを磨きたい上級者にも定評のあるスタイルです。

より短時間で効率的に釣果をあげたいのであれば、まとまった魚群が通過するポイントを研究しておき、なおかつヒットした魚を逃がさないためのコツも身につけておきましょう。