釣具を高く買取してもらうコツ

鮎のルアー

使わなくなったら早い段階で売る

例え一度も使っていない釣具でも、日を追うごとに買取額はどんどん下がっていってしまいます。

使用していた中古釣具の場合なら、尚更下がっていくことは容易に想像が出来ます。

人気商品で購入したけれど自分には合わなかったロッドやリール、新しい釣具への買い替えなどで不要になった今まで使っていたものなどは、直ぐにでも査定してもらったほうが良いでしょう。

査定は、なにも店舗だけでおこなっているわけではありません。
インターネットや電話でも出来るところもあるので、仕事が忙しく足を運ぶことが難しい場合でも、まずは相談をしてみることをおすすめします。
また、これらの査定は無料で行っているところが多いようですが、念のため確認しておきましょう。

では次に、その他に気を付けなければならない点をみていきましょう。

普段の手入れが重要です

中古釣具に限らず、買取をしてもらうものはどんなものでも普段の手入れをすることが重要です

釣具は、魚のぬめりによって生臭くなってしまいます。
また、海釣りの場合は、塩分が原因でサビたりすることもあります。
それらの釣具は、次に中古釣具として販売する前に、買取店でキレイにする手間がかかってしまいます。
これはマイナス査定の原因となります。

ぬめり取りや塩分取りの商品も販売されてはいますが、基本的には釣りが終わったらなるべく早く水洗いをし、それらの原因を取り除くことを心掛けましょう。
また、分解できるものは細かい部分も丁寧に掃除をしましょう。

日頃のお手入れは、中古釣具買取店で買取価格を上げる王道の手段です。

付属品がある釣具の場合、それらが無いと買取評価は下がってしまうこともあります。
自分には必要が無いからと捨てないように注意しましょう。

複数の中古釣具買取店から査定をしてもらう

もう一つ、中古釣具買取の査定額を上げる方法として効果的なのは、「複数の買取店で査定を受ける」と言うものです。

現在では、インターネットや電話で中古釣具の査定をしてくれるところも多いので、一つの店舗だけではなく複数の店舗で査定を受けてみてください。
店舗ごとに査定額は異なるため、買取価格の比較をしてから売却をすることができます。
自分が思っているよりも高額に査定してくれる店舗も、中にはあるかもしれません。

また、2番目に釣具の高額査定をしてくれた店舗に、1番高額査定だった店舗の査定額を言って交渉する、と言う方法もあります。
この方法は、釣具以外でも買取の査定額を上げる方法として、有効かつ王道の方法でもあります。


多少大変なことだと思いますが、高額買取してもらうにはこれらの努力をすることも、時には必要になってきます。