コンパクトロッドの選び方と中古買取について

コンパクトロッドはパックロッドともよばれ、小型のパーツに分解して収納できることから従来の釣具よりもはるかに携帯性に優れていると言われています。コンパクトながらも釣具としての性能は折り紙つきで、海釣りなどでの中型魚クラスであれば問題なく立ち向かえるだけのポテンシャルをそなえています。

パックロッドだからこそできる釣りのスタイルやコンパクトであるがゆえの使用上の注意点、中古市場における需給バランスなど、コンパクトロッドの基本を理解していきましょう。

コンパクトロッドとは?

軽くて分解可能なロッドというと、どうしてもパーツの強度面で不安が残りますが、コンパクトロッドは釣具としての性能も抜群です。さすがに大物釣りには向いていませんが、アジやサバなど、海釣りでもポピュラーな中型クラスの魚であればテクニック次第で効率よく釣り上げることができます。釣具がコンパクトになったことで、仕事帰りにふらっと海釣りなどに出かける、というような釣りの楽しみ方が可能になりました。

ただし、分解可能で組み立て式ということはパーツのつなぎ目部分が増えるということで、その部分が若干折れやすくなるという弱点があります。実際、初期のモデルでは強度面で問題のある製品も少なからずあったようです。もちろん今ではそうした欠点も克服され、軽くて丈夫で使いやすい釣具として幅広いユーザーに支持されています。

コンパクトロッドの選び方?

パックロッドはツーピース以上の分割式が主流ではありますが、最近ではワンピースタイプがシェアを広げつつあります。ワンピースタイプであれば仕掛けを取りつけた状態でも収納することができるため、分解式のように釣りの度にパーツを組み立て直す必要もありません。

また、パーツのつなぎ目がないためツーピースタイプの懸念材料だった強度面の問題もクリアされています。ただ、それでもやはり「コンパクト」とつくだけあってキャスティングのパワーや飛距離などは若干劣る部分もあり、竿先に強い負荷をかけるとロッドそのものが破損してしまう恐れもあります。釣具ごとの適材適所を見きわめたうえで、最も性能が発揮できる形で使用しましょう。

コンパクトロッドの中古買取は安い?

世間的には、コンパクトロッドは小型で軽量だから中古の買取価格も安い、というイメージが根強くあるようです。しかしながらそれは完全なる誤解であり、小型で分割可能であってもそれ相応の専門店に持ち込めば期待以上の高値で買い取ってもらえる可能性があります。むしろ、パックロッドはここ数年で急速にシェアを拡大しており、それに付随するように中古市場での需要も高まっています。

中古品が売れないどころか、コンパクトロッドを売るなら今、という状況にあると言えそうです。中でもワンピースタイプのものは仕掛けをその都度取りはずす必要がないため、釣りをスピーディに楽しみたいマニアにも安定して人気があり、今後中古市場での相場も高まってくると見られています。

まとめ

何といっても軽量感が持ち味のパックロッドは、釣りの楽しみ方を大きく変えました。分割方式の釣具はこれまでにもありましたが、リュックに入れて持ち運べるサイズはなかなかありませんでした。

パーツのつなぎ目部分の強度がどうしても気になるのであれば、分割式ではないワンピースタイプを選ぶことによりさらに思いきったスタイルの釣りを楽しむことができます。ワンピースタイプでももちろん軽量感は変わらず、仕掛けを装着したままで収納できる点が大きな魅力となっています。