価格に踊らされるな!中古釣竿の見極め術

欲しい釣竿があるが、自分の予算を超えていてなかなか手がでない。そんな経験はありませんか?そんな時に真っ先に思いつくのが、中古品の購入なのではないでしょうか。

もちろん新品と比べてしまえば、状態は劣りますが欲しかったものがより低価格で、手に入ります。しかし、価格だけを見て安いものに飛びついてしまうと後悔をすることになりまねません。

中古品と一口に言っても、その状態は実に様々です。中古の釣竿購入の際にチェックすべきポイントとは一体どのようなものなのでしょうか。

中古釣具店とリサイクルショップの違い

不要になった釣具を売りに出すとき、様々な方法がありますが買取業者に出すということになると中古釣具店かリサイクルショップに依頼することになるでしょう。どちらを選ぶかは個人の好き好きで、どちらが良いとは言えません。しかし、どちらにもメリットとデメリットがありますので双方を理解した上で選ばれることをおすすめします。

リサイクルショップは、釣具だけでなく様々なものを取り扱っているので、不要なものをまとめて処分したい場合や、引越しなどの際にはとても便利です。また、買取の基準が中古釣具店に比べて低いので釣具店に持っていって値段が付かないようなものでも買い取ってもらえる可能性があります。しかし、釣具に対しての知識がそこまであるわけではないので、本当は効果なものでもその価値をしっかりと価格に反映されない場合があります。

一方で、釣具の買取店であれば釣具の知識が非常に豊富なスタッフが査定するので、適正価格で買い取ってもらうことが出来ます。自分が思っていたものよりも、価値のあるもので高値で買い取ってもらえたというケースもあります。あまりにも状態の悪いものや、人気のないものは買い取ってもらえなかったり、ほとんど無償に近い金額になってしまう場合もあります。

自分の売りたいものの状態や種類によって、どちらを選ぶ方が良いかは変わってきますので、よく比較してお店を選ぶようにしましょう。

中古釣具の良し悪しを見るポイントを知ろう

中古釣具を購入するとき、あなたはどのような基準で商品を選びますか?自分のほしかったシリーズだから、見た目がかっこいいからといった理由だけで購入してしまうと、後悔することになるかもしれません。

中古の釣具を購入する際には、パーツごとにチェックすべきポイントがあります。まず、竿に関して言えばまずは本体部分に傷がないこと、ガイドリングが適正についていること、本体部分にカーボンを使用していないこと、劣化があまりにも激しくないこと、などです。

カーボンを使用した竿は、高弾性でありますが使用期間が長いと折れやすいというデメリットがあります。リールは、回転に不具合がないこと、糸が可能な限り綺麗なこと、糸が触れる部分に傷がないこと、などです。しかし、リールの不具合というのは実際に使用してみないと分からないといったことが多いのも事実です。

お店であれば、スタッフの方に聞いてみる、オークションやフリマであれば出品者に事前に確認することが必要になります。中古品であっても、良し悪しというのは必ずあります。自分なりの判断基準をしっかりと持って、購入商品を選びましょう。

中古釣竿購入の前に押さえておくべき注意点

新品で釣具を揃えるには、非常に費用がかかりますので自分の欲しい釣竿を比較的安く購入することが出来る中古での釣竿購入は非常に賢い手段であるといえます。しかし、いくら安くてもすぐに壊れてしまったり傷だらけのものであれば逆に損してしまうことになりかねません。中古品の購入を考える際には、新品を購入する時よりも念入りにチェックをする必要があります。

まずチェックしたいのはガイドです。錆が付いていたり、汚れが残っているものはしっかりとメンテナンスのされていないものだといえます。しっかりとメンテナンスされていないものだと、傷も多く破損しやすくなってしまいます。実店舗で購入するのであれば、実際に上下に振ってみることで、しなりや弾力性などを把握することが出来ます。変なひっかかりがあったり、違和感のあるものは避けましょう。

インターネット通販や、オークションでの購入であれば、実際に触ってみることは出来ませんので問合せをしてみたり出品者に質問してみたりすることで可能な限り状態を把握してから購入するようにしましょう。