初心者におすすめ!トラウトロッドを中古で手に入れよう

トラウトロッドはその名の通りもともとマス釣り用のルアーですが、汎用性が高いためにバス釣りなど様々な釣りのスタイルに合わせられる魅力があります。他のルアーと同じくスピニングタイプとベイトタイプがあり、それぞれにメリットがあります。

スピニングタイプのほうがより頑丈でどんなポイントでも使いやすいため、初心者にはまずこちらのほうを勧める専門店が多いようです。安価なものであれば中古で手軽に手に入るため、休日の趣味として釣りを楽しむ人にも安定した人気があります。

トラウトロッドはなぜ初心者におすすめなのか

トラウトロッドが初心者向けとされる最大のポイントは使いやすさです。軽量素材で作られることの多いトラウトロッドは初心者や女性にも扱いやすく、さほど高度なテクニックがなくても大物を釣り上げられることもあるため、釣りの面白さを覚えるためには最適な釣具と言われています。

トップからグリップまで幅広い種類が用意されているため、初心者のうちからいろいろとカスタマイズして自分のスタイルを身につける、というオーソドックスな上達パターンが可能なのです。有名メーカーの高価な商品が必ずしも使いやすいというわけではなく、安価な中古品でも自分のスタイルに合うものであれば無理なく長い期間使いつづけることができます。釣りの入門編として、トラウトロッドは根強い需要を確保しています。

トラウトロッドでどういう魚が釣れるのか

汎用性の高いトラウトロッドを使えば、マスだけでなくいろいろな種類の魚を釣ることができます。中でもよく応用されるのはバス釣りで、シーバスからブラックバスまで、幅広い種類のバスを狙えるのも魅力のひとつです。

ロッドそのものの長さを調節すればより大物のバスを釣り上げることは充分に可能で、このあたりが「トラウトロッドは初心者のためだけの釣具ではない」と上級者に評価されるゆえんです。大物のバスを狙う際にはトップをできるだけ硬い素材にすることが肝要です。これはトップを食いちぎられるリスクを減らす意味もありますが、魚にルアーだと気づかれにくくするうえでも重要な役割をもっています。

大物狙いだけが釣りの醍醐味ではありません。比較的扱いやすいサイズの魚をコンスタントに釣り上げて感覚をつかむのも効率の良い上達法のひとつです。

トラウトロッドの中古価格はいくら?相場を知っておこう

釣具の中古品は、入手ルートによって大きく価格が異なります。ばらつきが最も大きいのは個人出品によるネットオークションで、数千円単位から高いものでは数十万を超えるものまで、これといった相場が存在しないのが特徴です。注文ミスや商品のミスマッチがデメリットとして挙げられますが、反面、店頭では扱われなくなった掘り出し物が手に入るメリットもあります。

トラウトロッドを選ぶ基準はおもに、長さ、重さ、素材の3点です。飛距離の出るタイプは大物を狙う場合に役立ちますが、その分キャスティングに力が必要になり、釣り初心者や非力な女性には扱いが難しい面もあります。中古品だからといって必ずしもリーズナブルというわけではなく、プレミアがついた年代物はオークションなどで高値で取引されているため、購入前にまずはおおよその価格帯を頭に入れておきましょう。

まとめ

手軽さと高い汎用性が特徴のトラウトロッドは、釣り初心者が入門編としてまず勧められる釣具でもあります。マス釣りだけでなくシーバスやブラックバスを狙う際にも重宝する万能アイテムです。

長さ、重さ、素材。この3つの要素を状況に応じて組み合わせることで、自分のスタイルに合ったロッドとしてカスタマイズすることができます。オークションや中古釣具専門店などで安価な釣具が手に入りますので、コストをかけずに楽しみたい場合は中古市場を詳しく調べるのも賢い方法です。