ちょっと待って!ロッドは中古で揃えても大丈夫!?

釣りに対するコストを抑えるには、やはり、釣具はできるだけ低価格のものを購入するようにしたほうが良いでしょう。ここでは、ロッドを使用していると、どの部分が壊れることが多いのかも紹介していきます。それから、中古で購入する場合にどんな部分に注意するべきなのかも説明しています。参考にしてもらえれば、これからは、なるべく釣りにかかるコストを下げることができるかもしれません。

ロッドはどの部分が劣化しやすいのか

ロッドは、どの部分が壊れやすいかをあらかじめ知っていることで、中古釣具販売店で購入する際に、購入した後で不具合に気づいてしまい後悔するといったようなことは、なるべく減らすことができると思います。

まず、やはり穂先の部分は折れやすいものです。それから、全てのガイド部分に関しても意外と折れてしまったり、外れたりもしやすいものです。穂先の場合は、やはり先端が細くなっていますので、コンクリートなどの硬いものにぶつかったりしたときに、ちょっとこすったような感じだったとしても折れてしまうことがあります。穂先が折れているかどうかは、大抵の場合は、札などにロッドの全長が記載されていると思いますので、その長さに満たない、または長すぎるといった場合は、以前の持ち主か販売店舗側で穂先を修理していると考えたほうが良いでしょう。その場合は、先端のガイド部分も穂先が折れた時に、一緒に折れてしまっています。それから、他のガイド部分に関しても、長い間使うことで知らず知らずのうちに劣化してしまっている場合も多く、いつの間にかロッドから外れそうになっていることもあります。中古釣具店で購入する際には、しっかりと固定されているかどうかは調べたほうが良いでしょう。

他にも、グリップが汚れていたり、つるつるに禿げてしまっている場合もあります。そうすると、キャスティングの際に手からするりと抜けてしまうこともあります。グリップに関しては、別のグリップテープなどで購入後に修理して使っても問題は無いと思われます。やはり、ロッドはキャスティングを続ければ続けるほどに、間違いなく劣化していくものです。中には一度も使ってないものが掘り出し物として売られている場合もあるかもしれません。中古品として購入する場合には、そういったことを踏まえておいて、確認してから購入したほうが良いでしょう。

実物を見て中古ロッドを購入する際に見るべきポイント

中古ロッドを購入する際に見るべきポイントとしては、穂先やガイドといった部分をしっかりと確認することをおすすめします。中には、元の持ち主の方が直して使っていたという可能性もあるかもしれません。そこで、ロッドの説明にある長さと合わない場合は要注意です。他にも、大きな傷がないかどうかも、しっかりとチェックしておきましょう。大きな傷がある場合は、釣りをしている時に後々傷が拡がってしまうといった可能性もあり、魚とファイトしたり釣り上げたりしている時に、ポッキリと折れてしまうこともあります。

大きな傷ではなく、小さな傷があるとしても、数が多い場合には購入することを控えたほうが良いかもしれません。穂先やガイドの修繕や傷が多くないことを確認した後は、ロッド自体が伸縮するタイプの場合には、スムーズに伸縮ができるかどうかも、しっかりとチェックしておきましょう。この伸縮に関する部分をチェックしていないと、購入してから釣りを楽しんだ後に、なぜか突然、縮めることができなくなったりするといったハプニングも起こるかもしれません。帰りに車に入れられないなど大変なことになったりしますので、伸縮に関しては、しっかりと確認しておくことが必要となります。

また、外箱や竿袋、付属品や取扱説明書などが、しっかりとセットで販売されているものを購入したほうが安心できることかと思われます。ネットオークションや、フリマアプリなどで購入する際には、確かに店舗で購入するよりも、入札価格は安くなっている場合が多いです。ですが、画像からは傷などを確認することは難しいことなので、購入してから手元に届いた後でないと、実物は確認できないといったハンデがあります。ネットオークションなどを利用して、購入することが心配な場合には、やはり店舗に出向いて、自分の目でしっかりと確認してから購入を決断したほうが、安物買いの銭失いになることは無いでしょう。

ロッドの特徴を知ることで、中古の価値が分かる

ひとえに釣り用のロッドと言いましても、さまざまな種類や特徴があります。例えば、海水用や淡水用といった違い。スピニングリールを取り付けるもの、ベイトリールを取り付けるものといった違い。他にも、コンパクトに縮めることができてリュックなどに入れて簡単に持ち運べるといったような、特殊な機能を持つものもあります。それらの特徴から価格設定は違うものとなっています。もちろんメーカーやブランド、製造された年月やロット番号などによっても価格設定は違うものです。

また、大会仕様や有名なプロアングラー達の名前が入っているものもあります。そのような、さまざまな特徴を知ることで、中古品として売られてある場合の価格設定が多少なりとも分かるようになってくるのです。やはり、新品で購入する際に、元々高額な販売価格設定になっているものは、中古で販売されることになったとしても、高めの価格設定になっている傾向が高いです。それから、ナマズや雷魚、鮎といった普通の人があまり釣らない魚を釣り上げる専用のものに関しても、希少価値が相まって高値で販売されている傾向にあります。また、バスやシーバスなど繊細な動きに対応するための釣りに使うものに関しては、やはり高い価格で販売されている傾向にあります。そういった価値のあるものの場合ですが、中古品として売られている時に、不自然なくらいに安くなっているものは購入を控えたほうが良いかもしれません。

逆に元々の販売価格が、それほど高く設定されていないものに関しましては、新品未使用といった場合でも、低価格に設定されている場合も多いです。ロッドの持つ特徴を調べて、何度も何度もネットオークションなどをチェックしていると、ある程度の相場は分かってくることでしょう。まずは、バス釣り用や渓流釣り用といった感じで細かく絞って確認していけば、価格設定の予想はしやすくなると思います。みなさんも挑戦してみてください。

まとめ

中古ロッドは、新品を買うよりも確かにリーズナブルにすませることができるので、購入価格を抑えることができます。例え傷物だとしても、修理ができる方の場合は、そのまま自分の使いやすいように改造することもできるでしょう。購入する場合は、かしこく購入して、なるべくコストを抑えてみましょう。中古ロッドの価値が分かることにより、たくさんの利点が生まれるのです。