冬におすすめ!釣れる魚の種類と釣具

寒い季節ゆえ服装にもより準備が必要かと思います。寒さを少しでも和らげるために防寒グッズも必要でしょう。いくら冬でだからといっても魚が全くいないわけではありません。秋の魚と同様に海にいるものもいれば川にいるものもいます。では海で釣れる魚にはどんなものがあって、どんな釣竿や仕掛けを使うのがいいのでしょうか。また同じように川で釣れる魚にはどんなものがあって、どんな釣竿や仕掛けを使うのがいいのでしょうか。それぞれ詳しく見ていきましょう。

冬の海釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具

海にも四季があります。しかし冬が来たからといってすぐに海の中も寒くなるとはいうわけではありません。海水は大気より冷え込むのが遅れますので、陸より海の暦は約一月ちょっと遅れるのです。そしていくら寒い時期にも海にいる魚があるといっても寒すぎる海にはあまりいません。そのため、基本的には13度を切らない場所を選ぶことがポイントです。この時期の海にいる魚の種類はカサゴ、アイナメ、タチウオが多いです。また場所などある一定の条件を満たした時にシーバスも釣ることが可能です。

まずはアイナメについて詳しく見ていきましょう。アイナメはこの時期にシーズンインするためポイントによっては大物も狙え、好ターゲットの魚です。リフト&フォールというやり方でルアー釣りをすると簡単に出来ます。狙う時間も日中でも可能です。次にカサゴです。カサゴもアイナメ同様、冬にシーズンインする魚で手軽に狙える魚です。確実に狙いたいのであれば夜間に狙うのがオススメです。一般的なルアーで釣ることが出来ます。タチウオは秋から初冬にかけて沿岸部を回遊してきます。そしてタチウオは夜行性です。そのため日中はほとんど釣ることができません。使用するルアーは幅広く使うことができます。フローティングミノーからバイブレーション、シンキングミノーといったものをその日のアタリに合わせ使い分けることがコツです。

最後にシーバスについて見ていきます。最初にも言った通り、シーバスは場所などある一定の条件を満たした時に狙うことが出来ます。この時期のシーバスを狙うにはまずは大きめのルアーを使用することがベストです。30グラム程度のシンキングペンシルやバイブといったものがオススメです。冬の海釣りも普段と違ってまた違う面白さがあります。寒い中でも釣る楽しみがあるかと思います。

冬の川釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具とは

釣りを普段から楽しむ人にとって冬は、なかなか狙える獲物も少なくなってきて物足りないと考える人も多いのではないでしょうか。気温も水温も下がってきています。せっかく出向いても何も釣れなかったら楽しくありません。そんな人が冬の川で気軽に楽しむのならボラがオススメです。ボラは外道扱いされることが多いですが、ファイトも楽しむことも出来ます。またきちんと調理すれば味も良い魚であるので狙っても決して損をしない魚だと言えるでしょう。川でボラを釣る際に使用する釣具を紹介してきます。それはのべ竿、道糸1.5号、玉ウキ、チヌ針2号、パンです。これさえあれば簡単にボラを狙うことが出来るのです。

また冬でも川で狙える魚は他にもいます。ウグイ、オイカワ、クチボソ、鯉、タナゴ、ニジマス、ヘナブナ、マブナ、モロコ、ワカサギなどです。この中でもタナゴやワカサギはこの時期だからこそ狙える魚となっています。ワカサギにおいては氷上から楽しむことが出来、釣りをしない人でもテレビなどで見かけたことがあるのではないでしょうか。天ぷらなどにして食べるととても美味しいです。ワカサギは他の魚の活動が鈍くなる冷水でも活発に泳ぎ回ります。ワカサギを狙うコツとしては、欲張ってハリをたくさん付けすぎないことです。せいぜい枝バリ5本が限度でしょう。そしてこの時期に人気なのがウグイです。

しかし他の魚と同様、この時期には動きが鈍くなっています。そのため微妙な動きにもアタリが分かる感度のいいウキを使う必要があります。感度のいいものでなければ数少ないアタリを見逃してしまい、何も釣れなかったなんてことにもなってしまうかもしれません。この時期の川も充分楽しめるかと思います。

冬の渓流・磯釣りで釣れる魚の種類と必要な釣具

冬の渓流・磯釣りはメジャーではありません。場所によっては禁漁のところもあります。ですが全く魚が釣れなくなってしまうということでもありません。狙える魚もいないことはないのです。メジナは比較的狙いやすいのではないでしょうか。メジナは魚屋ではほとんど見かけることがありませんので、あまり知られていないかもしれませんが、実はとても美味しい魚です。特にこの時期のメジナは臭みがなく、刺身や塩焼きに最適です。ムニエルにしても美味しいです。大きさは大体30から40センチぐらいですが、大物になると70センチ以上になるものもいます。潮通しのよい沿岸の岩礁域に棲んでいます。主な釣り方法としては寄せエサを用いたウキフカセ釣りで狙います。

このメジナを釣る方法について少し詳しく見ていきたいと思います。磯竿は磯という足場が悪い中で行うので長さがあります。長さも様々ありますが、メジナを釣る際に使用される磯竿は5メートル前後がベストかと思います。一般的には5.3メートルです。次にリールです。メジナの場合はレバーブレーキのついたスピニングリールを使用します。それには理由があります。磯竿はしなりでメジナのパワーを吸収するのですが、無理をすれば仕掛けは切れてしまいます。

その時にこのレバーブレーキは最適なのです。針の選び方にも注意が必要です。メジナ用の針にも大きさが数種類あります。一般的には4号から6号、大物用には7号、しぶい時には3号がベストかと思います。ウキフカセ釣りの特徴は多くありますが、その中の一つに寄せエサを使用するということがあります。意外とこの部分が大変だと感じる人も多いようです。メジナを狙った渓流釣りを楽しむ人は多くいます。この時期の美味しいメジナを狙ってみてはどうでしょうか。

まとめ

寒い冬がやってきたので、外にでるのが億劫という方は多くいらっしゃいます。しかし寒い中で釣りを楽しむ理由は多くあります。寒い中でも活発にしている魚たちも多くいますし、この時期だからこそ美味しい魚だっていますので、思いきって釣りに出かけてみましょう!でも何を狙うにせよ、どこで狙うにせよ防寒は必要です。その場所にあった防寒と準備をすることでより一層楽しむことができるのです。