ルアー釣り必見!失敗しない釣竿(ロッド)やリールの選び方

釣りにかぎらず、どんな分野でも道具選びは大切な要素です。スキルと経験を積み上げた上級者であっても、スタイルに合わない釣竿やリールでは充分に実力を発揮できません。自分がどのスタイルに向いているのかを見きわめ、それに適した釣具を選べるようになることが上級者の証明でもあります。

初心者には初心者の、上級者には上級者向けの釣竿やリールがそれぞれ用意されているため、レベルに応じた選び方を把握し、最も力を出せるアイテムをそろえましょう。

ルアーロッドの種類と特徴

初心者向きのルアーとしてスピニングロッドがあります。ベイトロッドに比べてよりわずかなパワーでキャストの飛距離を出せる、ビギナーにはうってつけのルアーと言えます。「軽いうえにキャスティングの飛距離が出る」というのがスピニングロッドの最大の特徴です。

糸を巻き取る仕組みにも違いがあり、ベイトロッドはスプール部分が回転式ですが、スピニングロッドではスプールそのものが固定式のため安定感があり、巻き上げ速度の速さにも定評があります。

おもに小型のミノ―、ワームと併用する形で使用され、障害物が少ない平面的なポイントであればビギナーであっても一定の釣果が期待でき、上級者にとってもテクニック面で工夫の余地の多い、奥深いルアーロッドと言えるでしょう。

ルアーロッドに最適なリールとは?

ルアー釣りの場合、どんなに上質なロッドを買っても他のパーツとの相性が合わなければ釣竿本来の能力を引き出すことができません。とりわけリールは釣り上げやすさに直結する部分であり、ロッドの女房役という感覚で慎重に選ぶ必要があります。

リールの種類には大きく、スピニングリールとベイトキャスティングリールがあります。スピニングリールはキャスティングや糸の巻き上げにワンステップ必要なため、上級者向きのイメージが強いかもしれませんが、ベイトリールに起こりがちなバックラッシュなどのトラブルが起きにくいため、ビギナーでも手軽に扱うことが可能です。

ベイトリールは糸の巻き上げに若干要領が必要となるかわりにスピーディな釣りが楽しめるメリットがあります。スピニングリールとベイトリールはそれぞれに長所があり、得意なスタイルに適した種類を選ぶことで釣竿としてのポテンシャルを最大限に引き出すことができます。

失敗しないルアーロッドやリールの選び方とは

後悔のないルアーロッドの選び方で重要なポイントは、「ブランドや値段を鵜呑みにしすぎない」ということです。初心者のうちはとくに高価な釣竿が使いやすいと思い込み、有名メーカーの少々値段の張るアイテムばかりをそろえがちです。

もちろん、高価なルアーやリールはその分上質に作られており、手にフィットしやすい面もありますが、一方で安価な釣具にも使いやすく定評のあるものはたくさんあります。大切なのはアイテムの価格やブランドではなく、希望の釣りスタイルに向いているかどうか、ということです。

一般的に、ベイトリールのほうがスピーディな釣りに向いており、スピニングリールはじっくりと腰を据えたルアーフィッシングに適していると言われています。

まとめ

ルアー釣りで使われるアイテムには、スピニングロッドとベイトロッドがあります。それぞれ細かいバリエーションが開発されているため、選び方がどうしてもわからなければ釣具専門店のスタッフや釣りの先輩に、アドバイスをもらうのも良いかもしれません。

ベイトリールはスピーディな釣りに対応している分、バックラッシュなどのトラブルが生じやすく、使い方の要領を覚えるまでに多少の時間がかかるかもしれません。スピニングリールはバックラッシュのリスクがほとんどありませんが、その分1回のキャスティングに時間がかかり、ベイトリールに比べてやや折れやすいという特徴があるので注意してください。