ルアーに魅せられて!釣具一式揃えた話

一度も釣りをしたことがない人でも、ルアーフィッシングという言葉はテレビなどを通して耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、その魅力がどこにあるのか、実際にルアーフィッシングを始める際に必要な釣具や費用などについては、あまり知られていないのではないかと思われます。

釣りに興味のある方もそうでない方も、この機会にルアーフィッシングの魅力ややり方、釣具の知識などについて知っておけば、この先役に立つことがあるのかもしれません。

ルアーフィッシングの魅力について

釣り人の間で最も人気が高いものとして、ルアーフィッシングが挙げられます。
この釣り方をする醍醐味は、何と言ってもルアーと呼ばれる「擬似餌」を使用して、いろいろな種類の魚を釣ることができる点にあるでしょう。

擬似餌でうまく魚を騙して釣り上げるというのは、一種のゲームのようなものです。
ゲームにうまく勝利することができれば魚を手に入れられますし、失敗すればゲーム相手の魚に逃げられてしまいます。

また、ルアーという釣具を使用することで、本物の餌を使わないで済むというお手軽さも、ルアーフィッシングの魅力の一つです。
本物の餌は生き物になるため、用意するのに手間が掛かったり、種類によっては触りたくないものを触らなければならない場合があります。
しかし、ルアーフィッシングであれば釣具の一つである擬似餌で代用できるため、釣り初心者でも気軽に始めることができるのです。

ルアーフィッシングが出来る場所

ルアーフィッシングは魚のいる場所であれば、釣具一つでどこでも楽しむことができるのも、魅力の一つです。
もちろん、釣りたい魚によってどこで釣るか、場所を決めておく必要があります。

例えば、キスやカレイ、シーバスなどを釣りたいのであれば、海や浜辺、波止場などへ行くべきですし、タイやブリ、カンパチなどを釣りたいのであれば、海の沖合いに赴くべきです。
また川魚であるハゼやボラ、ウナギなどを釣りたい場合は、川の河口や中流域などで釣りをすると良いでしょう。
川の上流まで行けば、鮎やイワナなどが釣れます。

ルアーフィッシングは、擬似餌として使用するものの種類によって本当に多様な魚が釣れますので、場所を選ばずに釣りを楽しみたいのであれば、ルアーフィッシングに必要な釣具を購入し挑戦してみると良いでしょう。

釣具一式にかかった費用の詳細

では、ルアーフィッシングを行うためにはどれくらいの予算が必要なのでしょうか。
釣りを始めたばかりの頃はレンタルで十分間に合いますが、だんだんハマっていくうちに「自前の釣具がほしい」と思うことも出てくるでしょう。

まず、ルアーフィッシングに必要な道具を揃える費用としてはだいたい3万円くらいが相場ではないかと思われます。
釣り竿とリール1万5千円ほど、さらに釣り糸やルアーなどを追加して1万から2万ほどで抑えておけば良いでしょう。
もし、「もっと良い釣具でやってみたい」とこだわりたい方は5万~10万は軽く超えてしまいます。
どこにお金をかけるかで釣具の費用は大きく変わってくるのです。

また、釣りをする際に欠かせない仕掛けやクーラーボックス、そして釣りをする際の服装などの小道具を揃える場合も結構な金額になってきます。
3万円+αでかかるものと思っておくと良いでしょう。
釣りは購入に掛かったお金の分だけより楽しめるようになります。
ルアーで魚を釣ってみたい方は一度、釣具一式の購入を検討してみると良いかもしれません。