東京湾でおすすめの海釣りスポットとは?

都会のイメージが強い東京ですが、意外に緑豊かで自然が多く、東京湾も広大なため釣りスポットも多く点在しています。魚の種類も豊富で、都心に住んでいても気軽に海釣りを楽しめるのです。禁止になっている場所やエサ釣りのみという制限のある場所も多いので、事前にエリアの情報を把握しておきましょう。長時間楽しむために自分の条件にあったエリアを選ぶのも大切です。

初心者におすすめの釣りスポット

都心から気軽に足を運ぶことができるため、東京湾は初心者にもオススメできるスポットが多いのが特徴です。東京で有名なスポットである若洲海浜公園は電車とバスが通っているためアクセスがしやすく、初心者にもオススメです。公園なのでトイレなどの設備も整っており、長時間待つ釣りを行うには最適な場所とも言えるでしょう。探り釣りやサビキ、チョイ投げで魚を釣ることができ、マハゼやカレイ、アナゴ、夏にはクロダイなどを釣ることができるのが特徴です。海釣り施設が設備されていることがこの場所の最大の特徴であり、施設内では投げ釣りは禁止ですが、東京湾に突き出た堤防から魚を釣ることが可能となるのです。サイクリングやキャンプ場も併設されているので初心者でも安心して楽しむことができるでしょう。

お台場海浜公園もアクセスがしやすく、初心者にオススメです。東京の観光地として有名ですが、意外に魚の釣れる場所であり、堤防と磯の二箇所で楽しむことができるとあって有名なのです。テレビ局の近くの場所なので様々な施設があり、手軽に楽しめます。

晴海ふ頭公園は駅から少し歩きますが、水上バスや豪華客船などの船着き場に隣接した場所で魚を釣ることができます。豪華な船を見ることもでき、夜は綺麗な夜景を楽しむことができる貴重な場所となっています。昼間も開放的なので、のんびりゆったりと楽しめるのが特徴。岸壁に魚を釣れるエリアがあるので、そこでルアーなどを使用できます。暗い時間にはセイゴが狙えるので、足を運んでみてはいかがでしょう。初心者が選ぶべき場所はアクセスがしやすく、設備が整っていることが挙げられます。これらを確認してエリアを選びましょう。

ベテランにおすすめの釣りスポット

初心者にもオススメの場所ですが、若洲海浜公園はベテランの方にもオススメできるスポットです。都内唯一で釣り施設がある場所で、ゴルフ場やキャンプ場が併設されているため、年配の方も楽しめる施設が豊富なのが特徴です。キャンプ場前、防波堤と人工磯の3ヶ所の場所で豊富な魚を釣ることができます。カレイやクロダイなど本格的なものから、サヨリやサッパのような小物も狙えるので様々な形で楽しめるのが多くの層が集まる理由の一つ。特に人工磯から釣れるクロダイはベテランに高い人気を誇っており、多くの人がこの公園に集まります。

浮島つり園は東京湾アクアラインの川崎側の入り口付近で釣れる場所。24時間入園無料で、足場が広く、投げ釣りを行うことができるため人気が高いのが特徴。遠投できるので大物を狙いやすいのもベテランには嬉しいところでしょう。サヨリや夜に釣るメバルが人気が高いです。

東海ふ頭公園は無料駐車場とトイレを完備しているため利用しやすいスポットです。夏になるとハゼの数釣りが楽しめるため、人気のある場所です。潮が上がっている場合、チョイ投げだけで十分に釣果が出るのも特徴です。4月から10月の広い期間でフッコを狙うルアーファンが集まる場所でもあります。カレイやメゴチ、アナゴも釣れるのでオススメです。

有明フェリーふ頭公園はアイナメ、カサゴが狙える他、根魚やカレイ、サヨリも狙えます。日没後には電気ウキを使用することでメバル、ルアーを使えばフッコが狙える場所となっています。ベテランが釣る場所を決めるのは大物が狙えるか、または数が釣れるかどうかであります。都会であっても大物を狙える場所は調べれば意外に多いので、自分に合ったスポットを選びましょう。

家族や友人でわいわい楽しめる釣りスポット

家族や友人と一緒に釣りを楽しみたい人も多いと思います。東京湾周辺のスポットでは施設が充実しているためファミリー向けの場所も多いのが特徴です。有名な海外のアミューズメント施設周辺にも意外にそういった場所が多く、家族連れもよく足を運んでいます。この周辺は広大な埋め立て地となっていて、敷き詰められた消波ブロックが海岸に続いています。ブロック自体は足場が悪いですが、護岸があるので安心して釣りを楽しむことができます。投げ釣りもブロックに乗らずに護岸からできるので小さい子供がいても比較的安全です。シロギス、イシモチ、クロダイ、スズキなど多くの種類の魚が釣れるのでどの季節でも飽きることなく楽しむことができるでしょう。

境川から三番瀬近辺も柵が設けられており、足場も良いため子供と一緒に安心して楽しむことができます。駐車場とトイレも公園にあるため、非常にファミリー向けのスポットとなります。ただ、満潮になると足場が水没するので、その点はしっかり注意しましょう。夏はハゼがたくさん釣れ、秋にはサヨリが釣れます。

新木場ふ頭公園は広い公園ではなく、駐車場もありませんが、バスや電車で都心から気軽に足を運べるのが特徴。安全に楽しめるのでファミリー向けのスポットであります。ハゼを中心に釣ることができ、夜はアナゴを釣ることができます。夜は電気ウキやルアーを使うことでセイゴも釣れる場所となっています。ただし、潮が動いていないと釣れないので注意しましょう。家族や友人と連なっていく場合に把握しないといけない条件は、柵などが設けられており安全であることです。アクセスしやすいこと、また別の施設が周辺にあることもしっかり確認すると良いでしょう。

まとめ

初心者でもベテランの方であっても海釣りを行うにあたって、都心であるからこそのアクセスのしやすさ、トイレなどの周辺の施設が整っているスポットが人気が高いと言えるでしょう。その中でクロダイなどの大物を狙える場所は特にベテランに人気が高い場所となっています。家族連れで、特に小さい子供がいる場合は柵などが設けられている安全なスポットを選ぶようにしましょう。その周辺の詳しい情報を調べ、安全に釣りを楽しみましょう。