冬はヒイカ釣りの釣具が高く売れる!?

イカの種類の中でも冬に釣りやすいと言われるヒイカ。引きもそれほど強くなく、釣り上げるために特別なテクニックもいらないため、ビギナーがもっともとっつきやすいターゲットと言われています。

そんな初級者向けのヒイカをより効率よく釣りやすくするためにそろえておくべき釣具情報をまとめるとともに、長年愛用した釣具を1円でも高く売るためのポイントについて簡潔に掘り下げていきます。

エギは夜光のものが一番のおすすめ

ヒイカ釣りは、比較的難易度が低いため、釣りの導入編として比較的よく知られていますが、ルアーや餌のバリエーションは非常に豊富で、目標に応じて、高度な技術が身につけられる奥が深いスタイルです。季節に応じてキャッチしやすいイカのタイプも変わるので、ターゲットに合った季節を見きわめる必要があります。

イカは、基本的に一年を通してよく釣れる魚です。とくに、夏の終わりから秋のはじめにかけてがメインシーズンで、この時期に生まれる子どものイカは体力的にも未熟であるため、ルアーフィッシングの基本と喜びを充分に味わうことができます。

イカ釣りはルアーフィッシングでも基本的なスタイルであると言われており、竿や餌があればどこでも楽しむことができます。標準的なルアーにはスピニングリールなどがあり、餌と組み合わせるとバリエーションが大幅に拡大します。周辺アイテムの選択も重要です。イカはとくに腐りやすいと言われており、夏になるとクーラーボックスの用意が不可欠であると言われています。また、秋にかけてのイカ釣りは天候が変わりやすいので、天気予報を慎重にチェックして、天気が突然変わる可能性がある場合は、雨具を用意しておく必要があります。

イカ釣りは初心者でも安全に楽しめるスタイルです。そのため、中古の釣具やアクセサリーも中古市場では安定した需要があります。専門店に持ち込んだ場合、予想よりも高い価格で買い取ってもらえる可能性があります。買取のタイミングも重要です。イカ釣りのピーク、つまり、春の始めと冬の終わりのタイミングを見て釣具を持ち込むことで商品価値を高めることができます。ネットオークションと呼ばれる方法もありますが、その場合は必ず相手の連絡先を確認するなど安全な取引を行うための防衛策を講じるようにしてください。

ヒイカ釣りにはほかのスタイルにも適用できる非常に多くのテクニックがあり、そのために釣りの入門編とよばれています。

ヒイカを釣るためにはエギングロッドを使おう

近年、フィッシングスタイルはますます細分化されていますが、誰でも簡単に理解できる代表的なスタイルとして、餌釣りとルアーフィッシングが挙げられます。

ヒイカはルアーフィッシングが中心になります。ルアーフィッシングは部品の構造がシンプルです。もちろん、シンプルであるだけでなく、スタイルとしても奥深く、ロッドの材質や長さ、グリップの硬さなど、あなた自身でカスタマイズできる要素があります。また、餌を直接取り付ける必要がないので、ミミズや昆虫に触れる必要がないという意味でこれらが苦手な方が多い、女性にもとっつきやすいと言えます。

餌釣りとルアーフィッシングは、最低限必要なアイテムと基本的な技術に違いがあります。餌釣りにはとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、アタリがわかりやすいので初心者でも楽しめるスタイルと言われています。大物をねらうのに適したルアーフィッシングでは、丈夫で魚の力を充分に受け入れることができるパーツを使用すれば、マグロやカツオなどの大型魚もターゲットにできるという魅力があります。

餌釣りには、ルアーフィッシングと比較してロッド部分が複雑に分割されているという特徴があります。また、何百から何千もの疑似餌のバリエーションがあり、選んだどんなスタイルにもカスタマイズできるアプローチとして、高齢者の間で根強い人気があります。またウキが目に見えるのでアタリが理解しやすく、初心者にもわかりやすく人気があります。対象となる魚は、主にプランクトンや昆虫を主食とする小型魚であるため、熟練者はもちろんのこと、女性や子どもでも多くの魚を短時間で捕らえることができる楽しみがあるといわれています。

冬に良く釣れるヒイカ用の釣具は冬に売ろう!

ヒイカ釣りに限らず、自分に合った道具を選ぶことはどの分野においても重要な要素です。スキルと経験を積んだ高度な専門家でさえ、スタイルに合わない釣り竿やリールを使用して能力を充分に発揮することはできません。あなたに適したスタイルを見つけ、それに適した釣具を選ぶことこそが上級者の証なのです。

初心者向けの釣具としてスピニングリールがあります。スピニングリールの最大の特徴は、少ない力でキャストの飛距離が出せることです。ベイトリールのスプール部分は回転していますが、スピニングリールにはスプール自体が固定されているので、安定感があり、巻き上げスピードの速さには定評があります。

ルアーフィッシングの場合、あなたが買うロッドがどれほど良いものであっても、他のパーツとの連携がとれていない限り、ロッドの本来の能力を引き出すことはできません。特に、リールは釣果に直結する部分であり、ロッドの役割を見きわめたうえで慎重に選択する必要があります。

スピニングリールではベイトリールに発生する可能性のあるバックラッシュなどのトラブルは起こりにくいので、初心者でも簡単に扱うことができます。スピニングリールとベイトリールにはそれぞれ利点があり、良好なスタイルに適したタイプを選ぶことで、釣竿としての可能性を最大限に引き出すことができます。

後悔のないルアーを選びの重要なポイントは、「ブランドと価格をあまり重視しない」ということです。もちろん、高価なルアーやリールはその価格に応じて高品質につくられていますが、安価な釣具にも評判の良いアイテムがたくさんあります。要するに自分のスタイルに適しているかどうかが重要なのであって、商品の価格やブランドはスキルの向上には関係ありません。

まとめ

ヒイカ釣りに使用されるアイテムには、スピニングリールおよびベイトリールがあります。バリエーションが多岐にわたるため、選ぶ方法がわからない場合は、釣具専門店のスタッフのアドバイスを受けるのが良いかもしれません。

ベイトリールはスピーディーな釣りに対応し、バックラッシュなどの不具合が発生しやすく、コツを覚えるまでに時間がかかることがあります。スピニングリールはバックラッシュのリスクがほとんどありませんが、キャストするには時間がかかり、ベイトリールよりもやや破損しやすいという特徴があります。