釣具一式をそろえるためのおおよその値段は?

ロッド、疑似餌、クーラーボックス、タモ……本格的に釣りを楽しむためには、最低限これらの釣具が必要だと言われています。特にロッドやエサは釣りの成果そのものにかかわる重要なアイテムのため、選定には細心の注意を払わなくてはなりません。

同じポイントであってもねらう魚によっても最適なロッドが違うため、上級者になると常に数種類のロッドを持っていくことも珍しくないと言います。タックル一式そろえるとなるとそれなりの値段になりそうですが、中古品やアウトレットを活用すれば低いコストで道具をそろえることができます。どれくらいの価格になるのか、見ていきましょう。

川釣りに必要な釣り具とその値段の相場は?

川釣りは海釣りにくらべてねらえる魚が限られるうえに種類が多いため、中級者から上級者向けとされています。淡水魚は一般に海水魚よりも警戒心が強く、釣り上げるにも手先の繊細なテクニックと魚との距離感を正確につかむ勘の良さが必要とされます。

川釣り独特のスタイルと言えるのがフライフィッシングです。これは毛針というフライフィッシング特有の針をロッドやラインの先に結びつけ、海釣りにはない繊細なアタリと魚との一体感が楽しめる釣りのスタイルです。専用の釣具を必要とするため、ゼロからそろえようとするとそれ相応のコストがかかってしまいますが、最近では海釣りにも使える汎用性の高いアイテムが販売されているので、慣れないうちはそちらから始めてみるのも得策かもしれません。

海釣りに必要な釣り具とその値段の相場は?

海釣りとはその名の通り、海の魚を釣り上げるスタイルです。釣れる魚もメジャーな種類が多く、釣り上げる姿が見た目にも豪快なため、「海釣りこそ釣りの花形!」と言い切る人もいるほどです。

海釣りではルアーフィッシングやエサ釣りが主流で、ルアーの長さや錘の重量を工夫することで、ねらう魚のバリエーションもいくらでも広げることができます。海水魚は淡水魚と比較して食用に向いている魚が多く、海釣りでは釣り上げた魚をその場で調理してすぐに食べることも可能です。

このあたりが調理が難しい魚の多い川釣りとの大きな違いです。ただし、アマチュアでは調理が不可能な魚や毒性の強い魚も多いため、食べられる魚について事前に知識を仕入れておきましょう。

釣り初心者におすすめな釣りとその必要な釣具の値段は?

「警戒心がそれほど強くなく、なおかつ適度に釣れやすい」…このあたりが初心者にとってねらいやすい魚の条件と言えそうです。魚は基本的にはあまり知能は高くありませんが敏感なセンサーをもち、水面のわずかな物音にも危険を察知して逃げ出す性質を持っています。

魚の中でもとくに警戒心の強いフナは全身が鋭敏な感覚器官と言うことができ、ほんの少し手もとが狂っただけでも気配を察して猛スピードで逃げてしまいます。その点、知能と警戒心がともに低いブルーギルなどはエサへの食いつきもよく、多少ミスをしてもある程度力ずくで釣り上げられるため、難易度の低い魚と言われているようです。

足場が不安定な磯釣りなどでは安全靴などの付属品が必要となりますが、初心者向けの安全なポイントで釣りを楽しむ場合、1万円あればタックル一式をそろえることができます。

まとめ

海釣りと川釣りではターゲットとなる魚も違えば必要となる道具も変わってきます。川釣りではフライフィッシングとよばれる独特の釣り方が主流であり、細い針を使った繊細なスタイルが魅力です。海釣りは見た目が豪快で、釣ったその場で調理して食用にできる魚が多いため、釣りの王道として初心者にすすめる上級者も多いようです。

海釣りと川釣りでは基本的に必要な釣具が違いますが、最近は両方に使える汎用タイプの釣具セットも専門店などで売られています。どちらが自分に合っているか決めかねている人は、まずそちらから始めてみてはいかがでしょうか。