バリバスとは?どういう釣具を高価買取してもらえる?

釣りファンの多くの方は、バリバスといったら、どのような製品を扱っている釣具メーカーなのかは、もちろんご存じの方も多いと思われます。ですが、最近になって釣りを始めた方の中には、初めて聞いた名称だという方もいるのでは無いでしょうか?

ここでは、このブランドでは、どのような製品を扱っているのか?どんな製品が高価買取の対象になっていて、どうすれば、なるべく高く売ることができるのか?といったことを詳しく説明しています。

バリバスはどんなメーカー?製品の魅力とは

最近釣りを始めたばかりといった人もいると思いますので、バリバスとは一体、どんなものなのかということから説明をしていきましょう。バリバスというのは、メーカー名ではなく、株式会社モーリスが製造販売している釣具に関するブランドになります。釣具屋さんに行けば、ラインと呼ばれている釣糸が並んで売られていると思います。その中に必ずと言っていいほど、バリバスのラインが売られているものです。そういったこともあり、釣り好きならば誰しもが知っているブランドのひとつなのではないでしょうか?

株式会社モーリスでは、ラインの製造販売を初めの頃からしていたのですが、現在では、ロッドやフィッシングウェア、そして、釣りに使う小物や道具を製造販売するまでに至っています。ロッドは海水用、淡水用ともに大変な人気があり、面白いところではワカサギ釣り用の「ワカサギ穂先ワークスリミテッド」といったロッドや、ナマズ釣り用の「流雅・鯰」といった専用ロッドなど、あまりメジャーでは無い釣りに対するロッドも製造販売しています。メジャーでは無いと言いましたが、ナマズ釣りに関しましては、色々なところでフィッシング大会も開かれているほど、実はファンが多くいる釣りのひとつでもあります。それから、昔からファンの多い鮎用のロッドも製造販売しており、コチラも大人気の商品として、多くの鮎釣りファンから支持を得ています。フィッシングウェアに関しましては、耐久性や安全性はもちろんのこと、ファンション性も兼ね備えたデザインになっており、多くの釣りファンに着用されてきました。

そして、釣りに使う小物に関しましては、マキ餌や水などを入れておくバッカンをさまざまな大きさで製造しており、機能性も高いものが多いです。このように、株式会社モーリスは、多くの釣具を開発し製造販売をしている、釣りファンにとっては人気の高い釣具メーカーなのです。

バリバスで高価買取してもらえる製品

どんな釣具メーカーでも高価買取が期待できる商品となりますと、やはりロッドということになります。バリバスのロッドは、珍しいものですと特に人気が高く、高額査定が期待できます。また、比較的新しいものとなると30000円以上の買取価格になることが多いです。例を挙げますと、海水用のワークスリミテッドSWフィネスTFL-63Sは35000円前後。同じく、海水用のワークスリミテッドSWフィネス4S-610S_UFMウエダPro4EXは42000円前後。淡水用のものを例に挙げますと、ワークスリミテッド・トーナメントドライブ・エクストラARD-62T-DTXは35000円前後。ワークスリミテッド・トーナメントドライブ・エクストラARD-62S-BTXは37000円というように、高価買取が期待できます。

これらのロッドは、受注生産をしていないために、一度売り切れたら二度と手に入らない商品といったこともあり、査定に関しても高額になります。しかも人気商品でもありますので、おそらくは売り切れてしまっている可能性が高いです。それから、バリバスの鮎竿は、なかなか中古市場に出回らなくて、出てくれば、すぐ売れるほど人気商品のひとつとなっています。鮎竿そのものの新品が、大変高額なものが多いといった理由もあります。そして、中古品で探している人が多いというのも理由の一つですので、高価買取に期待ができるのです。例を挙げますと、レクシード・ボルティクス・クワトロエディション90は90000円前後といった感じで、おどろくほどに高額な査定価格が付いていたりします。

他にも、バリバスの商品の中では、フィッシングウェアなども大変人気があり、ウェアだけではなく、サングラスなども高価買取してもらえます。釣り仲間などにもらったとしても、サイズが合わなかったなど、何らかの理由があって一度も着ていないようなフィッシングウェアなどが合った場合は、中古店に査定に出すか、ネットオークションやフリーマーケットアプリで、出品したほうが良いでしょう。

バリバスを買取してもらう際の注意点

バリバスのロッドを買取してもらう際の注意点としまして、他のメーカーのロッドやリールなどに関しても同じことが言えるのですが、やはり日頃のメンテナンスは欠かせないので覚えておいてください。ロッドの場合は釣りを楽しんだ後に、なるべく早く水道水で洗って、乾いたタオルで拭いて水気を取るといったことは、必ず、おこなう癖を付けておきましょう。確かに、長い時間、魚とのかけひきを楽しんだ後には疲れも出てくることでしょう。

しかし、次に購入する新しいロッドのための資金作りになると考えれば、メンテナンスをする気も起きるものだと思います。あとは、穂先が折れたりしないように、充分に注意をして釣りをするといったことも必要です。穂先に関しては、穂先用のキャップも売ってありますので利用するようにしましょう。大きな傷がついてしまったロッドに関しては、査定の際に安くなってしまうといった大きなハンデを負ってしまう傾向にあります。それから、買った時に付いていた外箱や竿袋、取扱説明書や付属品といったものは捨てずに取っておいてください。これらのものが全て揃っている場合は、さらに査定額をアップしてもらえる場合が多いです。次に購入する人は、なるべく新品に近い商品を購入したいと思って、中古釣具店をのぞくと思われます。

自分もその立場となって考えてみれば、やはり外箱や付属品は付いていたほうが、付いていないものよりも購入してみたくなるのでは無いでしょうか?現在では、ネットオークションもありますので、なるべく高く売りたい場合には、価格の相場を自分で調べて中古釣具店の査定と比較してみることも必要となります。人気商品の場合は、ネットオークションを利用して売りに出すのも良いと思います。ネットオークションでは、中古釣具店をのぞかないような人でも掘り出し物を探して調べている人も多いものです。人気商品となると、すぐに買い手が付く場合も多くあるので、オークションを利用することも考えてみてください。

まとめ

ここまで、バリバスの商品についての説明をしてきました。株式会社モーリスの釣具に関しては知ってもらえたのでは無いでしょうか?他社とは違いまして、ワカサギやナマズ釣り用の専用ロッド、また高額なものの多い鮎釣り用の専用ロッドなどに力を入れているので、そういった魚を釣る人達からも絶大な人気と信頼を得ているブランドになります。また、フィッシングウェアや釣りに使うための小道具なども製造販売しており、実は色々なところで、お目にかかっていた釣具メーカーだということは分かっていただけたかと思います。