見極めろ!損をしない中古のベイトリールの選び方

良い釣り師である条件の一つとして、良い釣り具を持っていることが挙げられるでしょう。
釣り具の中でもベイトリールは、新品でなければならないという幻想を抱いている方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際はそんなことはなく、中古品のベイトリールでもしっかりとしたポイントを押さえて選択すれば、新品に勝るとも劣らない性能を発揮させることができます。
欲しいベイトリールを中古で上手に選択する方法をぜひ知っておきましょう。

中古を購入することができる手段

数ある趣味の中でも釣りは、初期装備にお金がかかる趣味として挙げられています。
その初期装備をもし、全て新品で揃えようとすると、おそらくかなりの金額が飛んで行ってしまうのではないでしょうか。

しかし、そういった初期装備を安く手に入れる手段があります。
それが、中古の釣具を購入するという方法です。
そして、釣具の中でも特にベイトリールは、新製品がリリースされる周期が早いため、早い段階で良い製品が中古市場に出回ることが多いです。
そのため、新品でないと絶対手に入らないと思ってしまうような有名メーカーのベイトリールでも、意外と中古の釣具ショップで手に入ることが多いのです。

「今使っているベイトリールがかなり劣化してきて新しいのが欲しいけど、新品だとどうしても金額的に厳しい・・・」とお考えの方がいらっしゃるなら、ぜひ中古での購入を考えてみてはいかがでしょうか。

中古を選ぶ時のポイント

ベイトリールを安く手に入れる手段として、中古市場に出回っているものを購入するという方法がありますが、購入するものの選択を誤ると、結果的に損をすることになってしまいます。
なぜかというと、中古に出されている製品の中には、たまに使い勝手の悪いものや、不良品が紛れ込んでいることがあるためです。

そのため、使用済みのベイトリールの購入にはできるだけ注意を払って選ぶ必要があります。
では、どの点に気を付ければ良いのでしょうか。
一番重要なのが、「ベイトリールを回した時に違和感がないかどうか」です。
釣りをしていればベイトリールは何度も回すことになります。
回す度におかしな挙動をしていては魚をうまく釣り上げることができません。

また、ベイトリール全体に歪みや傷がないかどうかや、ドラグやブレーキがちゃんと効くかどうかも、中古を選ぶ時のポイントとして挙げられます。
これから中古のものを買う際は、できるだけ使用感や外観に問題がないか確認してから購入すると良いでしょう。

中古リールの上手な活用法

釣具を揃える際は新品・新品でないもの両方をその選択対象として捉えておくべきですが、特に中古のベイトリールは、活用方法を誤ると故障につながってしまうため、上手に活用することが必要不可欠です。

活用において大事なことは、「こまめにメンテナンスをしてあげること」です。
手入れを怠ってしまうとすぐに使えなくなってしまいます。
釣りが終わった後しっかりと水洗いをしてあげたり、定期的にオイルやグリスを塗ってあげたりすれば、古いベイトリールでも十分に長く活用することができるでしょう。

また、別の角度から活用法を考えてみた場合、中古品を部品単位で使用するという活用法が見えてきます。
釣具の中でもベイトリールは、とにかく細かく分解できるものとして知られています。
そのため、中古で購入したものを分解し、使える部分だけを抜き取ってあげれば、一部が故障しているようなものでも上手に活用することができるのです。