レバーブレーキリールとは?高く売れるブランドは何?

近年、海釣りが好きな方の間では、レバーブレーキリールと呼ばれる、新しいタイプのリールが使われるようになってきました。ここではレバーブレーキとは、どんなリールなのか?どういった場面で使うのか?といったことを説明していきます。興味を持たれた方は、レバーブレーキリールを試してみてはいかがでしょうか?またひとつ、釣りに対しての楽しみが増えると思います。

レバーブレーキリールとは?

レバーブレーキリールとはなんなのか?簡単に説明をすると、スピニングリールにレバーが付いたものです。実は、日本特有のリールの機構で、元々は難しい磯釣りでも上手く釣れるようにしたリールです。
どうやって使うのかは、次の見出しで説明をしますが、磯釣りで釣ることができる魚の中には、遠くに逃げ出す魚ばかりではなく、下に潜っていって岩の隙間に逃げようとする魚もいます。そうすると、糸を出すばかりのドラグ機構を持った従来のリールの場合は、岩などで糸を切られてしまいます。そのことから、魚が動く速度よりも糸を多く出して魚を驚かさせ、体力を奪ってしまうことができるようにしたものがレバーブレーキリールなのです。
始めの内はパーツの多さもあって、重くて高額なものが多かったりしたのですが、最近では、チタン製のものなどもあり軽いものが多くなってきて、低額なものも増えてきています。

レバーブレーキリールの使い方

それでは、レバーブレーキリールの使い方を説明します。先にも少し説明をしましたが、現在のリールにはドラグ機構といった、魚が逃げる時と同時に、糸を同じくらい出すといったシステムが付いていることが多いです。ですが、磯釣りの場合はドラグがあったとしても、岩などに引っかかってしまえば糸が切れてしまうこともあります。
そこで、リールにブレーキ機構を搭載して、そのブレーキを外し、普通ならできないリールを逆方向に回してしまい、糸を多めに出してしまうといったことが、レバーブレーキリールでは可能なのです。多めに糸を出すと、魚は「アレ?」といった感じで、ゆるゆる泳ごうとして力を緩めます。そしたら、またリールを普通に巻いて魚を引っ張るのです。その繰り返しによって魚の体力を奪ってしまい、釣り上げやすくするといったものがレバーブレーキリールなのです。
ただし、レバーブレーキの操作は非常に難しいもので、自分が簡単に釣れる魚などの場合でも練習をするようにしてみてください。使うことに慣れると、シーバスやグレなどといった、釣ることが難しいと言われている魚でも、これまでよりも容易に釣ることができるようになるでしょう。

高く買取可能なレバーブレーキリールのブランドと商品を教えます

最後に、レバーブレーキリールで高く買取可能なブランドと商品を紹介します。ブランドに関しましては、やはりダイワとシマノのレバーブレーキリールが高額で買取してもらえる傾向にあります。まずは、ダイワのレバーブレーキリールから5種類。インパルトα3000LBDが10000円前後。トーナメントISO競技LBDが14000円前後、銀狼LBDが20000円前後、長尾モンスター4000LBDが30000円前後で買取できます。またトーナメントISO競技LBDが38000円程度です。
続いて、シマノのレバーブレーキリールから5種類ご紹介します。15BB-Xリンカイスペシャル1700DXGが21000円前後。14BB-Xハイパーフォースシリーズが22000円前後。12BB-XレマーレP5000DHGが26000円前後。15BB-X_BB-Xテクニウム2500DXGS-LEFTが38000円前後。15BB-X_BB-XテクニウムC3000DXGS-RIGHTが43000円前後。といった感じで高額な買取価格に期待が持てます。

まとめ

レバーブレーキリールの紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?磯釣りなどで、どうにも釣果が上がらない方は、利用してみると良いと思います。練習は必要ですが、慣れた人達からは多くの喜びの言葉を聞くことが多いです。ドラグリールに飽きてしまった方も、ぜひ挑戦してみてください。