自然な釣りが楽しめる、がまかつでこの冬売るべき釣具とは

竿や釣針・しかけにおいては、その名を知らない人はいないとも言えるブランドがまかつは、繊細な製品作りと高いクオリティは、釣りファンからも熱い支持を受け続けています。釣針においては、すべての釣法に対応できるほどのラインナップをそろえています。知名度だけでなく、つねに定番であり続けるのはやはり信頼の証でもありますが、買取してもらう場合にはどのような評価なのでしょうか。

がまかつではどのような商品を取り扱っているのか

日本の釣具メーカーとしてのはおなじみのがまかつ。1955年に釣針のメーカーとしてスタートしました。釣りを楽しむ人は、その釣具を一度は使ったことがあるのではないでしょうか。それはなぜかと言えば、がまかつは釣針のメーカーであるからです。これまでロッドやリール、ルアーについてご紹介してきましたが、当然のことながらそれだけでは魚を釣り上げることはできません。針がなければ魚の口にかかることもなければ、エサなどをつけることもできません。

つまりは、もっとも魚に近い位置にある釣具でもあるのです。そのサイズとは対照的に、釣針は釣りにおける役割はとても大きいのです。また、釣針と並んで大事なのが仕掛けですが、こちらもさまざまな釣法に対応した製品ラインナップがあります。がまかつは釣針と仕掛けにおいて、他の追随を許さないブランド力を誇っていると言えるでしょう。ユーザーの信頼と高い知名度のあるがまかつですが、ロッドにおいても釣針や仕掛けと同様に大きな支持を得ています。磯や堤防、船などの海釣り、へらや鮎、渓流、ルアーロッドまで幅広いラインナップがあります。ヘビーユーザーやベテランも納得するクオリティなのです。特に“ガマラー”と呼ばれるほどの熱いファンがいることでも知られリピーターが多いのも特徴のひとつです。

また、ウェアやグッズでもクオリティの高い製品を発売しています。実用性はもちろん釣法と実際の現場を想定した製品づくりは、オリジナリティがあり、かゆいところに手が届くようなイメージだといわれています。そのラインナップは、さまざまな釣法を知り尽くしたがまかつだからこそできるラインナップと言われ、ユーザーから熱い支持を受けているのです。

この冬に買取してもらうべきロッドとは

がまかつのロッドの特徴をまず挙げるとすればその名前の付け方です。とてもシンプルでわかりやすくインパクトがあるのです。磯釣りのロッドであれば「がま磯」、投げのロッドであれば「がま投」というような釣法に合わせたもの。また、狙う魚のよって「がま鮎」や「がまへら」、「がま鯉」というモデルもあります。ちなみに渓流であれば「がま渓流」という名前になります。ルアーロッドも発売しており、海釣りまた淡水の両方のモデルがあります。

製品のそのものの特徴は、やはり品質の高さはもちろん耐久性に優れており、そのオリジナリティとともに大きな支持を得ています。入門者でも使いやすいエントリーモデルなどは少なく、ベテランやヘビーユーザー向けのものが中心となります。ゆえにミドルからハイクラスの価格帯のものが多いようです。中古市場において、がまかつで特に人気なのが磯・堤防・船竿でのロッドではないでしょうか。「がま磯」シリーズの人気は根強く、中古市場でも高く買取されているのではないでしょうか。2万円から3万円以上で買取されるモデルも少なくありません。がま磯インテッサGⅣ1.5-53 IMガイド、がま磯グレ競技スペシャルⅢ1.75-53などは、高額な買取価格を提示しているところもあり、人気とニーズの高さをうかがえます。「がま磯」シリーズはその他のモデルも人気です。

釣りにおいてオンシーズン(釣り人が活動的)となるのは春以降であり、今冬に中古市場にてお気に入りとなりそうなロッドを探している釣り人も多いのではないでしょうか。使用していないロッドなどがあれば、高い買取が期待できる冬に買取してもらうのをおすすめします。次回の購入予算が増額する可能性大です。

この冬に買取してもらうべきグッズとは
(ウェアや釣具関連グッズなど)

がまかつは、釣針や仕掛けにおいては製品のクオリティや豊富なラインナップで業界の大手でもあります。さらに、ロッドにおいては耐久性やオリジナリティなどクオリティの高さから釣りファンから大きな支持を受け続けています。しかし、がまかつの魅力はそれだけではありません。老舗の釣具メーカーではありますが、他の釣具総合メーカーと比較すると規模的には大きくはありません。

また、製品のラインナップからもわかるように総合的なメーカーではなく、ある意味では釣り人の目線でニッチな製品を出し続けるメーカーとも言えます。だからこそ、ファンやリピーターがいて、長年にわたり支持されていると思います。そんな独特な製品開発コンセプトを持つがまかつですが、最近ではウェアやグッズにも力を入れているようです。がまかつがつくるウェアやグッズですから、平凡なわけはありません。そして釣り人向けに一味違った工夫を加えていることは言うまでもありません。かなり充実したラインナップとなっています。クーラーボックスやシューズ、サングラス、グローブ、ベストなどは、それぞれの釣りのシーンを想定した素材を使用し、まさに釣り仕様のスペシャルな装備ができます。鮎やへら用品というカテゴリーにおいては、さまざまグッズが用意され至れり尽くせりという品揃えです。

ある意味ではプロ仕様ともいうべきニッチな製品の数々もがまかつの魅力なのです。専門性が強い製品だけに、取り扱い店が少なく中古市場においても探しているお店、またはユーザーもいるかもしれません。使用していないグッズなどがあれば、オンシーズンとなる前のこの冬に買取してもらうと高めの査定が期待できるのではないでしょうか。

まとめ

がまかつは知名度がとても高い老舗の釣具メーカーです。「ガマラー」と呼ばれるファンもいるほどで、その魅力は釣針や仕掛けなどのクオリティの高さと、ロッドなどのオリジナリティの高い製品群です。釣り人が本当に欲しくなるような製品を提供しており、その価値は中古市場においても評価されています。この冬においても、ロッドを中心にニーズもあるので高い買取が期待できるのではないでしょうか。