知りたい!釣具の買取金額をアップさせる秘訣

自分がこれまで大切に使用して様々な魚を釣り上げ、たくさんの思い出が募る釣具をできるだけ高い金額で買い取ってもらうためには、どのようなことに注意しておけばよいのでしょうか?そもそも釣具の査定とはどのようにして行われているのでしょうか?大切に使用してきた釣具が正当に評価されることなく二束三文になってしまっては悲しすぎます。そうならないための秘訣について見ていきたいと思います。

同じものでも査定金額が違うことがある?

商品が同じものだというのなら査定金額も同じになるのが妥当だと思っているかもしれませんが、実はそうではありません。釣具の状態や査定してもらうタイミングなどによって査定額は大きく変わってくるのです。自分がその商品を中古で購入する立場だと考えたら分かりやすいですよね。できるだけ傷が少なく綺麗に使用されていたものを購入したいと思うはずです。買取業者も、少しでも高く売れそうなものに対してそれなりの値をつけるということは想像に難くないでしょう。商品そのものの状態もさることながら、注意して欲しいのは査定を依頼する時の方法です。店頭に商品を持参して査定してもらうのが一番確実なようですが、近くに手頃な店舗がなかったり忙しくて持ち込むことが困難だったりする場合もあると思います。そんな時には出張で査定に来てもらうか商品を発送して査定してもらうこともできるようです。そうした場合に生じる費用を誰が負担することになるのか、事前にきちんと確認しておくことが大切です。商品を送った時の送料、査定に来てもらった場合の交通費、商品代金を振り込んでもらう時の手数料などが買取額から差し引かれることもありますので、結果として査定額が低くなってしまうこともあるようです。買取業者を選択する際には、こうした費用が全て無料であるところを探すか、面倒でもやはり直接持ち込むことを考えてみた方がいいかもしれません。マニアックに釣りを楽しんでいる人の中には廃番になったような釣具をわざわざ探してカスタマイズしているという人もいると言いますから、オークションに出品すれば買取業者の査定額よりも高値で買い取ってくれることもあるようです。ただその場合は細々とした手間がかかってしまうかもしれないので注意しましょう。

買取金額を上げるために自分でできること

一般的に高い査定額が期待できるのは人気のある釣具ブランドのものが多いようですが、その人気を決めるのは有名な釣人や世間一般の評価であることが多いので自分ひとりの力ではどうすることもできません。そうなると自分で釣具の買取金額を上げることは不可能なのではないかと思われるかもしれませんが、実はそうとも言い切れないのです。査定してもらう前に是非やっておいてほしいことは、釣具の汚れを落としたり磨いたりしてできるだけ綺麗な状態にしておくということです。これだけでも買取業者の印象は大きく変わってくると思いますが、商品を購入した時の体裁にどれだけ近づけておけるかがとても重要なポイントです。箱や説明書などが揃っていれば、かなりの評価が期待できるでしょう。売ることを決めたら、商品の準備をすると同時に考えたいのが査定してもらうタイミングです。古いよりも新しい方が望ましいことは言うまでもありませんので一日でも早い方が有利なのは確かですが、ここにモデルチェンジの時期が大きく影響してきます。一ヶ月に満たないほどの違いであっても、ニューモデルが発売される前と後とでは査定額に変動をきたすからです。愛着のある釣具を手放すとなると勇気がいるかもしれませんが、どうせなら高額で買い取ってもらえるように査定に出す時期を見定めましょう。そして査定を依頼する際には、多少面倒だとしてもいくつかの業者から見積もりを取って比較検討してみることをお勧めします。それと同時に買取業者のホームページなどから利用者の評判などをチェックしてみるとよいでしょう。口コミがあまり信用できないと思うのであれば、釣り仲間に相談したり釣人のブログを見て参考にするといいかもしれません。

使っているときから丁寧にお手入れをしておくことも重要

釣具を長持ちさせることにもなり、査定額をアップさせることにも繋がるのは日頃から十分なお手入れをしているかどうかということだと思います。どこで釣りをしたとしても釣具を使用した後は流水で洗い流したあとで、しっかりと乾燥させておくことが鉄則です。特に磯釣りを楽しむ場合には海水に含まれる塩分が釣り竿やリールを痛める原因となってしまうので気をつけましょう。この時に手が冷たいからとか、汚れを落としたいからと言ってお湯や洗剤を使用することは許されないのでやめましょう。だからと言って塩分がついたまま放置しておくとあっという間に釣具が錆びてしまいますし、餌や魚の汚れがついたままにしておくと悪臭の原因になってしまいます。あとになって溜まってしまった汚れを慌てて落とそうと思ってもなかなか落とせるものではありませんから、日頃のお手入れが重要なのです。使用したら毎回洗い流しておくことが大切ですが、何回かに一度はオイルやグリスを注入して念入りにメンテナンスしておいた方がいいでしょう。有名な釣具メーカーには専用のものが用意されていると言いますから、指示通りに使用することで釣具の寿命を延ばしたり良い状態を保つことができるかもしれません。ただ、念入りにお手入れをしたばっかりに勢い余って穂先を折ってしまったという話もありがちです。釣り竿は縦方向の力には強くても横方向の力には弱いつくりになっているので、うっかりすると簡単に折れてしまうのです。せっかく熱心にお手入れをしても、その度に釣り竿を折ってしまうようではいけません。釣りにおいて魚を釣り上げることも重要なことですが、その釣具の状態を良好に保つためには帰宅後の後処理もそれと同等かそれ以上に重要なひと仕事と言えますので、たとえ疲れていたとしても手入れをおろそかにしてはいけないのです。

まとめ

男女を問わず釣りを楽しむ人が増えてきた今日この頃。様々な理由から釣具の買取を依頼する人も増えてきました。ここでは自分の釣り人生を共に歩んできた大切な釣具を、適正価格で買い取ってもらうためにできることについて考えてみました。ちょっとした工夫で買取価格がアップするかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。