シマノ製の釣具買取の相場は?

釣りをやらない人でも、シマノといった釣具のメーカー名は知っている人も多いことでしょう。シマノは、釣り番組などの大手スポンサーになっていますので、放送があるとコマーシャルの時には必ず出てくる名前です。ここでは、釣具の総合メーカーとなっている、シマノのロッド、リール、ルアーの特徴を説明。そして、高く買取が期待できる釣具を紹介していきます。

シマノのロッドの特徴と高く買取が期待できるロッドは

シマノのロッドの特徴としまして、特徴が無いといったことが挙げられます。単純にオールラウンド的な性能を持っていて、癖がなく普通に扱いやすいといった評価になります。シーバス、エギング、バス、トラウトと、数多くの種類の専用ロッドが販売されています。
2017年新製品&継続モデルの買取価格を調べてみると、シーバスロッドのエクセンススピニングシリーズに最高買取価格がついていまして、28000~30000円前後といった感じで、定価の45%で買取してもらえるようになっています。これらが高く買取が期待できるロッドです。
さらに、ロッドを高く買取してもらう方法は、釣りが終わったら、ロッドを分解して、しっかりと水洗いをしておくことです。査定をした時にロッドにヌメリが残っていたりすると、中古ロッドとして売りに出す前にクリーニングしてから出すので、その分の手間賃を査定の時に減らされることもあります。メンテナンスはしっかりとしておきましょう。

リールの特徴と高く買取が期待できるリールは

シマノと言えば釣具のメーカーとしては有名ですが、実は、自動車や自転車の業界においてギアメーカーとしても有名です。そして、そのギアの性能は、釣具としてリールの性能にも生かされているのです。シマノのリールは、次々に飛距離、持久力を高めてきており、初心者だとしても比較的簡単に扱えるようなものとなっています。もちろん、上級者の過酷なテクニックにも対応できるほどのリール性能となっていて、多くの釣りファンに愛用されています。
リールも、使用したあとには水洗いをしたり、周りを布で拭いておくなどの手入れをしていたほうが買取価格は下がることがなくなります。高く買取が期待できるスピニングリールは、2016年式のヴァンキッシュシリーズ、2017年のツインパワーシリーズ、エクセンスシリーズなどのリールが、定価の50%で買取してもらえます。他の種類のリールもシマノの場合は、高く買取が期待できますので調べてみてください。

ルアーの特徴と高く買取が期待できるルアーは?

シマノでは、もちろんルアーも数多く販売しています。その模様は、まるで小魚を彷彿とさせるような、ウロコやヒレが細かく描かれていて、目に関しても生き生きとした感じに描かれているものが多いです。自然界では存在するわけのないピンクなどの色合いのルアーデザインも多く、魚達の興味を惹きつけるような感じになっているものもあります。
ルアーに関しましても、使用したあとには針の部分に肉片などが無いようにキレイにして、針が丸まっていたら研いでおくなどの手入れをしていると、査定価格が下がることを減らせます。シマノのルアーは、やはり人気が高く、オークションでは1000~1500円くらいの落札価格をつけていても、30件など多数の入札が入っていることが多いです。

まとめ

シマノでは、これまでにも全ての釣具を販売して、多くの釣りファンを魅了してきました。ここでは、ロッド、リール、ルアーについて紹介をしてきました。やはり、シマノの製品は買取価格に関しましても高めの価格がつくことが多いです。初心者だとしても上級者だとしても、安心して使用できる釣具メーカーがシマノなのです。