アオリイカを冬に釣るために必須の釣具とは

アオリイカは年中釣りが可能だと言われていますが、実は冷たい水に弱く、冬の時期だけは捕獲しづらいとも言われています。

そんな冬でもアオリイカ釣りを楽しむために、揃えておきたい釣具がいくつかありますので、それぞれ紹介したいと思います。ロッドやリール、ルアーなどについて紹介していきますので一緒に見ていきましょう。

ロッド選びのポイントは?

まずはロッド、釣り竿選びのポイントから紹介していきたいと思います。アオリイカ釣りには釣り方に種類があります。仕掛けが色々あり、ロッドも仕掛けによって変わってくるのです。

アオリイカ用のルアーと言われているエギング釣りから紹介したいと思います。アオリイカ以外にもスミイカを釣る際にも使用されるルアーです。こちらのエギングを使う際のロッドは、エギングロッドと呼ばれる専用の竿を使うことをおすすめします。

また、ヤエン釣りと言ってエサを使用した釣り方をする場合は磯竿を使用してください。投げ釣り用の竿よりも丈夫なロッドになります。

ヤエン釣りと似ていますが、アオリイカ釣りにはウキ釣りという種類もあります。簡単に説明すると糸の途中にウキを付けて、獲物がエサに食らいついた瞬間を目で確認できるという方法です。こちらのウキ釣りもヤエン釣りと同様に磯竿を使用することをおすすめします。

リールはスピニングリールがおすすめ

アオリイカ釣りには主に三種類の釣り方があることを説明しました。使用するロッドも釣り方に合わせて使用しなければいけませんが、リールに関しても釣り方によって種類を合わせて使用することをおすすめします。

アオリイカは海釣りですので、使用するリールはスピニングリールになります。最もオーソドックスなエギング釣りの際には、2500番から3000番のスピニングリールがぴったりです。

エサが必要なヤエン釣りには、ヤエン釣り専用のスピニングリールがおすすめです。ワンタッチでレバーを調整できるものであればなおベストです。

ウキ釣りは初心者が最も入りやすい釣り方になります。簡単だというわけではありませんが、アオリイカはエサ釣りの方が食いつきが高い上に、ウキを付けることで引くタイミングが取りやすく、釣りの楽しみを最も味わえるのです。そんなウキ釣りにはスピニングリールの小さいものか中くらいのもので十分です。

エギングは季節によって使い分けをしよう

イカ専用のルアーであるエギングは様々な種類があります。アオリイカが好む魚の形をしており、色や形のバリエーションも実に豊かです。

なぜそんなに種類が豊富かというと、季節や天候などによって使い分けるためなのです。季節や天候によって変化する海の色でイカのエサに対する見え方も変化します。例えば快晴で海が透き通っている日は明るい色のエギングを、逆に雨や曇りで海も暗い日にはエギングも暗い色を選ぶと食いつきがいいようです。

また、季節によって魚の成長が違うように、エギングのサイズを使い分けることでより一層アオリイカの食いつきを高めることが可能です。魚の体が大きい春や夏には4号サイズ前後を、逆にあまり成長しない秋冬には3号サイズ前後を使用するといいでしょう。

まとめ

イカ専用の釣具があることに驚いた方も多いのではないでしょうか。特に専用のルアーであるエギングは初めて知ったという方もいるでしょう。

イカは冬の時期が特に釣りが難しいと言われていますが、冬は冬でもなるべく暖かい日や晴れた日を選べば問題はありません。初心者の方でも安心して使用できる専用釣具が増えていますので、是非チャレンジしてみてください。