磯釣りの道具を揃えるのは通販がお得!?

自然の環境でダイナミックな釣りが楽しめる磯釣りは、人工的なポイントでは物足りないという上級者に特に人気があるようです。また、極端な無理をしなければ危険もそれほどないため、初級者や釣りを休日の趣味として楽しみたいという人にも比較的親しみやすいようです。

最近では通販でも手軽にリールなどが買えるようになってきたため、今後ますます磯釣り人口は増えていくと予測されています。そろえるべき道具や危険をさけるための最低限の注意点を充分に理解して、安全で適度に刺激的な磯釣りを楽しみましょう。

磯釣りとは?何が釣れるのか?

磯釣りの特徴は、まず何よりも「自然に近い」ことにあります。堤防などの人工的な要素が入ったポイントとは違い天然の砂浜や海岸線をそのままのかたちで楽しめるため、できるだけナチュラルなスタイルで釣りを楽しみたい人に人気です。比較的大物がかかりやすいところも初心者にはうれしいポイントで、グレやメジナなどを初歩的なテクニックだけで釣ることができるのはやはりモチベーションになりますよね。

おもなポイントとしては砂浜や海岸線が主流で、地形によって難易度のバリエーションが幅広いのも上級者に支持される理由のようです。ただし、自然のなかで釣りを楽しむため、天候にはつねに注意を払う必要があります。空模様を絶えずチェックし、天候が少しでもあやしくなったらすぐに中止するなど、安全最優先のスタンスが大原則です。

磯釣りに必要な道具は?

磯釣りに必要な基本ツールは、他のスタイルとそれほど大きくは変わりません。ただし、自然に近い環境で魚を釣るため、安全性を高めるための道具が不可欠になります。

まず用意したいのはライフジャケットで、足場の悪いポイントや極端に滑りやすいポイントに行く時には特に役立ちます。安全を確保するためには足元も肝心です。ブーツは、底がスパイクタイプになっているものや生地にフエルトが使われているものは足場をきちんと確保するうえで重宝します。

上物を釣る場合には軽いウキと軽量のフカセを使ったウキフカセが基本となり、質のよいパーツを事前にそろえることが成功のポイントとなります。雨の多い梅雨時期には傘や雨具が必須ですし、真夏にはクーラーボックスが不可欠になります。

ポイントごとの安全度も時期やその日の天候によって大きく左右されるため、同じポイントでもあらゆる季節と時間帯について環境を調べておきましょう。

磯釣りの価格を通販とその他で比較

釣具にかぎらず、特定の商品の価格を通販と店頭で比較した場合、通常は通販のほうが若干安くなります。それは、通販では本来仲介業者に支払われる手数料を省略できるためで、手数料の金額分だけ商品価格が低めに設定されています。

磯釣りにおいて必要なのはルアーやエサはもちろんのこと、特徴的なアイテムとしてはウキやフカセ、コマセなどがあり、それらも通販サイトで手軽に入手できます。ウキはできるだけ軽量で魚の反応がわかりやすいものが良く、フカセもウキと同程度に軽いものが適していると言われています。

ウキとフカセを組み合わせるテクニックは、グレやメジナなどを釣る場合の基本とされ、より大物を狙う場合はコマセとよばれる疑似餌が使われます。

まとめ

堤防などに比べて自然な環境で楽しめるのが磯釣りの大きな醍醐味です。人の手がほとんど入っていないポイントで魚を釣るため、出かける際には安全確保を意識した装備が必要です。特に足元は重要で、底がスパイクタイプになっているか生地がフェルトタイプになっている靴を選ぶと滑りやすい足場でも危険が少なくなります。

ポイントの安全度は季節や天候によっても大きく変わるため、事前によく確認しておきましょう。必要な道具は通販でも手軽に手に入ります。通販のほうが同じ商品でも若干安く買える場合が多いため、積極的に活用するようにしましょう。