海釣りで使うメタルジグとは?

海釣りでは、テイルスピンジグにラバージグといったさまざまな種類のジグが使われますが、その中で金属を素材にしてつくられたものをメタルジグといいます。限られた釣りのスタイルでのみ使用されるため、手にする機会のない釣りファンも多いかもしれませんが、海釣りを覚えるうえでジギングはぜひともマスターしておきたいテクニックとされています。

リトリープやワンピッチジャークなど、メタルジグでしか味わえないテクニックやジギングの楽しみ方についてまとめました。

メタルジグとは?

ジグとは海釣りでよく使われる、魚の形に似せてつくられた仕掛けで、おとりのような役割を果たします。テイルスピンジグやラバージグなど、素材や形状によっていくつかの種類に分けられており、そのうち金属を主体としてつくられたものがメタルジグです。

メタルジグは言ってみれば金属の塊のため、手もとで操作を行わなければ水面にただ浮かんでいる状態になります。このままでは何のアピール効果もありませんが、フラッシング効果とよばれるものを上手に利用することによって、本来無機質なジグを本物の小魚のように見せることができ、エサだと錯覚したターゲットを効率よく釣り上げることができます。水中に沈みやすいという欠点をカバーするため、キャスティングしたら絶えず手もとで重みをささえ、本物の小魚らしい動きを演出するテクニックがもとめられます。

メタルジグの使い方は?

メタルジグを使った海釣りでは、リトリープ、ワンピッチジャーク、ジャカジャカ巻き、フリーフォールなどのテクニックが必要です。このうち初心者にとって必須とされるのがリトリープで、水中でジグを動かす速さを的確に調整することで、あたかも本物の小魚が泳いでいるかのように見せることができ、大物を釣れる確率が高まります。

複数のテクニックを状況に応じて組み合わせるのも有効で、たとえばリトリープとワンピッチジャークをテンポよく繰り返すことで小魚らしい動きによりいっそう近づけることが可能です。ジグを海底に落とすことをフリーフォールといい、ただジグを落下させるだけではなくターゲットの食いつきそうなタイミングを敏感に察知しつつゆっくりと底に下ろしていくなど、手もとの操作ひとつでもかなりのバリエーションがあります。

メタルジグを使うとどんな魚が釣れる?

メタルジグは光の反射を利用して魚をおびき寄せるタイプの仕掛けのため、アジやサバなど、光によく反応する種類の魚には特に有効です。アジやサバは群れで回遊する小魚を中心に捕食しているため、水中で光を放ち小魚のように動くメタルジグはまさにうってつけの仕掛けと言えるでしょう。

金属製のジグが最も威力を発揮するのは、ナブラが付近で発生している時です。ナブラとは小魚の群れが大物にねらわれて逃げまどっている様子を表す専門用語で、ナブラにうまく合わせてジグを動かせば、大物の魚はジグも小魚の仲間だと錯覚して簡単に食いついてきます。ナブラに合わせるコツを一度つかめば何度でも効率よく大物を仕留めることができるため、海釣りの醍醐味を思う存分味わうことができます。

まとめ

鉛などの金属からつくられたジグは仕掛けの中でも特に重量感があり、光の反射を利用すれば小魚をおもなエサとするアジやサバなどの大型魚をたてつづけに釣り上げることができます。金属製のためジグそのものは水中ではほとんど動かず、使いこなすためにはリトリープやワンポイントジャークなどのテクニックが必須となります。

重い仕掛けのため力の弱い女性や子どもにはいささか扱いが難しい点や、根がかりが多く底の浅いポイントでの海釣りには向かないなどのデメリットはありますが、大物を効率よくねらいたいベテランにとっては強い味方となるはずです。