中古のエギングロッドを購入する際の注意点

エギングに興味を持って始めようとした場合、専門店でエギングロッドを購入しようとすると高くついてしまいます。
中古ならお得に購入できるものの、満足のいくエギングができるかどうか不安になってしまう、という方は多いのではないでしょうか。

また、実際に中古品を購入してみたところ、思わぬ失敗体験をしてしまった方も少なくありません。
果たして、失敗をせずに中古のエギングロッドを購入するにはどうすれば良いのでしょうか。

エギングとは?

皆さんはエギングという釣り方があるのをご存知でしょうか。
この釣り方は、主にイカを釣ることを目的としたもので、囮としてルアーフィッシングの釣具の代わりに餌木と呼ばれる擬似餌を使用する方法です。
一見シンプルな釣り方に思われますが、意外とクセになるくらい面白い釣り方で、釣り人達の間でもハマってしまう方が多いようです。

この釣り方でイカを釣る時は基本的に「エギングロッド」と呼ばれる竿を使用し、だいたい春と秋が一番良く釣れる時期となっています。
また、特にエギングにのめり込んだ釣り人達を、俗にエギンガーなどと呼んだりもします。

釣れるイカの種類としては、主にアオリイカですが、他にもヤリイカやスルメイカ、コウイカなどの種類も釣ることが可能です。
さらに、タコもこの釣り方で釣れる場合があるので、イカやタコが好きな方には特におすすめの釣り方ではないでしょうか。
エギングを行う際は特に重装備である必要はなく、私服でも可能なので、結構お手軽に釣りを楽しめたりします。

必要な道具もロッドやリール、釣り糸や疑似餌と少ないので、中古品で買いそろえればすぐに始めることができます。
気になる方は中古販売店へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

エギングロッドで重要なことは?

釣りを行う際は必ずと言っていいほど、竿の選択をどう行うかが重要になってきます。
エギングロッドにおいても例外ではなく、新品・中古関係なく釣り道具の選択を誤ると、うまく釣れなくなってしまいます。
気を付けるべきところを押さえて釣具を選択すれば、初心者でも大漁のイカを釣れるようになります。

エギングロッドに求められる重要な点としては、まず「自分に合ったロッドを選択すること」です。
持ってみて違和感があるものは選ばず、自分にしっくりくるものを探してみて下さい。
中古店に行けば様々な種類のロッドが売られているので、実際に見に行くと良いでしょう。

また、基本的にエギングは一日中行うものであるため、できる限り軽めのロッドを選択するのがベストです。
そして、ロッドの長さとしてはだいたい8フィートから9フィート辺りのものを選択すると、無理な動作を行うことなく自然な形でイカ釣りを楽しめます。

中古の注意点

初心者の方でも楽しみやすいのがエギングの魅力ですが、いざこの釣り方を楽しもうとして専用のロッドを定価で買おうとすると、結構な費用がかかってしまいます。
そのため、定価で釣具を購入することを避けて中古品を手に入れる人も多いようです。
しかし、不十分な知識のまま中古品に手を出してしまうと、思わぬ失敗をしてしまうことになります。

中古のエギングロッド購入で良くある失敗が、「現物をよく確認せず、自分に合わないロッドを選んでしまうこと」です。
値段の安さばかりに注目してしまいがちですが、よく現物を確認せずに購入するのは好ましくありません。
基本的に良いロッドというものは、深い傷や補修痕が目立たず、市販のものと比べても色合いにあまり差がないものを言います。

なので中古のロッドを購入する際は、できるだけ定価で売られている市販品と見比べて、差が少ないものを選択した方が無難です。
また、エギングロッドのグリップ部分にテカりがあるものは、竿を振った際に手元が滑ってしまうため、購入する際のポイントとしてよく見ておいた方が良いでしょう。