【釣具買取情報】デプスのサイドワインダーは高く買い取れる?

デプスという釣具メーカーを知っていますか?バスフィッシングが好きな人達からは、絶大な人気を誇る釣具メーカーのひとつです。ここでは、デプスがどこにある会社なのか、そして販売している釣具の魅力を紹介していきます。バスフィッシングに興味がある人は、ご覧になってみてください。

デプスってどんなメーカー?

株式会社デプスは、奥村和正氏が代表を務める京都市にある釣具メーカーです。デプスは、「誰でもビッグバスを釣れるように」と奥村和正氏の理論と情熱によって生み出された、高性能のロッドとリール、そして多くのルアーを販売しているメーカーになります。そのため、多くのアングラーから絶大な人気を得ています。
また、釣具の他に、コーチジャケットやオーバーパーカーなどのウェア用品、iPhoneケースやシリコンバンドといったオリジナルグッズ、スペアリップやスペアフィンなどの各種パーツが豊富に揃っています。さらに、ウェブ会員限定の釣り大会や親睦会、清掃活動など、釣り具販売だけでなく活動は多岐にわたっているのが特徴です。

サイドワインダーはどんなロッド?

サイドワインダーは、デプスを象徴しているロッドです。代表である奥村和正氏の理論を詰め込み、ビッグバスを相手に戦うことを想定して作られたロッドです。サイドワインダーは、ジャイアントベイトと呼ばれる、大きな疑似餌のルアーを操ることができるように、脅威のブランクパワーを兼ね備えていて、残念ながら初心者向けには作られてはいません。
そして、遠距離でもフッキングパワーが伝わり、バスの上顎を捉えることができるようにと、高いパワーを伝達させることができるほどの弾力を持っています。そのしなやかさと力強い弾力を持つことで、超重量級のバスを釣り上げることができるのです。その黒々としたデザインを見れば、バスフィッシングが好きだと言う方は、一度は手にしてみたくなるロッドなのは間違いないでしょう。

サイドワインダーの買取価格の相場とそれ以外のおすすめ釣り具は?

サイドワインダーの買取価格の相場を3つ紹介します。まずはサイドワインダーHGCS-65MLRは、新品買取価格が20000円前後、使用品でも美品の場合は18000円前後の相場となっています。サイドワインダーグレートパフォーマーHGC-610MLXF/GPは、新品買取価格が35000円前後、使用品でも美品の場合は32000円前後の相場となっています。サイドワインダーHGC-83無限Rに至っては、新品買取価格が40000円前後、使用品でも美品の場合は34000円前後の相場となっています。
このように、デプスのサイドワインダーは高額な買取相場になっていて、バスフィッシングが好きな人には、人気が高いことが分かってもらえたかと思われます。デプスでは、ロッド以外にもビッグバス対応のリール、それからオリジナルのルアーも販売しています。
そのひとつとして、ジャイアントベイトのSILENT-KILLER250というルアーを紹介します。その数字にあるように、全長が250mmもある、超大型のルアーで、真ん中付近から左右に尻尾を振るような感じで動くようにできています。そのことで音も立てることができ、実際の魚が泳いているように見せることができるのです。60cm以上のバスを狙うに場合には、ジャイアントベイト(大型のルアー)を使う必要があります。

まとめ

デプスが誇る、サイドワインダーは、ジャイアントベイトを操ることができ、ビッグバスを狙う方から絶大な人気を持ったロッドです。バス釣りを極めたいと考えている方は、ぜひ、そのパワーを体験してみてください。