買取価格が高い釣具について

ロッドとリール

釣具によって買取価格に差はあるのか?

釣具の中古買取をしようと思ったとき、「釣具によって買取価格に差はあるのか?」といった疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。

まず、有名な釣具メーカーが販売している釣具は、ネームバリューももちろんのこと、使い勝手や品質の良い製品が多いため、基本的に高額買取してもらえることが多い傾向にあります。

また、中古釣具なら普段なかなか使用することが出来ない高価な有名メーカーの製品を安く購入できるため、需要も多くあります。需要がある商品は、やはり高額買取の重要なポイントとして挙げられます。

その他のメーカーの釣具の場合、一般的には買取価格が抑えられてしまう傾向にあります。

では次に、高く買取してもらえる釣具はどんなものか?について話をしていきます。

高い釣具は断然ロッドです

中古釣具買取店で高く買取してもらえる釣具は、何と言ってもロッド(釣り竿)です。
釣りをする時、ロッドは必要不可欠な釣具です。

先にも説明したように、有名なメーカーのものであればあるほど高く買取してもらえる傾向にあります。

また、ロッドの竿先を少しぶつけただけで折れてしまった、といった経験をしたことがある方の話もよく耳にします。
そのようなロッドの買い替えや予備として、中古釣具屋で安く購入したいと考える方も多くいるため、需要も高くなっています。

買取価格は、新品のものなら20%~30%程度の価格ですが、中には50%程度の高い買取価格になるものもあるようです。

使用していたものや古い型の製品の場合、買取価格はかなり下がってしまいます。

リールもロッドと同じくらい需要がある

ロッドと同じくらい中古釣具で需要があるのは、リールです。
我々、アングラーにとってリールも欠かせない釣具です。

買取価格はロッドの場合と同じく、新品のもののほうが高く買取してもらえます。
概ね定価の20%~30%の価格になります。
リールも人気のあるものになると、50%程度の買取価格が付く場合もあるようです。
こちらも使用していたものは、やはり買取価格は下がります。

ロッドやリール以外の釣具といえば、ルアーや浮きなどの小物、衣類やバッグなどもあります。

ただし、これらはロッドやリールに比べ、必ずしも必要がある釣具では無いことから、有名なメーカーの商品だとしても中古釣具としての需要は低いため、高い買取価格にはならない傾向にあります。