ちょい投げ釣りとは?必要な竿などの釣具の中古買取は可能?

ちょい投げ釣りはとにかく、手軽さが魅力です。「ちょい」という言葉がついているように、本格的な投げ釣りよりもはるかに短い距離にオモリをキャスティングし、底に沈んだ魚などをねらいます。

キャスティングに力がいらないため女性や子どもでも安心して楽しむことができ、応用テクニックもすぐに身につけられます。サビキの方法もシンプルなためちょっとしたポイントさえ覚えれば魚に効率よくアピールでき、季節や時間帯を問わず安定した釣果を期待することができます。特別な竿はいらないため、ビギナーのうちは安価な中古品で基本を徹底的に体得しましょう。

ちょい投げ釣りとは何か?

オモリをくくりつけた投げ竿を近い距離にちょいと投げ入れることから「ちょい投げ釣り」と呼ばれています。何ともシンプルでわかりやすいネーミングです。ちょい投げ釣りにおいては特別な釣具やテクニックは必要ありません。竿は磯釣りなどで使われる4号~5号のもので充分ですし、テクニックといってもオモリを水中でゆっくりと動かすサビキの動作をマスターすれば初心者でも上級者と対等に釣果を期待することができます。

エサとして生きた虫を使うのが女性にとってはネックかもしれませんが、最近では乾燥した冷凍エサや仕掛けに素手でさわらないための手袋などが出まわっているため、エサによる抵抗感を薄くすることができます。リールは小型のスピニングタイプを使い、相性の良いオモリとテンビンを使うことによってさらに釣果をのばすことが可能です。

ちょい投げ釣りのメリットと釣れる魚は?

高度なテクニックがいらないことがちょい投げ釣りの第一のメリットです。少しの力でキャスティングができるため、女性や子ども、釣りそのもののコツをまだ身につけていないビギナーでも容易に感覚をつかむことができます。ちょい投げ釣りに特化したロッドやリールが必要ないことも初心者にとってはうれしいポイントです。

専用の釣具が必要ないということは、他のスタイルへの移行がスムーズになるということです。最初にちょい投げ釣りでコツをつかんでから中級および上級者向けの高度なスタイルにチャレンジすることもできますし、反対に他のスタイルで使っている釣り竿などをちょい投げ釣りに流用することもできます。ダイナミックな海釣りなどのように大物をねらうことは難しいかもしれませんが、釣りの基本となる細かいアワセなどを練習することができるため、釣りを楽しむ土台をつくることにつながります。

どんな竿やリールがよい?また中古買取は可能か?

釣具の中古買取は基本的に、リサイクルではなくリユースの世界です。つまり、安価なアイテムであっても保存状態が完璧で新品同様で使えるものであれば、メーカーやブランドに関係なくそれ相応の高値で引き取られることになります。言い換えれば、たとえ有名ブランドの高級釣具であっても日頃のメンテナンスがおざなりで使用状態が悪ければ高値での買取は望めないことになります。

ここ数年ではネットオークションでの釣具の取引が盛んになっており、年代物の釣り竿などは型番によっては数十万円単位の値段がつけられることもあるようです。ちょい投げ釣りでおもに使用される磯竿やスピニングリールは小型で量産タイプが多いためプレミアがつくケースは少ないと言われていますが、シーズンによっては相場が高騰することもあるため、中古市場の動向はつねにチェックしておきましょう。

まとめ

オモリの力を利用し、軽い力でふわりとキャスティングするのがちょい投げ釣りのポイントです。釣り竿は磯釣り用のもので充分代用でき、リールは小型のスピニングタイプが最適とされています。

アワセの強さとタイミングがすべてと言われているほどで、ねらう魚の種類によってはっきりと誘ってみたり、あるいは極端にアワセを弱くしたりと手さばきを工夫する必要があります。釣具の汎用性が高いため、古くなった釣り竿でも使用状態が良ければ安定した相場で取引されるようです。